婦人公論のニュース記事、情報、ゴシップまとめ|サイゾーウーマン

婦人公論の記事一覧

144件
婦人公論のカテゴリー

婦人公論に関する記事の一覧です

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」9月13日号

日常に疲れた「婦人公論」読者を救う、若手俳優たちの妄想への受容力

 今号の「婦人公論」(中央公論新社)、いつもと趣が違います。特集は「いま、惹かれる男たち」。先に申し上げますと、断捨離も、ご近所トラブルも、義実家憎しも、…

2016.09.04

続きを読む

日常に疲れた「婦人公論」読者を救う、若手俳優たちの妄想への受容力

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」8月23日号

「婦人公論」“家族の死”特集が示した、悲しみだけではない「死」の多面的な力

 今号の「婦人公論」(中央公論新社)の特集は「家族の死―いつか来るその日」です。キャッチには「看取り、供養、喪失感と向き合うために」とあります。死者に思い…

2016.08.21

続きを読む

「婦人公論」“家族の死”特集が示した、悲しみだけではない「死」の多面的な力

女性誌速攻レビュー,婦人公論

「理解ある親」と思われたい症候群? 平野レミの「婦人公論」インタビューに滲み出る恐さ

 今号の「婦人公論」(中央公論新社)、特集は「親の本音をどう伝える」です。自分は「老親の面倒を見るのが当然」という価値観で生きてきたものの、子どもには「面…

2016.08.02

続きを読む

「理解ある親」と思われたい症候群? 平野レミの「婦人公論」インタビューに滲み出る恐さ

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」7月26日号

浅田姉妹、岸部兄弟……「婦人公論」のきょうだい特集に見る、“きょうだい仲良く”の呪縛

 「婦人公論」(中央公論新社)今号の特集は「円満きょうだい、犬猿きょうだい」です。一番近くにいる他人、「きょうだい」の愛憎問題は「婦人公論」も大好物のテー…

2016.07.23

続きを読む

浅田姉妹、岸部兄弟……「婦人公論」のきょうだい特集に見る、“きょうだい仲良く”の呪縛

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」7月12日号

「婦人公論」の家計特集でつるの剛士が自慢げに話す、「遊ぶ夫と倹約する妻」の旧態依然とした価値観

 今号の「婦人公論」(中央公論新社)、特集は「貯まる家計、ジリ貧家計」。その日暮らしのぐうたら人間には少々キツイ、不安煽りまくり企画です。特集冒頭から経済…

2016.07.03

続きを読む

「婦人公論」の家計特集でつるの剛士が自慢げに話す、「遊ぶ夫と倹約する妻」の旧態依然とした価値観

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」6月28日号

「婦人公論」の“新恋人”が誕生か!? 生きる高齢者福祉・氷川きよしを脅かす、綾野剛の「女性論」

 今号の「婦人公論」(中央公論新社)、特集は「【保存版】家族が倒れた時 慌てないための新知識」です。「婦人公論」の特集は、「福を呼ぶ」特集に代表されるよう…

2016.06.22

続きを読む

「婦人公論」の“新恋人”が誕生か!? 生きる高齢者福祉・氷川きよしを脅かす、綾野剛の「女性論」

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」6月14日号

外見の変化は問題じゃない! 「婦人公論」での瀬戸内寂聴との対談で明らかになる小保方晴子の本質

 話題の今号の「婦人公論」(中央公論新社)、特集は「ひとりになっても豊かな老後」です。リードには「子育てや夫の世話に明け暮れた人も、そうでない人も、ひとり…

2016.05.27

続きを読む

外見の変化は問題じゃない! 「婦人公論」での瀬戸内寂聴との対談で明らかになる小保方晴子の本質

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」5月24日号

「婦人公論」の性に貪欲すぎる女性から見えてきた、“婚外恋愛処方箋の3カ条”

 今号のレビューは、特集の前にルポ「虐待死ゼロを目指す『赤ちゃん縁組』とは」から始めたいと思います。少子化が叫ばれて久しいですが、一方で虐待などの事件は後…

2016.05.23

続きを読む

「婦人公論」の性に貪欲すぎる女性から見えてきた、“婚外恋愛処方箋の3カ条”

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」5月10日号

「婦人公論」が断捨離から離脱! 捨てない「収納」特集で見えた“ため込んだ人生”との向き合い方

 今号の「婦人公論」(中央公論新社)、表紙はテニスプレイヤーのクルム伊達公子です。90年代に世界ランキング第4位まで上りつめた実力者は26歳で一度引退、そ…

2016.05.08

続きを読む

「婦人公論」が断捨離から離脱! 捨てない「収納」特集で見えた“ため込んだ人生”との向き合い方

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」4月26日号

「内面の美こそ不変」という呪詛で読者を絶望させる、「婦人公論」のエイジング特集

 今号の「婦人公論」(中央公論新社)、特集は「いつまでも若々しい人、くすんでいく人」です。“美魔女ブーム”も今は昔。世間の風潮は“年相応の美しさ”に向いて…

2016.04.23

続きを読む

「内面の美こそ不変」という呪詛で読者を絶望させる、「婦人公論」のエイジング特集

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」4月12日号

「婦人公論」幸運特集で、占いより生命力の強さを見せつけた「こまどり姉妹」の壮絶人生

 今号の「婦人公論」(中央公論新社)の特集は「幸運を引き寄せる習慣」。これは同誌ではかなりヘビーローテーションされている企画です。道ならぬ恋に落ちてしまっ…

2016.03.29

続きを読む

「婦人公論」幸運特集で、占いより生命力の強さを見せつけた「こまどり姉妹」の壮絶人生

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」3月22日号

「婦人公論」の“隠れ貧困”特集で、お嬢様キャラを進んで請け負う梅宮アンナのタレント気質

 「婦人公論」(中央公論新社)今号の特集は、「『隠れ貧困』に陥らないために」です。昨今の「婦人公論」では定番の“貧困”ネタですが、今回はただの貧困ではなく…

2016.03.16

続きを読む

「婦人公論」の“隠れ貧困”特集で、お嬢様キャラを進んで請け負う梅宮アンナのタレント気質

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」3月8日号

不満を共有し読者に“自分語り”の快楽を与える、「婦人公論」の奇跡のシステム

 創刊100周年記念の祝賀モードから、ようやく通常運転に戻ってきた「婦人公論」(中央公論新社)。特集の前にまずはこの方、しつこいですが「婦人公論」三種の神…

2016.03.03

続きを読む

不満を共有し読者に“自分語り”の快楽を与える、「婦人公論」の奇跡のシステム

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」2月23日号

ただただ壮絶な手記が並ぶ「婦人公論」に見る、女の生への貪欲さと図太さ

 今号は、特集の前に瀬戸内寂聴先生の新連載からレビューを始めたいと思います。寂聴先生といえば、「婦人公論」(中央公論新社)三種の神器の1つ(その他は美輪明…

2016.02.19

続きを読む

ただただ壮絶な手記が並ぶ「婦人公論」に見る、女の生への貪欲さと図太さ

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」2月9日号

加護亜依の苦しみを宇野千代・田辺聖子が受け容れる! “女”のトリセツこと「婦人公論」100年の重み

 今号の「婦人公論」(中央公論新社)は、前号に引き続き100周年記念のお祝いムード。今号の特集は「女の節目の乗り越え方」、キャッチには「『婦人公論』100…

2016.02.03

続きを読む

加護亜依の苦しみを宇野千代・田辺聖子が受け容れる! “女”のトリセツこと「婦人公論」100年の重み

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」1月26日号

誰もが自分語りしたくなる……「婦人公論」100年の秘訣は女たちに与えてきた“ヒロイン感”

 祝! 「婦人公論」(中央公論新社)100周年!! 大正5年に創刊して以来、戦争も高度経済成長もバブル崩壊もその類まれなるおばちゃん根性……いや女性ならで…

2016.01.20

続きを読む

誰もが自分語りしたくなる……「婦人公論」100年の秘訣は女たちに与えてきた“ヒロイン感”

