• 女のためのテレビ深読み隔週報

「ゴールインしなさそう」濱口優と南明奈カップルに見る、結婚をめぐる男女のすれ違い
仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

「ゴールインしなさそう」濱口優と南明奈カップルに見る、結婚をめぐる男女のすれ違い

 芸能人カップルの結婚(離婚)予想は私の趣味なわけだが、「この人たち、結婚はないだろう」と思っているのが、お笑い芸人・よゐこの濱口優とタレント・アッキ...

「金目当てやない」やしきたかじん、年下妻への絶対的信頼に見る“自分好き”男の生態
仁科友里の「女のためのテレビ深読み隔週報」

「金目当てやない」やしきたかじん、年下妻への絶対的信頼に見る“自分好き”男の生態

 「男と女、どっちが『自分好き』か?」と、時々考えることがある。それは性差というより個人差だろうが、11月7日放送の『中居正広の金曜日のスマたちへ』(...

“ショーパン”こと生野陽子アナに見る、社内結婚が働きたい女にお得に働くワケ
仁科友里の「女のためのテレビ深読み隔週報」

“ショーパン”こと生野陽子アナに見る、社内結婚が働きたい女にお得に働くワケ

 嫉妬深い=女、という認識があるが、いやいやどうして、男もかなり嫉妬深い。方向性が違うだけで、男も女も嫉妬深い、と考えておいて間違いない。女の嫉妬は男...

「同窓会禁止」「門限は21時54分」シャ乱Q・まことの妻への“束縛”は本当に愛なのか?
仁科友里の「女のためのテレビ深読み隔週報」

「同窓会禁止」「門限は21時54分」シャ乱Q・まことの妻への“束縛”は本当に愛なのか?

 結婚生活の愚痴を言うのは、女同士の一種のレクリエーションだが、代表的な愚痴は、「夫の無関心」である。髪型を変えても気づかないというものから始まり、「...

元AKB48の夫・アレクサンダーが、「日本一素晴らしいヒモ 」である理由とは?
仁科友里の「女のためのテレビ深読み隔週報」

元AKB48の夫・アレクサンダーが、「日本一素晴らしいヒモ 」である理由とは?

 自分は働かず、女性の稼ぎに依存する男性を「ヒモ」と呼ぶことがあるが、そこには侮蔑的なニュアンスがつきまとう。「男のくせに働かないなんてだらしない」と...

『5時に夢中!』若林史江、「マツコに決して逆らわない」態度から見えてくる女の顔
仁科友里の「女のためのテレビ深読み隔週報」

『5時に夢中!』若林史江、「マツコに決して逆らわない」態度から見えてくる女の顔

 セクハラはいけないという理念すら、定着していない。それを証明したのが、塩村文夏氏へのセクハラやじ問題である。塩村議員がかつてグラビアアイドルであった...

元フィギュアスケーター・鈴木明子、母にとっての完璧な娘が陥る“恋愛”の落とし穴
仁科友里の「女のためのテレビ深読み隔週報」

元フィギュアスケーター・鈴木明子、母にとっての完璧な娘が陥る“恋愛”の落とし穴

 「気が利く」とか「かゆいところに手が届く」ことを美徳とする日本社会では、相手の気持ちを先回りして考えられることを良しとする気風がある。それができる人...

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  4. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  5. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  6. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  12. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  19. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム