タレント本という名の経典のニュース記事、情報、ゴシップまとめ|サイゾーウーマン

タレント本という名の経典の記事一覧

25件
タレント本という名の経典のカテゴリー

タレント本という名の経典に関する記事の一覧です

「タレント本という名の経典」

「かつては特別だった」普通の私――ミッツ・マングローブ本に見る、オネエを求める女の自己愛

 「特別な私」「誰とも違う私」「普通じゃない私」という優越感と、「はみ出てしまう私」「みんなと同じようにできない私」「普通になれない私」という劣等感は、常…

2015.05.06

続きを読む

「かつては特別だった」普通の私――ミッツ・マングローブ本に見る、オネエを求める女の自己愛

「タレント本という名の経典」

「自虐発言」「女嫌い」「男好みのオバちゃん演技」有働由美子アナが出世した3つの理由

 NHKの有働由美子アナウンサーが、初エッセイ『ウドウロク』(新潮社)を上梓した。冒頭を飾るのは、有働アナの代名詞「ワキ汗騒動」に関する顛末である。『あさ…

2014.11.29

続きを読む

「自虐発言」「女嫌い」「男好みのオバちゃん演技」有働由美子アナが出世した3つの理由

「タレント本という名の経典」

女ほど女の容姿を品定めする理由――藤井リナの『リナイズム』が浮き彫りにする女の残酷さ

 藤井リナといえば、一般的には“お騒がせモデル”というイメージが定着している。2008年、原付バイクが1年間で約70回の違法駐車の取り締まりを受け、罰金約…

2014.07.06

続きを読む

女ほど女の容姿を品定めする理由――藤井リナの『リナイズム』が浮き彫りにする女の残酷さ

「タレント本という名の経典」

モテ女子のテクを「コワ~イ」と一刀両断、保田圭『美ブス婚』のしたたかな上から目線

「おいしい」は「カワイイ」に勝てない。 保田圭の『美ブス婚 ~最下位娘。の婚活物語』(ワニブックス)はタイトルどおり、元モーニング娘。である保田圭の婚活成…

2014.05.17

続きを読む

モテ女子のテクを「コワ~イ」と一刀両断、保田圭『美ブス婚』のしたたかな上から目線

「タレント本という名の経典」

「ブスといじめた者への究極の復讐」“整形モンスター”ヴァニラは本当に異常なのか?

*********************************************私はもう自分のことを人間だとは思っていない。「ヴァニラ」というの…

2014.04.06

続きを読む

「ブスといじめた者への究極の復讐」“整形モンスター”ヴァニラは本当に異常なのか?

「タレント本という名の経典」

磯山さやか『ぽちゃモテ!』に隠された、女に嫌われないモテ方の極意

 タレントの石田純一は、ともかく女性を褒めることを信条にしているそうだが、褒め言葉が浮かばない時は「痩せた?」と言うそうである。「細い=美しい」という価値…

2013.11.10

続きを読む

磯山さやか『ぽちゃモテ!』に隠された、女に嫌われないモテ方の極意

「タレント本という名の経典」

小島慶子の「コミュニケーション術」から読み取る、「女に嫌われる女」像

 会話上手で上司や先輩に可愛がられ、ひっきりなしに女子会をし、SNS上での信奉者も多い――。現代、このような生活を送る女性は、コミュニケーション上手の「成…

2013.09.01

続きを読む

小島慶子の「コミュニケーション術」から読み取る、「女に嫌われる女」像

「タレント本という名の経典」

母と娘のいびつな相思相愛――「女の賞味期限切れ」を宣言した西川史子の危うさ

 女性が顔や体を利用して、恩恵を受けることを「オンナを使う」と言う。「ブサイクは生きている価値はない」「300万の指輪を貰っても何とも思わない」などと発言…

2013.07.15

続きを読む

母と娘のいびつな相思相愛――「女の賞味期限切れ」を宣言した西川史子の危うさ

「タレント本という名の経典」

自称「おっさん」の水野美紀に見る、男も女も油断させる巧妙なハニートラップ

 水野美紀よ、おまえもか。そう嘆きたくなるくらい、水野の『私の中のおっさん』(角川書店)は、お決まりのフレーズに溢れている。「この女優を体のなかであやつる…

2013.06.05

続きを読む

自称「おっさん」の水野美紀に見る、男も女も油断させる巧妙なハニートラップ

「タレント本という名の経典」

男の「下に見てもいい」欲を満たす、女子アナ・中野美奈子の“ニブさ”

 「気が利く」と言われることは、独身女性の必修科目のようなものである。男性優位の日本社会では、男の痒いところに手が届くような女性の方が、評価が高いからだ。…

2013.04.06

続きを読む

男の「下に見てもいい」欲を満たす、女子アナ・中野美奈子の“ニブさ”

「タレント本という名の経典」

壇蜜の過激なセックス観から浮かび上がる「できる中堅一般職OL」像

 グラビアなど、脱ぐ仕事を生業とする人は、果たして本当にエロいのだろうか。グラビアがオトコの欲望を満たす「仕事」である以上、「演技力」が重要なのではないか…

2013.03.10

続きを読む

壇蜜の過激なセックス観から浮かび上がる「できる中堅一般職OL」像

「タレント本という名の経典」

長谷川理恵の「自分磨き」と「スピリチュアル」から暴く、“何様”感の正体

 結婚や出産は女性の転機の1つといえるが、芸能界において、特に好感度の高くないタレントにとって、出産は絶好のイメージチェンジである。有名俳優との別離宣言後…

2013.02.24

続きを読む

長谷川理恵の「自分磨き」と「スピリチュアル」から暴く、“何様”感の正体

「タレント本という名の経典」

女優から大麻教の教祖夫人へ、益戸育江が否定した「消費される私」

 大好きだったアイドルや憧れの女優が、芸能活動を投げ出すように辞めてしまったら、どんな気持ちになるだろうか。芸能活動をしていた過去やそれを応援していたあな…

2013.02.18

続きを読む

女優から大麻教の教祖夫人へ、益戸育江が否定した「消費される私」

「タレント本という名の経典」

女優・鈴木砂羽、「男前」の称賛に隠された、男への甘えと母からの赦し

 「男前な女」「豪快な女」。近年、本来なら男性に対して使う言葉で女性を褒めることが定着しつつある。「山賊のように酒を飲み、イノシシのように恋に突き進み、時…

2013.01.29

続きを読む

女優・鈴木砂羽、「男前」の称賛に隠された、男への甘えと母からの赦し

「タレント本という名の経典」

美女ヤンキーは女子を自意識から救う――「ママ友はいらない」宣言・木下優樹菜

 藪から棒に何だが、独身のお嬢さん方にお聞きしたい。幸せになりやすいのは、どんな女性だと思うだろうか? 女優級のゴージャス美女か、貯金たっぷりのキャリアウ…

2012.12.02

続きを読む

美女ヤンキーは女子を自意識から救う――「ママ友はいらない」宣言・木下優樹菜

「タレント本という名の経典」

自称クリエイター女子赤面必至!? 蜷川実花になるためのコスプレ読本

 カメラは本当に困ったものである。そこそこいいデジカメが安く買え、iPhoneには素人写真をそれらしく加工するアプリがたくさんある時代、カメラは“自称クリ…

2012.09.29

続きを読む

自称クリエイター女子赤面必至!? 蜷川実花になるためのコスプレ読本

「タレント本という名の経典」

RIKACOのネクストステージは、ヤンチャにオーガニックを布教すること!

 RIKACOはもう「不遜」じゃなくなったのか……。 RIKACOを考える時、無粋だとは思いながらも、どうしてもそのことが頭をよぎってならない。『浅草橋ヤ…

2012.09.17

続きを読む

RIKACOのネクストステージは、ヤンチャにオーガニックを布教すること!

「タレント本という名の経典」

「お金を稼ぎたい」と公言する川越シェフにエロスと生存本能を刺激される女たち

 川越達也、40歳。代官山のレストラン「TATSUYA KAWAGOE」のオーナーであり、食品のプロデューサーやバラエティタレントとしても活躍しているシェ…

2012.08.27

続きを読む

「お金を稼ぎたい」と公言する川越シェフにエロスと生存本能を刺激される女たち

「タレント本という名の経典」

“技を技と思わせない”愛され力で、スーパー女子アナの座を射止めた高島彩

――タレント本。それは教祖というべきタレントと信者(=ファン)をつな“"経典”。その中にはどんな教えが書かれ、ファンは何に心酔していくのか。そこから、現代…

2012.05.08

続きを読む

“技を技と思わせない”愛され力で、スーパー女子アナの座を射止めた高島彩

「タレント本という名の経典」

元バッシング女王・柴田倫世が、「ママ」を味方に変えたテクニックとは?

 今回ご紹介するのは、元日本テレビアナウンサーで、現在は3児を育児中の柴田倫世が書いた『「子育て」と「ママ」の上手な関係。』(ベストセラーズ)。柴田といえ…

2012.02.27

続きを読む

元バッシング女王・柴田倫世が、「ママ」を味方に変えたテクニックとは?

「タレント本という名の経典」

セミヌードに不倫疑惑、失敗も成長に変える49歳の冨田リカ的生き方とは?

 『幸福の基準 後悔しない生き方が選んだ50の扉』(講談社)は、女性誌「STORY」(光文社)からデビューした読者モデル冨田リカ(49)のエッセイである。…

2012.01.24

続きを読む

セミヌードに不倫疑惑、失敗も成長に変える49歳の冨田リカ的生き方とは?

「タレント本という名の経典」

オッサンと女の共存......自伝から読み解く杉本彩の自己プロデュース論

 まいど、ワイや。松山基栄(まつやまもとえ)や。「誰や」て? 杉本彩の本名やがな。嘘や思たらウィキペデアで調べてみいや。「地味な本名」やて? 「男みたいな…

2011.12.25

続きを読む

オッサンと女の共存......自伝から読み解く杉本彩の自己プロデュース論

「タレント本という名の経典」

「やっぱり自分信じねぇーと」湘南乃風のがなり説法は、本当に若者の代弁か?

 もう、いまさらこんなことを言うのもこっ恥ずかしいのだが、いつの時代も若者は代弁者というもの求めている。尾崎豊しかり、村上春樹しかり、あの石原慎太郎だって…

2011.11.15

続きを読む

「やっぱり自分信じねぇーと」湘南乃風のがなり説法は、本当に若者の代弁か?

「タレント本という名の経典」

ありがちで内容がない! 道端アンジェリカの本から学ぶフツーのありがたさ

 『ANGELICA Rules』(ワニブックス)は、道端三姉妹の三女・アンジェリカのファッション&ライフスタイルブックである。道端三姉妹といえば、長女カ…

2011.10.29

続きを読む

ありがちで内容がない! 道端アンジェリカの本から学ぶフツーのありがたさ

「タレント本という名の経典」

「素敵やん教」が持ち得なかった要素を組み込み、進化し続ける"ブンシャカ教"

 記念すべき連載1回目は、これぞまさに"教典"と呼ぶのにふさわしいブンシャカ教の聖典、『KY』(神児遊助著、ワニブックス)を紹介したい。「ブンシャカ」とは…

2011.09.30

続きを読む

「素敵やん教」が持ち得なかった要素を組み込み、進化し続ける

    タレント本という名の経典の記事一覧ページ。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップや劣化情報などをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!