• 酒井法子

仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

酒井法子「負けず嫌い」発言のふてぶてしさ――ベッキーが見習うべき、不祥事タレントの在り方

 ゲスの極み乙女。・川谷絵音との不倫騒動における過剰なベッキーバッシングは、海外メディアには“女性差別”と映っているらしい。イギリスの大手新聞ガーディ...

噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第244回】

川崎麻世の「妊娠」愛人ポイ捨て騒動に見る、愛人・妻の“同情”と“芝居”

 今週の「フライデー」(講談社)がスゴい。先頃結婚したばかりの伊藤英明がハワイで衝撃の3P! しかも袋とじ写真には、伊藤のお尻が写り、そのちょうど前あ...

今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

どうしたピン子! 橋田先生の安否以上に不安が募る、『渡鬼』ファミリーの今

 橋田先生のボケ防止、安否確認として、今年も無事放送の『渡鬼スペシャル』(TBS系)。ボケがどこまで食い止められているのか、内容を見るだに不安だが、と...

浜崎くるみちゃんだったあの頃

元サンミュージックは黒歴史? 浜崎あゆみ、相澤秀禎さん葬儀に姿を見せず

 先日行われた、サンミュージックプロダクション会長・相澤秀禎さんの通夜・告別式。会場には、相澤会長が発掘し育て上げた大勢のタレントが集まり、故人を偲ん...

淳子ファンのおっさんに衝撃走る!

相澤秀禎さん葬儀に参列、“そよ風の天使”桜田淳子の劣化ぶりに関係者騒然!

 すい臓がんのために死去した、サンミュージックプロダクション会長・相澤秀禎さんの通夜が、28日、東京・青山葬儀所で行われた。故人を偲ぶ関係者ら1,50...

そんなベッキー見たくない!

ベッキー、酒井法子を支援した事務所にご立腹!? 会長の“人間愛”に不満爆発か

 大手芸能プロ・サンミュージックプロダクション創始者の相澤秀禎会長の訃報は、芸能界に衝撃を走らせた。かつて相澤氏が世に送り出した松田聖子や酒井法子ら、...

意外な事実が発覚

天海祐希、中国で大人気だった!? 舞台降板に「13億人のファンがいる」とエール

 軽度の心筋梗塞が原因で、出演中だった舞台『おのれナポレオン』を途中降板した天海祐希。その後は、稽古期間わずか2日で代役を見事に務めきった宮沢りえの“...

酒井法子の記事一覧です。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! 酒井法子のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 木村拓哉、“娘”タブーを解禁の焦り
  2. 前田敦子、北川景子との“格差”に不満!?
  3. 山本裕典は、前田敦子の“最初の男”!?
  4. 前田敦子、食事姿が「下品」と炎上
  5. 城島と国分の“好感度”格差
  6. 嵐・櫻井ドラマ、局内から反感
  7. 前田敦子、棒演技なのにオファー続くワケ
  8. ラルク、「kenだけ孤立」のウワサ
  9. ラブホ回でニヤつくA.B.C-Z
  10. 嵐・相葉、伯母が嵐商法?
  11. さんま、嵐と共演で「松本は一番イヤ」
  12. 『あなたのことは~』東出はミスキャスト?
  13. 『3月のライオン』後編もトップ3圏外
  14. 嵐・相葉『貴族探偵』小ネタがウザい?
  15. ジャニーズドラマが不振、春ドラマ
  16. YUKIの見た目年齢は「20代後半」
  17. ラルク、国立最終公演出演を危惧する声
  18. さくらまや「別人!?」と視聴者あ然
  19. 最も衝撃的だった嵐のスキャンダル
  20. 中居&香取の共演にファン歓喜

ジャニーズの人気記事

  1. 城島と国分の“好感度”格差
  2. 嵐・櫻井ドラマ、局内から反感
  3. ラブホ回でニヤつくA.B.C-Z
  4. 嵐・相葉、伯母が嵐商法?
  5. さんま、嵐と共演で「松本は一番イヤ」

カルチャーの人気記事

  1. 「カワイイ」とちやほやされてきたお嬢様な私が、貧乏くっさ~い女に負けるなんてあり得ない!
  2. LGBTや内縁関係でも入れるお墓
  3. 「婦人公論」保奈美の新連載がヤバイ
  4. 孤独死まっしぐらのアラフィフ姉……「お気の毒♪」って笑ってたら、私も突然未亡人に!?
  5. 高島彩「Domani」で優等生発言

海外ゴシップの人気記事

  1. ビヨンセ、インスタと現実が別人レベル
  2. リアーナ、女王のコラ画像を投下し再炎上
  3. メル・B、離婚申請した夫に3Pを強要された
  4. G・パルトローのサイトでセックス特集
  5. ケイト・アプトン、爆乳がこぼれんばかり