[女性誌速攻レビュー]「Domani」1月号

「Domani」の美容はもはや『ロボコップ』ノリ!? 「マシーン所有」の字面に見える信頼

domani1701
「Domani」(小学館)1月号

 「Domani」(小学館)1月号。「占い」には興味が薄いと思われていた超現実主義の「Domani」にも、この時期だからでしょうか、別冊にて「2017年 女・妻・母のための『占い』BOOK」がついていましたよ。イヴルルド遙華、キャメレオン竹田、李家幽竹×青木良文、ゲッターズ飯田と、この時期、各女性誌で頻繁に見る面々の名が並んでいます。

 イヴルルドさんに関しては「2037年までの運勢カレンダー付き」でございます。20年後ですか……東京オリンピック開催が決まった際に、7年後の自分自身さえ想像できなかった私に20年後を突きつけるとは……。20年後……55歳。「女」のままなのか「妻」になってるのか、それとも「母」に……? 占いなんてあいまいなものでなく、神から直接今後の人生をズバッと教えてもらいたいものです! そして、モデルや編集部員によるお勧め占い師情報もあります。気になったのは、里海さんオススメの「沖縄『カフェサンフランシスコ』の顔相占い」。「沖縄」で「サンフランシスコ」って、辺見えみりさんの手がけるブランドコンセプト「モダンなPARISに住みながら、生まれ育ったLAの高い空と青い海を想う」に匹敵するポエミー感ですが、里海さんいわく「特に恋愛面はかなり当たっていました!今でも、一緒に行った友人と盛り上がる鉄板ネタになっています」とのこと。ネタかい!

<トピックス>
◎働く女性を応援し続けて創刊20周年!
◎「美療の森」の歩き方
◎2017年 女・妻・母のための「占い」BOOK

■不穏な人選が並ぶ「Domani」の歴史
 いつもと変わらぬ「Domani」に見えますが、実は今号、創刊20周年にあたるメモリアル号なんだそう。女性誌のアニバーサリー号というと、大体が浮かれモードだったり、専属モデル&スタッフで盛り上がってる内輪ウケ企画が多い印象ですが、さすがデキる女「Domani」。あくまで控え目に、「20th Anniversary」と表紙に打つ程度に気持ちを抑えていて、好感です。

 「Domani」は“働く女性”の雑誌として創刊されたそう。「創刊当時のテーマは“グローバルキャリア”。働く女性として、海外も視野に入れたアクティブな女性像が理想とされていました」とのこと。ちなみに、20年前の1996年は月9『ロングバケーション』(フジテレビ系)が大ヒット、プリクラやアムラーファッション、ルーズソックスがはやっていました。いわゆるコギャル全盛期ですが、そんな中「Domani」は、表紙モデルに「文化人のジュリー・ドレフェスさん」を起用し、「N.Y.で知るコートの流行」や「ノンエイジ・キャリアの安らぎの部屋」「ノンエイジ・キャリア1万人のアンケートからわかった 私たちが本当に欲しいスタイルは『シック・シンプル』」など、今読んでも遜色なさそうな現実的な企画を連発していたんですね。残念ながら、筆者はグローバルとは程遠い、半径数キロの世界で生きてるので、ノンエイジ・キャリアもジュリー・ドレフェスさんも理解できないので、薄目でページを捲りましたが……。

あたちもファビュラス目指してみるわ

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「Domani」の美容はもはや『ロボコップ』ノリ!? 「マシーン所有」の字面に見える信頼のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性誌速攻レビューDomaniのニュースならサイゾーウーマンへ!