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」12月22日号

共感ならず!? 喜多嶋舞が見誤った、「婦人公論」読者の「妻」「母」に対するこだわり

 今年最後の「婦人公論」(中央公論新社)、なんといってもあの方のインタビューが話題ですが、まずは近藤真彦のインタビュー「『ギンギラギンにさりげなく』がよう…

2015.12.19

続きを読む

共感ならず!? 喜多嶋舞が見誤った、「婦人公論」読者の「妻」「母」に対するこだわり

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」12月8日号

“近しい関係だからこそウソが大切”と説く、「婦人公論」の義理家族特集

 今号の「婦人公論」(中央公論新社)の表紙は、女優・桃井かおりです。現在は活動の拠点をアメリカに移し、映画監督としても活躍している彼女。今年の1月にはほぼ…

2015.12.06

続きを読む

“近しい関係だからこそウソが大切”と説く、「婦人公論」の義理家族特集

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」11月24日号

「婦人公論」夫婦特集に見え隠れする、バブル世代のほのぼの老後願望

 「婦人公論」(中央公論新社)今号は、スピリチュアリスト江原啓之と、最近ロックバンド・レベッカを再結成したNOKKOの対談「『レベッカ』再結成の背中を押し…

2015.11.20

続きを読む

「婦人公論」夫婦特集に見え隠れする、バブル世代のほのぼの老後願望

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」11月10日号

なぜ女は自分の墓と葬式にこだわるのか――「婦人公論」から浮かび上がってきた切なすぎる理由

 「婦人公論」(中央公論新社)今号の特集は「私の終活――お墓、遺言、お葬式」です。と、その前に作家・阿川佐和子のインタビュー「私はお父ちゃんの『忠犬ハチ公…

2015.11.08

続きを読む

なぜ女は自分の墓と葬式にこだわるのか――「婦人公論」から浮かび上がってきた切なすぎる理由

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」10月27日号

「婦人公論」ひとり暮らし特集に響く、「モラハラ夫の呪縛」と「解放後」に苦しむ女たちの悲鳴

 「婦人公論」(中央公論新社)今号の特集は「備えて安心『ひとりの暮らし』シミュレーション」です。特集に入る前に、巻頭の連載「うるさくてもシズカ」から見たい…

2015.10.19

続きを読む

「婦人公論」ひとり暮らし特集に響く、「モラハラ夫の呪縛」と「解放後」に苦しむ女たちの悲鳴

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」10月13日号

「婦人公論」“親の老い”特集で、40代~50代が優等生発言を連発する理由

 今年も残すところあと3カ月あまり。歳を取れば取るほど、あっという間に1年が過ぎていく……と「婦人公論」(中央公論新社)読者もひしひしと感じているのではな…

2015.10.01

続きを読む

「婦人公論」“親の老い”特集で、40代~50代が優等生発言を連発する理由

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」9月22日号

作り置きのおかずに、帰り道のダッシュ……「婦人公論」の“トクする働き方”が女性を追い詰める!

 今月8日に安倍晋三首相の無投票再選が決まった自民党総裁選。意欲を示していたものの推薦人が集まらず、出馬を断念した野田聖子議員のインタビューから今号の「婦…

2015.09.19

続きを読む

作り置きのおかずに、帰り道のダッシュ……「婦人公論」の“トクする働き方”が女性を追い詰める!

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」9月8日号

女性のあこがれ「老後の女子会」のツライ現実? 「婦人公論」で露呈した、世代で異なるその中身

 今号の「婦人公論」(中央公論新社)の特集は「『充実老後』と『しょんぼり老後』」です。その中の「ルポ『婦人公論』愛読者グループで理想の仲間に出会って」から…

2015.09.02

続きを読む

女性のあこがれ「老後の女子会」のツライ現実? 「婦人公論」で露呈した、世代で異なるその中身

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」8月25日号

「婦人公論で」ナベツネが語った「妻の介護」は、仕事に生きた男のナルシズムと自慢のみ!

 今号の婦人公論(中央公論新社)はまず「<戦後70年の今、振り返る>女性が考える戦争」から見ていきたいと思います。今年で太平洋戦争終戦から70年。あの時代…

2015.08.10

続きを読む

「婦人公論で」ナベツネが語った「妻の介護」は、仕事に生きた男のナルシズムと自慢のみ!

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」7月28日号

香山リカ×小島慶子の「気が合わない」対談に、「婦人公論」の存在意義を見た!

 7月16日に衆議院を通過した安全保障関連法案。国会の事前承認さえあれば自衛隊を紛争地に随時派遣することを可能にする「国際平和支援法案」と、自衛隊法など1…

2015.07.23

続きを読む

香山リカ×小島慶子の「気が合わない」対談に、「婦人公論」の存在意義を見た!

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」7月14日号

夫に失望している「婦人公論」読者に届くか? 病も極貧も乗り切った、夫婦の形

 前回のレビューでお伝えした瀬戸内寂聴×山田詠美の対談、せっかくなので後編「シャンパンも恋愛も、すべては小説のために」も紹介したいと思います。他界してしま…

2015.07.02

続きを読む

夫に失望している「婦人公論」読者に届くか? 病も極貧も乗り切った、夫婦の形

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」6月23日号

「婦人公論」“夫とはやっていけない”特集は、行間にこそ真実が宿っている……

 「宇野千代×瀬戸内寂聴」、「よしもとばなな×山田詠美」……女性作家対談に時代ごとの“女の欲望”を投影させてきた「婦人公論」(中央公論新社)ですが、今回は…

2015.06.19

続きを読む

「婦人公論」“夫とはやっていけない”特集は、行間にこそ真実が宿っている……

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」6月9日号

「婦人公論」で、弱者のフリをする林真理子と説教をかます江原啓之から学ぶべきこと

 今号の「婦人公論」(中央公論新社)の特集は、「イヤと言えないときの上手な断り方」です。表紙で仁王立ちする沢口靖子は「NOと言える中高年」のイメージなので…

2015.06.05

続きを読む

「婦人公論」で、弱者のフリをする林真理子と説教をかます江原啓之から学ぶべきこと

[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」5月26日号

「婦人公論」に黒柳徹子が登場、終活・断捨離を軽やかに飛び越える死生観

 今号の「婦人公論」(中央公論新社)の特集は「病気が逃げていく食事法」です。どこを開いても健康、健康、また健康。「1日3杯のコーヒーが、子宮体がん予防に効…

2015.05.22

続きを読む

「婦人公論」に黒柳徹子が登場、終活・断捨離を軽やかに飛び越える死生観

婦人公論の記事一覧ページ。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップや劣化情報などをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!