SMAPとジャニーズドラマを振り返る[ドラマレビュー]

SMAPが「ジャニーズドラマ」に残した功績――俳優としての5人を印象づけた代表作レビュー

――『キャラクタードラマの誕生』(河出書房新社)『TVドラマは、ジャニーズものだけ見ろ』(宝島社)などの著書で知られるドラマ評論家・成馬零一氏が、SMAP各メンバーの出演作から印象的だった作品を振り返る。1990~2010年代のジャニーズドラマに及ぼしたSMAPメンバーの功績とは?

naniwakinyudo
『ナニワ金融道 5』/フジテレビジョン

 SMAPは5人の個性がいい意味でバラバラだったグループだが、得意とする役柄も見事にバラバラだった。

■中居正広 『ナニワ金融道』(96年2月~、フジテレビ系)
 バラエティを主戦場としているため、出演作こそ少ないが俳優・中居正広にはほかの俳優にはない魅力がある。代表作は単発ドラマとしてシリーズ化され、2015年に久々の新作が発表された『ナニワ金融道』で演じた金融屋の灰原達之だろう。90年代の放送当時は、泥臭い原作漫画のテイストを考えると、若手アイドルの中居が演じるには無理があるのではないかと思ったが、同世代の若手俳優と共演した恋愛モノよりも、小林薫や緒形拳のようなおじさん俳優と並んだ方が、その存在に違和感がないと感じた。中居が得意とするのはダークヒーローモノだ。中でも映画『模倣犯』で演じた劇場型犯罪者のピースが印象に残っている。後の『白い影』や『砂の器』(ともにTBS系)にも通じるダークサイドが魅力的だった。

■木村拓哉 『ロングバケーション』(96年4月期、フジテレビ系)『HERO』(01年1月期、14年7月期、同)
 俳優・木村拓哉の歴史は、90年代以降のテレビドラマの歴史そのものとも言える。ヒット作が多く代表作を選ぶのは難しいが、あえて選ぶなら恋愛ドラマの金字塔と言える『ロングバケーション』と、型破りの若手検事を演じ、文字通り「ヒーロー」としての木村拓哉のイメージが確立された『HERO』だろう。SMAP解散の影響を一番受けるのはおそらく木村だが、自由で自然体のヒーローを演じ続けてきた彼が今後、どのようなイメージを打ち出してくるのか注目している。 

■稲垣吾郎 『流れ星』(10年10月期、フジテレビ系)
 SMAPの中で俳優として今一番面白いのは稲垣吾郎だ。正統派美少年として先陣を切って、テレビドラマの世界に飛び込んでいった稲垣だったが、今の彼はSMAPのメンバーの中で唯一、主演以外の役も演じるようになっている。その結果、何を演じても不気味な存在感をみなぎらせており、敵か味方かわからない、警察の上司みたいな役柄を演じさせたら稲垣の右に出るものはいない。転機となったのは、映画では『十三人の刺客』において演じた悪役のお殿様役で、テレビドラマでは上戸彩が演じる妹に歪んだ愛情を見せる兄を演じた『流れ星』が印象に残っている。
 
 これ見よがしに狂った演技をするのではなく、演技のトーンは普段の“吾郎ちゃん”のまま、非道なことを平然とおこなうのが実に恐い。

テレビにおいては疑うまでもなくSMAPがパイオニアでした

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

SMAPが「ジャニーズドラマ」に残した功績――俳優としての5人を印象づけた代表作レビューのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズドラマレビューのニュースならサイゾーウーマンへ!