『“隠れビッチ”やってました。』著者インタビュー

「チヤホヤされるのが生きがい」元“隠れビッチ”が明かす男ウケ必勝法と、自身への懺悔

kakurebiti
『“隠れビッチ”やってました。』(光文社)

 どんな学校、会社、コミュニティにもいる、「とにかく男にチヤホヤされたい女」。一般的には男女問わずほとんどの人間から嫌悪される存在だが、彼女たちが本当に欲しいものが単に「モテたい」という承認欲求ではなく、「無条件に愛されたい」という純粋な愛情だとしたら、少し状況は変わってくるのかもしれない。

 先日、イラストレーターのあらいぴろよ氏が、実話コミックエッセイ『“隠れビッチ”やってました。』(光文社/16日に電子書籍も刊行)を刊行した。男にチヤホヤされ、告白されることが生きがいだった自身を振り返り、男に依存する“女”の自分と向き合い、毒親との関係を見直しながら1人の“人間”として自立していくさまを描いている。あらい氏が実践していた「隠れビッチ」とは、肌を露出したり簡単に体の関係を持ったり、特定のコミュニティ内で恋愛を繰り返すのではなく、ファッションや振る舞い等を清純派に見せることで、内面やチヤホヤ欲をひた隠し目的を遂げるという、いわば擬態の状態。

 そのあらい氏の擬態は徹底しており、相手に応じて3系統の男ウケ服を着回していただけでなく、絶対に生活圏内の男性をターゲットにせず、また絶対にヤラせないなどの独自の手法を確立。とにかく好意を持たれ、デートに誘われて「好きです」と告白されることで心が満たされていたという。もちろん、その後付き合うということはなかったそうだ。

 3年間で200人もの男性とデートを重ねてきたというあらい氏に、「隠れビッチ」時代に培ったノウハウや、男性から好意を寄せられることに執着していた理由、またそこから自分を見つめ直した現在の心境について聞いた。

■女子アナ、堀北真希っぽさ、蒼井優っぽさは必勝法
――本には、あらいさん独自の統計に基づいた、男ウケするファッションや振る舞いなどが紹介されていますよね。これらは何を参考にしていたのでしょうか?

あらいぴろよ氏(以下、あらい) 自分の経験から精査された部分もありますし、図書館に行ってあらゆる女性誌やモテ特集本を片っ端から読みました(笑)。そして実践をしてみて、「こういう人にこれをやってみて、うまくいったからこうだな」と分析していましたね。すると、だんだん女子アナみたいな格好が、やっぱり大多数に人気だとわかっていったんです。だから、あれだけテレビに出てお茶の間に愛されるファッションなのか! と納得がいくことも多かったです。

――雑誌以外で参考にしていたものはありましたか?

あらい 恥ずかしい話ですが、マリリン・モンローやオードリー・ヘップバーンが映画でやっていたような所作です。横を見る時の目の動かし方だけでも、男性の心がくすぐられるのはこうだな、とか鏡の前で研究していました。本にも書きましたが、やっぱり堀北真希ふうの持つ力はすごいです。「私は堀北真希だ、堀北真希だ」と思い込んで男性と話していると、だんだん相手も私のことを堀北真希に接するように、紳士的な態度を取ってくれている……? と感じたことがありまして(笑)。

 また、蒼井優っぽさも有効でした。カフェの窓側の席に座っていた時に、通りがかった男性に対して蒼井優っぽい空気感を出しながら、ため息をついて本を読んだりしてアピールしていました。私の外見では残念ながら一度では効かないので、毎週同じ時間にそこを通る男性をターゲットにして蒼井優っぽさを炸裂させていたら、「一緒いいですか?」と、念願かなって声をかけられることもありました。

モテブームの呪縛よ、ついにさらば!

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「チヤホヤされるのが生きがい」元“隠れビッチ”が明かす男ウケ必勝法と、自身への懺悔のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビューのニュースならサイゾーウーマンへ!