[女性誌速攻レビュー]「AneCan」12月号

「AneCan」10年の歴史がついに終焉! 最終号に響いた古舘伊知郎の「成功パターンをやめろ」

anecan1202
「AneCan」(小学館)12月号

 「AneCan」(小学館)12月号は、「AneCan FINAL」。最終号のカバーを飾るのはもちろんこの方、押切もえさんです。歴代のカバーをバックに、「10年間ありがとう(ハート) Aneladies , be ambitious!」の言葉と共に、輝く笑顔を振りまいています。2007年4月の創刊号カバーも押切さんが飾っており、唯一、姉モデルズで“始まりから終わりまで”を見届けてきたわけですね。結婚して一足先に卒業していった蛯原友里さんや高垣麗子さんより、頼れるのは、ギャル精神の根付いた情の厚い押切さんです。“男よりダチと仲間は一生モン!”的な、ギャル精神を感じ取りましたよ!  今月号は、ファッション雑誌というよりも、「ありがとう・さようなら」を、いろいろな角度からこれでもかと詰め込んだものになっています。もちろん、この時期お決まりの「クリスマスコフレ」「コート」といった特集も、キチンとページを割かれではおりますが、こんなものはどう見てもオマケ! チラシと一緒! さぁ、一緒に10年間をプレイバックしましょう。

<トピックス>
◎もえの間に道はない、もえの後に道はできる。
◎愛と激動のザ・プレイバック AneCan
◎AneCan10年の歴史からわかった 私たちが幸せになれる服

■アネサーを呪わないで……
 FINAL号ということで、以前連載をしていた湯山玲子さんを始め、「美肌の先輩10名」や古舘伊知郎さんなどなど、人生の先輩方から「AneCan」、アネサーへメッセージが寄せられています。  

 まず、湯山さんから見てみましょう。っと、その前に、連載時にも言ったのですが、「AneCan」と湯山さんって、こう、水が違いますよね? 湯山さんは、めっちゃファンキーでカッコいい女性ですが、アネサーが目指す50代像ではないだろうし、髪形からしてまず違うし……! そして、湯山さんのアラサー時代と、今のアネサーは大きく違うはず。「時代」という意味ではないですよ。そんな湯山さんは、こう語ります。今までの人生で30代が一番ハードだったと断言し、「30代はいいことなんかひとつもない。自分と社会との戦いの中で、『いい(カッコいい)傷』をいっぱい受けて、それを直してきた人は、必ず40代以降に大きな花を咲かせます!ホントだよ!」。30代半ばの筆者、今のところ人生ハードモードでもなく傷も負ってないのですが……戦慄。戦いで傷つくことを宣告されたような、なんとも呪いのようなメッセージをちょうだいしました。

 そして古舘さん。テレビ番組が始まったので、宣伝で登場でしょうか。これまたアネサーから遠い人間を連れてきましたね。しかし、これがなかなか強烈なメッセージを送っているんですよ。「AneCan」が終わっても、その精神はどこかで受け継がれていくとし、「成長したいなら得意技を捨てろ、と。AneCanも“ピンコッタ(ピンク系テラコッタ)”みたいな言葉遊びで興味を引くとか、流行を作るような成功パターンをいったんやめないと、新しいものが生まれてこない。この草を引き抜けば、次の芽が生えてくるんじゃないでしょうか」。正直、「いまさら言われても……」感はぬぐえませんが、「CanCam」の成功体験からスタートした「AneCan」が、こうして迷走に終わったことの原因をズバリ指摘しているようです。

もえちゃん、これからもっと活躍してね!

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「AneCan」10年の歴史がついに終焉! 最終号に響いた古舘伊知郎の「成功パターンをやめろ」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性誌速攻レビューAneCanのニュースならサイゾーウーマンへ!