【連載】彼女が婚外恋愛に走った理由

元カレと年に一度だけのセックス――障がいを持つ子の母が語る、活力剤としての“婚外恋愛”

2015/03/29 21:00

 レイトショーが終わってから、現在のご主人に声をかけ、居酒屋で映画の感想を語り合い、連絡先を交換した。

「主人は今でも、当時と同じ勤め先です。地元の小さな文具メーカーで営業をしています。自分自身が地味だから、華やかな映画にあこがれるのは、主人も私も一緒なんです」

 それから4年の交際期間を経て、結婚。3年後には念願の子宝に恵まれた、しかし……。 

「子どもに障がいがあると診断されました」

 秀美さん夫婦よりも、周りの反応の方が大きかったことに、驚いたという。

「私たちも当然悩みましたけど、『じゃあしょうがないね。それも1つの個性だと受け止めて、大事に育てよう』って。子どもの障がいを負担として考えるより、個性として捉えていた部分が強いですね。……それは、もちろん今もですけど」

 その子が成長期になった頃、一家は東京郊外からさらに奥へと住まいを移して、秀美さんも仕事をパートへと変更したという。

「家族3人、仲良く暮らしています。不満はありません。夫は真面目で、ギャンブルや借金はしない人です。子どもも動物が大好きで優しい子。幸せなんですよ、本当に……ただ、これから5年、10年、30年……主人と私が死んだ後のことを考えると、どうしようもない不安に襲われます」

■びっくりして涙が出た元カレからのメール

 まつ毛を伏せて秀美さんは言った。秀美さんが、今の“彼”と関係を持ったのは、もう5年以上前になる。「ありきたりなきっかけですけど」と、その相手が同窓会で再会した元カレだと教えてくれた。

 スポーツ万能だった彼は、事業を立ち上げて、地方へとあちこち足を運んで忙しい日々を送っているという。

「最初に再会したときは15年くらい前で、子どもが生まれて数年たった頃でした。その頃は目の前が真っ暗で……彼と再会して、何も不自由なくキラキラしていた当時の自分を思い出して、つい懐かしくなってしまったんです」

『婚外恋愛に似たもの』
年を取るほど、シワと同じように恋愛の形も増えていくのね

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

元カレと年に一度だけのセックス――障がいを持つ子の母が語る、活力剤としての“婚外恋愛”のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 婚外恋愛彼女が婚外恋愛に走った理由のニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL