泣いてすがるは女だけでない!

熊切あさ美はどうすべきだったのか? 片岡愛之助との破局に読む、男女の“別れ”の作法

2015/06/15 21:00

◎熊切の最大の失敗
 愛之助は4月いっぱい名古屋で歌舞伎公演に出演。東京を発ったときが2人の最後の逢瀬となった。愛之助サイドの話を聞いても、熊切のインタビューを見ても、この前後に愛之助の方から何らかの“別れ”を切り出したことがうかがえるが、熊切は了承しなかった。そして愛之助は、熊切と3匹の愛犬を家に残したまま家賃を払い続けたという。

 愛之助は5月に帰京した後もホテルに泊まると言って帰宅しなかった。愛之助が名古屋公演を終えた翌日、熊切は、「ずっと楽しみにしてたのにね うそをつくつもりじゃなかったんだよ 仕方ないんだよ」と自分で自分に言い聞かせるようにブログに書き込んでいる。その後も会えない状況が続いたことについて、「仕事を邪魔するのが嫌だったから(会ってはないです)」「(メールも、忙しい愛之助に)負担をかけたくなかったんでちょっと減らしてたんです」と『ミヤネ屋』で話した。

 2カ月会っていなかったが別れていない、という主張は苦しいが、愛之助の変心を察して気持ちの整理はつけていたのだろう。5月4日のブログでは、交際発覚以来、初めて愛之助と自分のイニシャルを入れる「ラブリンネイル」仕様ではない自身の爪を披露していた。だが、完全に破局を受け入れてはいない“冷却期間中”に愛之助が紀香のマンションに2日連続で泊まりに行ったことがスクープされ、自分の立場がない! とヒステリックになったのだろう。あろうことか、電話をかけてきた愛之助とは一言も話さないまま、愛之助から贈られた指輪をつけて『ミヤネ屋』に出演、「自分の知ってる彼じゃない」「わからない」「信じて待ってたい」と語る号泣インタビューとなったのである。

 著書によると、男性から女性へ別れ話をする時に、「忙しい」「嫉妬されてばかりで疲れた」などの理由がある場合は、女性はその原因となる問題を解決すれば関係も修復できると思ってしまうという。だが、別れ際の男の言葉には、別れたいが為の嘘が含まれる。だからそんな男の言葉にすがるのをまずやめ、現実を受け止めることが復縁への第一歩となると著者は説いている。

 ところが熊切は、愛之助とは一言も話さないままテレビ出演し、「自分の知ってる彼じゃない」「2人の中で終わりという話が出たわけじゃない」と、往生際の悪さを露呈してしまった。こう感情的になられると負担を感じ、面倒くさいと思ってしまうのが男性の常。6月5日、愛之助は取材に応じ、熊切とはいまだに連絡が取れていないとしながらも、2人の関係は「終わりましたよ、とっくに」「(家賃は)もう払ってません」「(自身の荷物も)残ってません」と話した。しかし愛之助の言うように、とっくに別れていたのなら、何を報じられようと熊切にフォローの電話をする必要はないし、家賃の負担もとうに打ち切っていただろう。2カ月もの間、熊切からの電話やメールにも中途半端に返答したのは、まだ“別れ話の最中”だったか、愛之助にも情が残っていたといえるだろう。今さら熊切の主張を否定する発言をあえてしたことは、愛之助が熊切に対する態度を硬化させたことを示している。

『記憶 mind [DVD]』
2人の写真を枕の下に忍ばすと夢に出れるって!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

熊切あさ美はどうすべきだったのか? 片岡愛之助との破局に読む、男女の“別れ”の作法のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 片岡愛之助のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 嵐・二宮『夜会』企画に非難続出
  2. キンプリ・永瀬、ファンに「やめてほしい!」
  3. 『イッテQ!』スタッフ「あり得ない」ミス
  4. 実は“高学歴”な俳優3人
  5. 元キャバ嬢・桜井野の花、エンリケとトラブル
  6. 美 少年の「インパクト強すぎ」サムネ画像が話題! なにわ男子がジャニーさんに“よくもらった”ものとは?【ジャニーズJr.チャンネル週報】
  7. 今、メルカリでアクセが安く買える!
  8. 【100均ずぼらシュラン】週間まとめ4/26〜5/14
  9. 皇族の結婚破棄トラブル実例
  10. 『シンパイ賞!!』“テコ入れ”失敗!?
  11. なにわ男子・西畑、“癖”を指摘され赤面!
  12. 元女囚が語る「薬物依存更生」への苦しみ
  13. 木村一家が「いい家族」になりきれないワケ
  14. 結婚相談所とタップルの同時婚活スタート
  15. 大人気の「茂木和哉」、【サビ落とし】の実力を試してみた! 10年モノの自転車がたった10分で……びっくりする結果に!
  16. 声優が変わってショックだった国民的アニメ
  17. 撥水・UV、バックにもなるアノラックパーカー
  18. 「ジャニーズを辞めないほうがよかった退所者」トップ3! 山下智久&渋谷すばるを抑えた第1位は?【ジャニーズファン世論調査】
  19. 有村昆、活動自粛は“余罪発覚”回避目的か
  20. セクゾ・松島、楽屋で“ふまけん”のアレを目撃
COSME JOURNAL