[ジャニーズ・メディアの裏側]

緊急握手会でギリギリ首位獲得した山下智久に、同業者も動揺を隠せず

yamashitatomohisa07.jpg
「ごーめんよっ!」

 1月19日発売の山下智久ソロシングル「はだかんぼー」が初週推定売上枚数6万7,729枚を記録し、31日付オリコン週間ランキングで”予想通り”の1位を獲得した。しかし、2位となったフレンチ・キス「If」との差はわずか600枚。23日に開催された緊急握手会による追い込みが功を奏し、ギリギリ辛勝した形だ。

「ジャニーズ事務所は昨年6月にも、TOKIOのシングル『―遥か―』がSound Horizon『イドへ至る森へ至るイド』相手に苦戦を強いられ、土日に『TOKIOスペシャルDAY』と称してクリアファイルのプレゼントキャンペーンという力技を実施(既報)したばかり。でも、こうしたやり方がまかり通るのであれば、順位なんてあってないようなものですよね。今回の山下も、ソロシングルの4作連続首位という記録をどうしても逃したくなかったのかもしれませんが……」(ジャニーズに詳しい記者)

 実際、1月24日付のデイリーランキングではフレンチ・キスが1位に返り咲き、総売上げではすでに山下を追い抜く勢い。山下は握手会の開催された23日だけで1万600枚を売り上げているが、この分を加えることで、週間ランキングのために一時的に売り上げを伸ばしたかたちだ。

 この露骨なやり方にフレンチ・キスの1位を熱望していた、所属事務所・ワタナベエンターテインメント取締役の大澤剛氏は23日、自身のTwitterで

「急遽握手会をやるなんて、とわかる人にはわかるつぶやきをしてみたりして」

 と、本音を漏らした。しかし一方の山下も、公式携帯サイト「Johnny’s Web」内の連載「山下智久の日記」で今回のイベントを振り返り、集まってくれたファンに礼を述べるとともに、

「また何かの時に ベストな形で、こういう機会をもてたらなと思います!」

 とコメントしており、今回の握手会がベストなやり方でなかったことは本人も十分認識しているようだ。

 ちなみに、今後も2月2日にはKAT-TUNのシングル「ULTIMATE WHEELS」と渡り廊下走り隊7「バレンタイン・キッス」、2月16日にはテゴマスのシングル「青いベンチ」とAKB48「桜の木になろう」など、ジャニーズタレントとAKB48のシングルリリース日は重なっている。時代を駆けるアイドル同士のランキング争いはまだまだ激化しそうだ。

『ULTIMATE WHEELS(初回限定盤)(DVD付)』

だって「バレンタイン・キッス」って何回リメイクする気よ?

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
CD品切れで「着払い」対応!? 山下智久握手会で次々とルール崩壊
525円で山下智久に会える! CD売り上げ惨敗でまさかの緊急握手会
NEWS・山下智久の妹がセクハラ退職を経て、永田町で返り咲き!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

緊急握手会でギリギリ首位獲得した山下智久に、同業者も動揺を隠せずのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! NEWS山下智久のニュースならサイゾーウーマンへ!