そうだソルティー京都、いこうのニュース記事、情報、ゴシップまとめ|サイゾーウーマン

そうだソルティー京都、いこうの記事一覧

22件
そうだソルティー京都、いこうのカテゴリー

そうだソルティー京都、いこうに関する記事の一覧です

[連載]そうだソルティー京都、行こう

京都屈指の珍スポット「時雨殿」がリニューアル! サイバー百人一首ミュージアムはいま

 京都は、世界屈指の観光地。そして女の憧れの地である。美味いもん食って、寺社を見て、お洒落して、勉強する。何でもかんでも「京都でする」のが女の憧れなのだ。…

2016.04.02

続きを読む

京都屈指の珍スポット「時雨殿」がリニューアル! サイバー百人一首ミュージアムはいま

[連載]そうだソルティー京都、行こう

竹の御殿に鎮座する「かぐや姫」人形――願いが叶うという触れ込みの京都謎スポットに潜入

 週末でもないのに観光客でごった返す京都・嵐山。派手なお土産どころがギッシリ並んでいて、「竹下通りか嵐山か」というぐらい365日いつでもお祭り状態の場所だ…

2015.12.06

続きを読む

竹の御殿に鎮座する「かぐや姫」人形――願いが叶うという触れ込みの京都謎スポットに潜入

[連載]そうだソルティー京都、行こう

京都・高雄で発見、本堂が閉まりっぱなしの謎の寺! “まんじりと見張られる”拝観体験

 2015年春、鳥獣戯画が東京にやってきた。著作権フリーなのがうれしいのか、最近注目されている鳥獣戯画がやってきたとあって、東京は大騒ぎ。入館するのに4時…

2015.08.17

続きを読む

京都・高雄で発見、本堂が閉まりっぱなしの謎の寺! “まんじりと見張られる”拝観体験

[連載]そうだソルティー京都、行こう

客を呼ばねば潰れる!? 観光激戦地・京都で見つけた、金福寺の必死すぎる“看板芸”

 相変わらず京都は人気の街である。休日となれば四条辺りは人の頭がもくもくと茂り、京都のお洒落スイーツを腹に詰め込み、脳みそには 歴史を詰め込む若い輩でごっ…

2015.07.20

続きを読む

客を呼ばねば潰れる!? 観光激戦地・京都で見つけた、金福寺の必死すぎる“看板芸”

