山口智子には触れないであげてよ……

“ご祝儀”が多かったドラマは? 『TOKYOエアポート』初回視聴率から-4.6%

tokyoairport.jpg
『TOKYOエアポート~東京空港管制保安部』
(フジテレビ系)公式サイトより

 現在放送中の秋ドラマ。今期は、成宮寛貴が新相棒となった『相棒 season 11』(テレビ朝日系)や、山口智子が16年ぶりに連続ドラマにカムバックした『ゴーイングマイホーム』(フジテレビ系)、木村拓哉と香取慎吾のSMAPメンバー2人が同じクールに登板するなど、話題作が目白押しだ。多くの視聴者は、連続ドラマを見る際、初回を見て次回以降も見るかどうかを判断する。初回は“ご祝儀”で、第2回の視聴率がドラマの命運を握っているといっても過言ではない。そこで20~22時台に放送されている民放ドラマについて、初回と第2回の視聴率を比較検証し、“ご祝儀”を検証してみよう。

 秋ドラマの中で初回視聴率1位に輝いたのは、水谷豊主演の『相棒』で、19.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)という初回としてはシリーズ最高視聴率を記録。第2回では17.3%と下がってしまったが、根強い人気を誇るシリーズだけに、最終話までにトップに返り咲く可能性も強そうだ。

 『相棒』に次ぐ2位となったのは、18.6%を獲得した米倉涼子の『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)だった。第2回では17.6%と少しダウンしてしまったが、米倉はこれまで、松本清張3部作(『黒革の手帖』『けものみち』『わるいやつら』)や、後に映画化もされた『交渉人~THE NEGOTIATOR~』で主演を務めるなど、同局と“相性がいい”といわれている。今後も高視聴率を維持できるかが見ものだ。

 そして3番手となったのは、初回16.9%を記録した木村拓哉主演の『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』(フジテレビ系)。これまで作品を通してさまざまな職業を演じてきた木村だが、今回は身に覚えのない罪を着せられて会社を解雇され、極貧生活を送ることになった主人公という意外な設定。プロ野球クライマックスシリーズと放送時間が重なったことで数字が伸び悩んだ第1話に比べ、第2話では18.8%と上昇。今後の展開次第で、トップ争いを繰り広げるテレ朝ドラマ2本を追い越すことはできるのだろうか。

 初回と第2回で16~19%を獲得している上位3作品だが、そのほかの作品は一桁台から13%台の間という、微妙な数字を記録しているのが、今期ドラマの特徴。特に大きな差が開いてしまったのは、初回視聴率では14.0%を取ったものの、第2回では9.4%と大幅に下降した深田恭子主演の『TOKYOエアポート~東京空港管制保安部』(フジテレビ系)。

 同枠のドラマでは『家族のうた』が低視聴率により打ち切りとなったことも記憶に新しく、芦田愛菜で巻き返しを図った次枠の『ビューティフルレイン』も平均視聴率10.1%と、ギリギリ二桁に届いた程度。昨年1月からフジテレビNEXTで放送され、好評を得た『TOKYO コントロール』の2年後を描いた続編として、地上波で放送が決定した『TOKYOエアポート』だが、1話と2話で-4.6%という一番大きな開きが生じてしまった。

 視聴率下降の原因としては、日本テレビ系で午後19時から21時49分にかけてプロ野球クライマックスシリーズが放送されていたこと、また香取と山下智久が共演する『MONSTERS』(TBS系)が初回放送を迎えたことにあるのかもしれない。

 このほかにも、映画監督・是枝裕和が民放のテレビドラマ初監督・初脚本を手がける、阿部寛主演の『ゴーイングマイホーム』は、山口智子の復帰作として話題を呼び、初回こそ13.0%を獲得したものの、第2回では8.9%と一桁台に突入。先述の山口をはじめ、約10年ぶりに民放のテレビドラマに出演する宮崎あおい、西田敏行ら豪華キャストが話題を集め、オリコンの「2012年10月期 ドラマ期待度ランキング」では1位となったのだが、結果的に数字がどこまで下がってしまうのだろうか。

 また、高知県四万十川を舞台にした、生田斗真主演の青春群像劇『遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル』(フジテレビ系)も初回は13.5%だったが、2話では9.9%と-3.6%下降してしまった。

 以上により、初回“ご祝儀”が多かった秋ドラマには、『TOKYOエアポート』『ゴーイングマイホーム』『遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル』の3作品が挙げられるだろう。

 一方、数字に大きな変化はないが、注目作の1つである『MONSTERS』は、初回が13.8%という“微妙”な視聴率からのスタート。第2回は13.4%と、さほど差はなかったが、人気ジャニーズタレント同士の共演で、数字や内容に期待が持たれていた中でこの数字は、ファンにとってはショックかもしれない。

 秋ドラマの視聴率争いはどのような展開を迎えるのか、今後も見守っていきたい。

【秋ドラマ(20~22時台)初回・第2回視聴率一覧】
月曜20時『パーフェクト・ブルー』(TBS系)9.0%‐7.1%
月曜21時『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』(フジテレビ系)16.9%-18.8%
火曜21時『遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル』(フジテレビ系)13.5%-9.9%
火曜22時『ゴーイングマイホーム』(フジテレビ系)13.0%-8.9%
水曜21時『相棒 season 11』(テレビ朝日系) 19.9%-17.3%
水曜22時『東京全力少女』(日本テレビ系)9.0%-8.2%
木曜20時『捜査地図の女』(テレビ朝日系)11.2%-12.1%
木曜21時『レジデント~5人の研修医~』(TBS系)8.4%-6.2%
木曜21時『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)18.6%-17.6%
木曜22時『結婚しない』(フジテレビ系)13.0%-13.6%
金曜22時『大奥 ~誕生~[有功・家光篇]』(TBS系)11.6%-10.6%
土曜21時『悪夢ちゃん』(日本テレビ系)13.6%-10.7%
日曜21時『MONSTERS』(TBS系)13.8%-13.4%
日曜21時『TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~』(フジテレビ系)14.0%-9.4%

最終更新:2012/11/09 11:45
『山口智子の旅シリーズ 山口智子 ゴッホへの旅 ~私は、日本人の眼を持ちたい~』
智子はすっかり旅の人になってたもんね

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

“ご祝儀”が多かったドラマは? 『TOKYOエアポート』初回視聴率から-4.6%のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 生田斗真木村拓哉SMAP香取慎吾宮崎あおい深田恭子阿部寛西田敏行成宮寛貴芸能ウラ情報米倉涼子芦田愛菜水谷豊山口智子のニュースならサイゾーウーマンへ!