緊急インタビュー!!

「ばびろんまつこ、エクセレント!」歌舞伎町トップホスト・東城誠が、キラキラ女子を斬る!!

makosama03.jpg
2015年のバースデーには、1000万円超売り上げる大記録を達成

――はい。翻訳家で、トム・クルーズの友達ですよね。でも「女はバカな方が可愛い」っていう男の人も多いような……。

東城 僕は少数派だと思いますよ。でもそういう気持ちになったのって、ホストの仕事を始めてからかもしれない。女の子を見すぎちゃって、可愛いだけじゃつまんないなって思うようになりました。

――あと、ばびろんは、やたら「セックス嫌い」をアピールしていましたが、そのことについてはどう思いますか?

東城 本当にセックス嫌いな人が、わざわざセックス嫌いなんて言わない。「セックス」って言葉自体、口に出さないと思います。「セックス嫌いと言う女は、かっこいい」っていう風潮があるから、そういったポーズなのかと。お客さんでも、「性欲ない」って言う子がいますけど、そんなことないですもん(笑)。わざわざセックスのことを何度もツイートするなんて、相当セックスが好きなんだと思いますよ。

――ホストといえば、「枕営業しているのでは?」などと、お客さんとの肉体関係を探られる機会もあるかと思いますが……。

東城 お客さんにとって「ホストとヤる」っていうのはゴールなんです。だから、「完全にヤレない」存在というのは夢がない。僕は、その駆け引きをUFOキャッチャーだと思っていて、例えばUFOキャッチャーで3万円使っちゃったら、景品が落ちるまで立ち去れないでしょう? それと同じで、僕に1,000万円くらい使っちゃったお客さんは、薄々「ヤレないだろうな」と感じていても、もう立ち去ることができなくなる。僕ならその状態で、あともう1,000万円使わせられると思いますけど。それがホストの仕事です。

――東城さんご自身は、“夜のUFOキャッチャー”で落ちちゃったという経験は?

東城 ……内緒です!(笑)

――最後になりましたが、ナンバーワンを獲得した東城さんの、次の目標を教えてください。

東城 この業界を極めたいなと思っています。店という垣根を越えても、ホストとしてナンバーワンでいたい。罪を償ったばびろんさんに、次こそは本当に成り上がってもらって「東城誠指名してるの~」って自慢ツイートしてほしいな。最近は芸能界からもオファーをいただいたりしておりますが、「自分はホストである」という軸は変わりません。やっぱりホストの世界で一番成功したのって、城咲仁さんだと思うんですよ。いつか城咲さんを超えるホストになりたいですね。
(取材・文=西澤千央/撮影=東京フォト工芸・酒井一郎)

東城誠(とうじょう・まこと)
1862年7月27日、パリ出身。歌舞伎町「PLATINA」本店、部長。同店ナンバーワンホストとして人気を博している。口癖は「お前ら金持って集合ーっ!!」。
PLATINA本店公式サイト
オフィシャルブログ

最終更新:2016/01/10 19:00
『人を動かす 新装版』
マコ様の愛読書は『人を動かす』なんだそう

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

「ばびろんまつこ、エクセレント!」歌舞伎町トップホスト・東城誠が、キラキラ女子を斬る!!のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビューのニュースならサイゾーウーマンへ!