[女性誌速攻レビュー]「GINGER」2月号

「コリドー街で婚活」も不発? 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

ginger1702
「GINGER」2017年2月号(幻冬舎)

 落ち着いたモノトーンの配色でまとめられた表紙デザインに「総額200万円以上177名様豪華プレゼント!」「本当に『効く化粧品』発表」など、相変わらず身も蓋もない現実主義な力強い見出しが並ぶ今月の「GINGER」(幻冬舎)。その一方、白ニットを着て、ボーっとした表情を読者に向けるカバーガール・綾瀬はるかは、「最新!深堀インタビュー  今、揺れています」という不穏なタイトルの企画に登場しているとのこと。何やら胸騒ぎを覚える表紙ですが、早速、本誌の中身をチェックしていきましょう~。

<トピックス>
◎読者8000人が本当に知りたかったコト!SNSじゃわからない おしゃれの裏側
◎話題の銀座コリドー街って本当に出会いがあるの!?
◎香里奈主演! 年末年始スーパーリアルな着回しSpecial

■GINGER女子とSNS

 まず見ていきたいのが、メイン特集の「SNSじゃわからないおしゃれの裏側」です。なんと読者8,000人にアンケートを行い、「真冬のリアルコスパ服、何買う?」「厚着の冬でも女っぽい配色って?」「ほっこりしがちな防寒アイテム、どう着る?」「トレンド冬服をこなれ見えさせる方法は?」といったファッションに関する疑問を集めたとのこと。編集部も「単なるファッション誌ではなくなっている」と自信満々で、「おしゃれなコーデを見るだけなら、SNSでも十分かもしれない。でも、雑誌でこその切り口や独自の提案がきっとある、と信じています」と熱く語っています。

 しかし、コスパ服として「ZARA」を推したり、今季の注目色「スモーキーブルー」コーディネートを紹介するなど、“ありがち”なページが続きます。はて? 一体どこらへんが「SNSじゃわからない」箇所なの? と思ったのですが、よくよく誌面を読み込んでみると、とにかく尋常じゃないほどに、説明が具体的で丁寧。例えば、「流行のマキシ丈コート。バランスよく着こなす方法は?」という読者からの質問に、誌面2ページを割いて徹底回答しているんですが、「1.縦ラインが強調される落ち感素材をセレクト」「2.チェックストールで目線を上に集める!」……といった具合に、コーディネートを完成させるための8つのプロセスを、それぞれどういった理由でその手順が必要なのかという解説まで付けて紹介しています。確かにSNSでおしゃれコーディネートを発信する人も、普通ここまでの長文投稿はしないだけに、こういった細部のテクニックは、「SNSじゃわからない」かもしれません。

 そもそもSNS上で見られるオシャレコーディネートは、キラキラした“完成系”として発信されているものだと思います。もちろんその“裏側”には、完成系に至るまでの泥臭い過程(例えば、予算と相談しながら服をお得にゲットする、鏡の前でああでもないこうでもないと1人ファッションショーを繰り返す、写真を上手に加工する……など)があるわけです。その部分にフォーカスを当てるのは、やはり現実主義を貫く「GINGER」ならではの視点かもしれませんが、裏を返せば、「GINGER」読者には「センスがない」と言い切っているような気も? さすがは夢を見させてくれない女性誌です。

徹子のインスタ見てみなよ! キラキラしててテンション上がるよ?

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「コリドー街で婚活」も不発? 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! GINGER女性誌レビューのニュースならサイゾーウーマンへ!