イケメン俳優の傾向が変わった?

星野源、坂口健太郎、高橋一生……2016年ドラマのイケメン俳優からジャニーズが消えた

◎岩田剛典 『砂の塔~知り過ぎた隣人~』(TBS系)

 ドラマ・映画・ライブなど多方面で展開する『HiGH&LOW』プロジェクトの成功によってファン層が大きく広がったのがEXILE TRIBEだ。そんなEXILEの若手イケメン俳優枠で大きな存在感をみせつつあるのが、3代目J Soul Brothersの岩田剛典である。『砂の塔~知り過ぎた隣人~』では、菅野美穂が演じる専業主婦を影から支える年下のミステリアスな青年を演じ、殺伐とした物語の中にさわやかな空気を持ち込んでいた。

◎星野源 『真田丸』(NHK)『逃げるは恥だが役に立つ』

 16年、最もブレークしたのは星野源だろう。俳優としては大人計画所属ということもあって、これまで宮藤官九郎・脚本の『11人もいる!』(テレビ朝日系)などに出演しており、サブカル好きにとっては昔から知られている存在だったが、15年の『コウノドリ』(TBS系)に出演して以降はメジャー作品への出演が増えており、16年は大河ドラマ『真田丸』と『逃げ恥』に出演したことで大ブレークした。

 『逃げ恥』で演じる、IT系の会社で働く童貞のサラリーマンという役柄は映画『箱入り息子の恋』等で演じたイメージをなぞった気の弱い草食系のメガネ男子で、今までと大きく変化したわけではないが、そんな星野が多くの視聴者に受け入れられたこと自体、世の中が求めるいい男(イケメン)の形が変わりつつある兆候なのかもしれない。

 歌手と俳優の二刀流にラジオ番組での下ネタが好評というと、音楽活動のマネジメント事務所・アミューズの先輩である福山雅治の地盤をそのまま引き継いだようにも見えるが、文筆業も好評で、サブカル層からの支持もいまだ健在。どこをとっても死角なしである。

[ジャニーズドラマの課題]
このように一言にイケメン俳優と言っても多様化しているが、その勢いに押されてか、ジャニーズ勢はイマイチ元気がない。もちろん松本潤の『99.9‐刑事専門弁護士‐』(TBS系)や大野智の『世界一難しい恋』(日本テレビ系)といった嵐の主演ドラマは好調だが、いわゆる10~20代の若手が育っていない。中島裕翔の『HOPE~期待ゼロの新入社員~』山田涼介の『カインとアベル』(ともにフジテレビ系)などHey!Say!JUMPの2人は悪くなかったが、今のフジテレビの低迷に足を引っ張られてか、力を出し切れずにいる。ジャニーズとフジテレビは今こそ世代交代が必要で、うまく成功すればテレビドラマにも新しい波が生まれるのだが、まだまだ時間がかかりそうだ。

 

最終更新:2017/01/09 19:00
『世界一難しい恋 DVD BOX(通常版)』
ジャニーズから永瀬廉が放たれたら話は変わるぜ!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

星野源、坂口健太郎、高橋一生……2016年ドラマのイケメン俳優からジャニーズが消えたのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ドラマレビュー星野源のニュースならサイゾーウーマンへ!