[韓ドラ沼の彼岸から]

『花より男子』『イタKiss』キム・ヒョンジュン、王子様キャラで人気も実態は「The男」!?

2016/01/29 17:00

T子 でも、最後の方で短くするじゃない。あれはかっこいいと思うわよ?

A美 リダの花沢類にはハマれなかったんですけど、『イタズラなKiss ~Playful Kiss』には大ハマり! 原作の入江直樹くんにあたるスンジョ役を演じるツンデレリダに、すぐにキュンとしちゃいました。

T子 『イタキス』はヒロインのハニを演じるチョン・ソミンがかわいくないからな~。原作の相原琴子はもっとかわいいのにー!

A美 たしかにファニーフェイスですけど(笑)、見ているうちにかわいく思えてきましたよ。ただ、髪の毛をふたつ結びにするとき、頭の後ろの分け目をジグザグにするのは、ださいですね(笑)。

T子 ふたつ結びにしたとき、それぞれ毛先に向かって何箇所もゴムで結ぶじゃない。あれもださくない? ワラ納豆みたい。

A美 『宮‐Love in Palace‐』でユン・ウネもやってましたよね。韓国人はあれが好きなんですかね。やぼったいんだけど……。

T子 リダのお母さんは原作どおり、キュートで好きだったわ~。男性ってあぁいう茶目っ気のある女性を愛しく感じるんだろうなぁ。登場人物の誰よりも少女って感じ。

A美 でもやっぱり一番はリダ! 「お前は俺が好きなんだ。俺以外は誰も好きになれない!」って、どんだけ自信あるんだよってセリフですけど、リダなら許しちゃう。

T子 リダは『花男』に『イタキス』っていうラッキーな役が続いたわよね。どっちも無表情を作っておけば、とりあえずはなんとかなる役だから、大根演技がバレずに済んだんじゃない(笑)?

A美 大声でまくしたてるように話すシーンがあるんですけど、それがおっかしくて(笑)。声に抑揚をつけるのがヘタなんですかね。

T子 0か1しかないのよね。心の動きを表現してこそ演技なのに、無表情にって言われたらただ無表情をするだけ。それに比べてホ・ヨンセンのドヤ顏のすごさ! ドヤるときは自分に酔わなきゃだめなのよ。「俺、今世界一かっこいい!」ぐらいにやらないと!

A美 そもそも、熱くなってるリダって想像つかないですよね。やる気満々のときってあるのかな。どんなときにテンション上がって、どんなことがツボにはまるんだろう?

T子 何考えているかわからないからこそ妄想をかきたてられて、いつのまにか気になってしかたなくなっているのよね~。リダが笑ってる姿を自分だけが目撃しちゃったら、もうこれはハマるわよね。私だけが彼の気まぐれな気分を理解できたらっていう独占欲も駆り立てられる。リダが笑ってくれれば、それでうれしい。あー……これって盲目的な恋の基本パターンかも。

A美 罪な男ですね~。感情の変化が見えにくい人が、実はテンション上がってることに気づいてキュンとさせられるのは、『イタキス』のスンジョ役に対するときめきに似てますね。

T子 冷たいふりして、いつも琴子を気にかけて助けてくれたりね、琴子からもらったプレゼントを彼女のいないところで眺めてにやけてたり。

A美 そう、言葉は乱暴なんだけど行動の端々に愛があるし、その表現のヘタさがたまらないんですよね!

T子 でも、スンジョ役にかぎらずリダって、感情が見えないから、どんな人になりたいのかがわからないのよね。ガツガツすることもなさそうだし。

A美 リダが目指してるのは、ソロ曲「ROUND3」のMVみたいに荒っぽくて筋肉ムキムキ、タトゥーがっつりのTHE男! って感じなんじゃないですかね。韓国の男の人ってみんな好きじゃないですか、映画『チング』のような男くさい世界。

T子 ウォンビンの『アジョシ』とかね! そういえばイ・ミンホ初の主演映画『江南ブルース』もヤクザの抗争ものだったわね。

A美 リダファンはそんなの求めてないと思うんですけどね~。でも、あれが彼の本質なら、元恋人とのスキャンダルもありえなくはないのかなって思っちゃう。リダって王子様扱いを受けてるけど、かなり男! って感じだと思うんですよ。

『メイキング オブ 花より男子~Boys Over Flowers [DVD]』
大概、似合うスタイルと好きなスタイルって一致しないよね

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

『花より男子』『イタKiss』キム・ヒョンジュン、王子様キャラで人気も実態は「The男」!?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! キム・ヒョンジュン韓ドラ沼の彼岸からのニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL