[ジャニーズ・メディアの裏側]

『嵐にしやがれ』時間帯移動の裏側――ジャニーズが日テレに「視聴率低すぎるから、何とかして」!?

 

arashi_flower1
今の嵐は「乳首NG」なのかな……

 嵐の冠バラエティ『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)の放送枠が、今年4月より、これまでの土曜午後10時枠から同9時枠に“お引っ越し”することがわかった。この移動により、もともと土曜午後9時に放送されていた伝統の土9ドラマは1時間繰り下げられ、午後10時スタートになるという。

「昨年の大みそかをもってSMAPが解散となった今、嵐こそ、ジャニーズの“国民的グループ”といえるでしょう。しかし、彼らは以前から、“視聴率が取れない”ことで有名。今年の元日に放送された、先輩グループ・TOKIOとのスペシャル番組『元日はTOKIO×嵐 嵐にしやがれ!』(同)は13.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と健闘したものの、通常放送の『しやがれ』は、1ケタ台を連発しています。ジャニーズ的にも、この状況はマズいと思っていたようで、日テレに対して『今のままでは視聴率が低すぎるので、何とかしてほしい』と泣きを入れたそうです」(芸能プロ関係者)

 嵐の視聴率が低いのは同番組に限ったことではなく、今年1月3日に放送された特番『嵐ツボ』(フジテレビ系)も6.1%で、昨年7月放送時の7.9%からさらにダウンしてしまった。そんな中、ジャニーズから拝み倒された日テレは、ドラマを1時間遅らせるという“大工事”に踏み切ったのだ。

「今後ジャニーズは、日テレへの借りを返すため、土曜午後10時枠のドラマに自社タレントを出演させる機会が多くなるとみられます。すでに4月期はKAT‐TUN・亀梨和也の主演が内定しているようですし、今後日テレの“土10”は、ジャニーズ枠化しそうです」(同)

 とはいえ、『嵐にしやがれ』の放送時間帯変更が、必ずしも日テレにとって、プラスに働くとは限らない。

「制作側としては、ジャニーズならば、嵐より若くて勢いのあるグループを推したい、というのが本音。しかし、局上層部やジャニーズサイドには、『若手に番組を持たせるのは、まず嵐が数字を取れるようになってから』という雰囲気が漂っています。制作現場の意見を反映するためには、やはり『嵐にしやがれ』の視聴率を上昇させることが先決なのです」(同)

 ジャニーズに言われるがままに実行した“お引っ越し”は、吉と出るか凶と出るか……。

ジュリー、キスマイとA.B.C-Zもよろしく頼むよ

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『嵐にしやがれ』時間帯移動の裏側――ジャニーズが日テレに「視聴率低すぎるから、何とかして」!?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズのニュースならサイゾーウーマンへ!