• マンガ

孤独死まっしぐらのアラフィフ姉……「お気の毒♪」って笑ってたら、私も突然未亡人に!?

【作品名】「無縁死なんて無縁よ」(後編) 【作者】さとう智子『ご近所の悪いうわさ』

【作品紹介】母親が亡くなったのをきっかけに、姉と絶縁した私。アラフィフ独身なんて、孤独死するしか道がないし、本当にお気の毒さま……そう思ってたのに、突然私も未亡人になってしまった!

【サイゾーウーマンリコメンド】「生真面目な姉と、自由気ままな妹」というのは、“姉妹あるある”ではないでしょうか。「妹に辛酸舐めさせられてきた……」という姉の方には、まるで出血大サービスのようなハッピーエンディングが待っているので、ぜひお楽しみに!

「無縁死なんて無縁よ」(前編)/さとう智子『ご近所の悪いうわさ』

母の介護をしている独身アラフィフの姉は“負け組”! 私は幸せな老後を送るんだから~

【作品名】「無縁死なんて無縁よ」(前編) 【作者】さとう智子『ご近所の悪いうわさ』

【作品紹介】母親の介護で独身アラフィフの姉とは違い、高収入の夫と優秀な息子に恵まれた私。悠々自適で幸せな老後を夢見ていたのに、あることがきっかけでその歯車が狂いだして……!?

【サイゾーウーマンリコメンド】「ごき悪」史上でもなかなかお目にかかれないフリーダムなヒロインが登場ですよ~! この妹、眉毛が一直線につながっているという有り様なんですが、ワキや指だけでなく、眉間の毛の処理すらどうでもよくなった究極の女をご堪能ください。

「膀胱炎いじめ」(後編)/永矢洋子『ご近所の悪いうわさ』

パートでイジメに遭い、膀胱炎まで発症! 仕事中なのに尿意が限界に達して……!?

【作品名】「膀胱炎いじめ」(後編) 【作者】永矢洋子『ご近所の悪いうわさ』

【作品紹介】パート先でトイレに行かせてもらえず、ついに膀胱炎に。ある出来事がきっかけで追い詰められた私は、仕事中漏らしそうになって……!?

【サイゾーウーマンリコメンド】「『膀胱炎いじめ』ってタイトル、盛ってるでしょ?」というそこのアナタ、本編はさらに壮絶な内容になってますよ~~! 勧善懲悪なラストにスカッとすると同時に、「トイレはこまめに行こう」という教訓も得られること請け合いです。

「膀胱炎いじめ」(前編)/永矢洋子『ご近所の悪いうわさ』

パート先のおばちゃん軍団から嫌がらせ! トイレに行かせてくれないなんて正気じゃない!!

【作品名】「膀胱炎いじめ」(前編) 【作者】永矢洋子『ご近所の悪いうわさ』

【作品紹介】お菓子工場でパートをすることになった私を待ち受けていたのは、オバさんたちのひどい嫌がらせ! トイレにさえ行かせてもらえないなんてあり得ない!!

【サイゾーウーマンリコメンド】「膀胱炎いじめ」……これほどインパクト大な漫画タイトルが、いまだかつてあったでしょうか。永矢先生、一体どうやったらそんなタイトルを考えつくのか教えてくださいっ!!

「隣のイクメンくん」(後編)/宮崎明子『ご近所の悪いうわさ』

ボスママが、20代のイクメンくんに急接近! こんなお下品なママサークルぶっ潰してやるわ!!

【作品名】「隣のイクメンくん」(後編) 【作者】宮崎明子『ご近所の悪いうわさ』

【作品紹介】セレブママサークルに加入した20代のイクメンくんに、リーダーママがあの手この手で接近! 刃向かう者は仲間外れだなんて、こんな悪どいサークルぶっ潰してやる!!

【サイゾーウーマンリコメンド】後編の見どころは、やっぱりセレブママたちのキャットファイト。普段、怒りをグッと抑え込んでいるという人は、「髪の毛を引っつかんで頭突きシーン」に、カタルシスさえ覚えるはず!

「隣のイクメンくん」(前編)/宮崎明子『ご近所の悪いうわさ』

セレブママサークルに「イクメンくん」加入! 「ママたちの仁義なき戦い」勃発して……!?

【作品名】「隣のイクメンくん」(前編) 【作者】宮崎明子『ご近所の悪いうわさ』

【作品紹介】セレブが集う街に住みながらも、平凡な暮らしを送っている専業主婦の私。最近隣に引っ越してきた専業主夫の20代イクメンをめぐって、セレブママサークルで抗争勃発!?

【サイゾーウーマンリコメンド】女だらけのコミュニティに、突然イケメンが舞い込んだら……どんな戦が繰り広げられるのか、想像しただけで興奮しますよね。これぞママ版“仁義なき戦い”です!!

「義母の年金」(後編)/永矢洋子『ご家族トラブルVol.39』

義母の金を搾取しまくり介護は拒否!! 義姉さん、あなた人間の心持ってますかぁー?

【作品名】「義母の年金」(後編) 【作者】永矢洋子『ご家族トラブルVol.39』

【作品紹介】老後は面倒を見ると言って、義母に金をたかっていた義姉。ところが、骨折で義母が入院した途端、「やっぱり長男がみるべき」とポイ捨て! お義姉さん、あんたそれでも人間ですか!?

【サイゾーウーマンリコメンド】古今東西、介護と金をめぐる骨肉の争いは絶えませんね~。いやしかし、義母を実母のように気にかけ、「家族なら当たり前」と面倒を見まくる主人公には頭が下がります……。

「義母の年金」(前編) /永矢洋子『ご家族トラブルVol.39』

年金ドロボーの守銭奴! 義母の生活費10万円にたかりまくる義姉にブチ切れ寸前

【作品名】「義母の年金」(前編) 【作者】永矢洋子『ご家族トラブルVol.39』

【作品紹介】介護をたてに、義母へたかる義姉一家。しまいには私たちが義母に送った月10万円の生活費まで奪っていく始末。この年金ぼったくりの守銭奴バカタレ女!

【サイゾーウーマンリコメンド】「義母の年金」という強烈タイトルにまず仰天! 内容も年金、そして介護と、ドロドロ展開を予期させるワードがふんだんで、永矢先生の筆がノリまくってますよ~!

「幸せの領域」(後編)/綾野ゆうい『ご家族トラブルVol.16』

あの子に赤ちゃんを殺される! ボールをぶつけ、階段から突き落とす5歳女児に恐怖

【作品名】「幸せの領域」(後編) 【作者】綾野ゆうい『ご家族トラブルVol.16』

【作品紹介】妊娠がわかった私を祝福するどころか、「勝手に子どもをつくるな」「赤ちゃんなんていなくなれ」と憎しみをぶつけてくる義姉と姪。夫不在の日に、そんな姪を預かることになり……。

【サイゾーウーマンリコメンド】おっと、一気にサスペンス展開になりましたよ! 5歳女児が天使の顔から悪魔の表情に切り替わる瞬間の恐怖もさることながら、最後のコマに描かれる黒幕に正体に腰が抜けます!

「幸せの領域」(前編)/綾野ゆうい『ご家族トラブルVol.16』

「子どもを勝手につくらないで!」夫を“父親代わり”にする義姉&娘の狂った言い分

【作品名】「幸せの領域」(前編) 【作者】綾野ゆうい『ご家族トラブルVol.16』

【作品紹介】まだラブラブの新婚さんのはずなのに、毎日のように義姉に呼び出され、ぜんそく持ちの姪のため出掛けていく夫にうんざり。そんな中、私の妊娠がわかり……。

【サイゾーウーマンリコメンド】これまた、小憎たらしい義姉と姪が登場ですよ! 仲良しすぎる義実家からハブにされたうえ、「身内のことはわからないわよ。赤の他人は真衣さんだけでしょ?」「子どもを勝手につくらないでよ」の口撃! 後編に備えてイラつきポイントを貯蓄してくださいませ~。

「私は悪くない!!」(後編)/原田亜香音『ご家族トラブルVol.27』

子どもができたことがそんなに偉いの? 急に見下しはじめた隣人、今に見てろよ!

【作品名】「私は悪くない!!」(後編) 【作者】原田亜香音『ご家族トラブルVol.27』

【作品紹介】引っ越した先の安アパートで出会った、不妊症治療に励む笹本さんと、若造り主婦・吉野さん。裕福な生活を自慢するような笹本さんが嫌いだったけど、ある日吉野さんの妊娠が発覚して――。

【サイゾーウーマンリコメンド】なるほどなるほど。あっちでアノ人のうわさを吹聴、こっちでコノ人の話を吹きこむ、って中学生女子の言動そのままですよ! どう見ても主人公が問題の元凶なのに、捨て台詞を叫ぶラストカットに戦慄。

この女、私を馬鹿にしてる――許せない! 若作り女も金持ち女もザマミロ!

【作品名】「私は悪くない!!」(前編) 【作者】原田亜香音『ご家族トラブルVol.27』

【作品紹介】“安定”目当てで公務員と見合い結婚。なのに借金の肩代わりで安アパートへ引っ越すハメに。そこには、同い年なのに年齢不詳な若造り主婦とブランドづくめの金持ち主婦がいて……!?

【サイゾーウーマンリコメンド】これは、ひょっとして主人公の性格が問題アリなのでは……? と思うシーンが散見される前編です。あと、もう1つ、旦那は密かに同性愛者なのでは……? という疑問も持ってしまいました!

カルチャー>マンガの記事一覧です。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! マンガのニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 最も衝撃的だった嵐のスキャンダル
  2. 『貴族探偵』初回11.8%にフジ絶句!?
  3. 城島と国分の“好感度”格差
  4. さくらまや「別人!?」と視聴者あ然
  5. 『笑点』三平の回答がヤバイぞ
  6. 芸能界の“オワコンママタレ3人衆”
  7. デブのおばさんが吉原でソープ嬢に
  8. 芦田愛菜、入学式に謎の中年男性
  9. ダヴ洗顔は石けんよりマシ程度
  10. 『櫻子さん』の観月に「演技が古くさい」
  11. 皮膚科医が“顔ダニ恐怖症”に警鐘
  12. ビヨンセ、インスタと現実が別人レベル
  13. YUKIの見た目年齢は「20代後半」
  14. 佐々木希、結婚の意外な業界評
  15. 『フランケン~』二階堂ふみに「ウザい」の声
  16. 天海祐希、大爆死乗り越え復活
  17. 渡辺謙、「不倫謝罪会見」開かない裏側
  18. 城島謹製・ヌタウナギ燻製が好評
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 芦田愛菜、業界処世術を習得?

ジャニーズの人気記事

  1. 最も衝撃的だった嵐のスキャンダル
  2. 『貴族探偵』初回11.8%にフジ絶句!?
  3. 城島と国分の“好感度”格差
  4. 城島謹製・ヌタウナギ燻製が好評
  5. 相葉『貴族探偵』、撮り直しも苦境

カルチャーの人気記事

  1. 「GINGER」突然の“モテ特集”が迷走
  2. 高島彩「Domani」で優等生発言
  3. 山辺節子がタイ人ホストにハマったワケ
  4. 「婦人公論」保奈美の新連載がヤバイ
  5. アントニオ猪木が元愛人と結婚!

海外ゴシップの人気記事

  1. ビヨンセ、インスタと現実が別人レベル
  2. メル・B、離婚申請した夫に3Pを強要された
  3. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  4. ココ・オースティンのエロすぎるママライフ
  5. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参