[連載]そうだソルティー京都、行こう

本能寺跡地がとんでもないことに!! 原哲夫先生ミーツ信長な珍スポット「信長茶寮」に潜入

 街に性差がある、といったらおかしな話である。とはいえ京都が男女どちらのためにある街かといったら、たぶん女子だろうと思う。3歩歩けば可愛らしい小物の店に行…

2015.03.15

続きを読む

本能寺跡地がとんでもないことに!! 原哲夫先生ミーツ信長な珍スポット「信長茶寮」に潜入

[連載]そうだソルティー京都、行こう

「上司死ね」怨念まみれの絵馬たちに隠された、「安井金比羅宮」のおいしい所

 人間、生きて人と関わる間は、人間関係に悩むのが宿命のようだ。世の中は他人を思いやれるいい人ばかりではなく、また大事にしようと思える人ばかりでもない。その…

2014.02.08

続きを読む

「上司死ね」怨念まみれの絵馬たちに隠された、「安井金比羅宮」のおいしい所

[連載]そうだソルティー京都、行こう

『有頂天家族』で話題、京都・六道珍皇寺で味わった“犯罪者気分”の理由

 すごくわかりやすい形の「いい人」って、実は大していい人ではないものだ。自分より恵まれない人を見つけては「かわいそう~」とか「ひどーい」とか、大きな声でア…

2013.12.04

続きを読む

『有頂天家族』で話題、京都・六道珍皇寺で味わった“犯罪者気分”の理由

[連載]そうだソルティー京都、行こう

京都の知られざる名寺・千光寺を彩る、「怪しい看板」と「やり手住職」の存在

 自分だけの、静かな場所を持つというのは、都会に住む者の憧れかもしれない。喧騒から1人逃れて、自然の中で風の音や鳥の鳴き声に耳を傾けたり、人間の営みを彼方…

2013.10.30

続きを読む

京都の知られざる名寺・千光寺を彩る、「怪しい看板」と「やり手住職」の存在

[連載]そうだソルティー京都、行こう

土方歳三手書き句集、『風光る』のコピーまで販売、キナ臭すぎる「新撰組記念館」

 好きなものにつけ込まれると、人は弱い。大好きなアイドルのためならいくらでも時間を使えてしまったり、ネットで好きなアイドルと知り合えたと思って大金をはたい…

2013.07.30

続きを読む

土方歳三手書き句集、『風光る』のコピーまで販売、キナ臭すぎる「新撰組記念館」

[連載]そうだソルティー京都、行こう

あの伝統工芸が特攻隊服風に? 現代での迷走を隠しきれない西陣織会館

 この連載「ソルティー京都」の初回記事は、松尾大社だったのだが、皆さんは読んでいただけただろうか。 この神社はものすごく格式が高いのに、ご近所に「松尾さん…

2012.11.22

続きを読む

あの伝統工芸が特攻隊服風に? 現代での迷走を隠しきれない西陣織会館

[連載]そうだソルティー京都、行こう

歴女へのアピールに乏しすぎる、岩倉具視旧宅の脱・娑婆っぷり

 京都にあるとある寺……黒光りする床に、燃え立つような紅葉の赤や、初々しい新緑が映ることで有名な寺をご存知だろうか。叡山電鉄鞍馬線の岩倉駅から徒歩20分、…

2012.08.17

続きを読む

歴女へのアピールに乏しすぎる、岩倉具視旧宅の脱・娑婆っぷり

[連載]そうだソルティー京都、行こう

神秘なる宝貝守りと、ハイテンションな自己アピール看板が見どころの長健寺

 酒好きが京都に行くならば、間違いなく寄らなければいけない場所がある。伏見・中書島の一帯である。ここは宇治川派流の濠川沿いに酒蔵が並ぶ、美しい街。春になる…

2012.05.03

続きを読む

神秘なる宝貝守りと、ハイテンションな自己アピール看板が見どころの長健寺

[連載]そうだソルティー京都、行こう

悠久の時を感じる清水寺のすぐ傍で、ガチな商売っ気を出す地主神社

 京都に行ったらぜひとも足を運びたい寺社のひとつが、清水寺だろう。修学旅行のスケジュールにはまず間違いなく組み込まれ、参道には修学旅行生を魅了する土産物屋…

2012.01.22

続きを読む

悠久の時を感じる清水寺のすぐ傍で、ガチな商売っ気を出す地主神社

[連載]そうだソルティー京都、行こう

安倍晴明に憧れる女を滅多打ちにする、晴明神社の仕掛けの数々

 数年前、間違いなく日本中の女性たち(主に腐女子)を虜にした男がいた。才能にあふれ、悪を許さず冷静沈着、情に厚くてミステリアス。欠点を探すのが一苦労という…

2011.11.06

続きを読む

安倍晴明に憧れる女を滅多打ちにする、晴明神社の仕掛けの数々

[連載]そうだソルティー京都、行こう

ひばりはまだ死んでいない、と錯覚させてくれる「美空ひばり座」の魅力

 京都は、世界屈指の観光地。そして女の憧れの地である。美味いもん食って、寺社を見て、お洒落して、勉強する。何でもかんでも「京都でする」のが女の憧れなのだ。…

2011.08.06

続きを読む

ひばりはまだ死んでいない、と錯覚させてくれる「美空ひばり座」の魅力

[連載]そうだソルティー京都、行こう

二次元もアイドルもなんでも来いっ! 新選組の聖地・壬生寺の現実

 滅びゆくものを見るのは、切ない。もうすでに決定してしまい、動かすことのできない過去の歴史をのぞいてみると、そこには、じれったいほどに切ない事件や人々がた…

2011.05.31

続きを読む

二次元もアイドルもなんでも来いっ! 新選組の聖地・壬生寺の現実

[連載]そうだソルティー京都、行こう

「名前負け」「説明不足」、高濃度なソルティースポット・平安神宮を歩いた

 言葉には意味があり、その意味にまつわるイメージがある。例えば、大学受験の予備校には、早稲田××とか慶應○○という学校がいっぱいある。有名大学にあやかって…

2011.04.28

続きを読む

「名前負け」「説明不足」、高濃度なソルティースポット・平安神宮を歩いた

[連載]そうだソルティー京都、行こう

まさにソルティーの見本! 百人一首の施設「時雨殿」の不思議ゲームの数々

 「しょっぱい場所」としてやはり秀逸なのは、第三セクターが運営するアミューズメント施設である。これに関しては京都に限らず、旅先にあれば必ず顔を出すことにし…

2011.03.21

続きを読む

まさにソルティーの見本! 百人一首の施設「時雨殿」の不思議ゲームの数々

[連載]そうだソルティー京都、行こう

もう許してやってくれ! 裏切った男への怨念がいまだ続く「祇王寺」

 古来から日本人の価値観に寄り添って来たのが「切ない」という感情。この「切ない」お話で涙を誘うのが、平家物語に登場する、祇王の物語である。 時の傲慢支配者…

2011.02.08

続きを読む

もう許してやってくれ! 裏切った男への怨念がいまだ続く「祇王寺」

[連載]そうだソルティー京都、行こう

"残念な感じ"が積み重なり、楽しみ方が複雑な「源氏物語ミュージアム」

 源氏物語は、女流文学の最高傑作だと思う。小さい頃読んだ「まんが日本史」には、「光源氏というイケメンの話で、この物語は宮中の女をメロメロにさせた」と描いて…

2011.01.06

続きを読む

[連載]そうだソルティー京都、行こう。

細く山道を通り、着いた先は......どこまでも期待を裏切る松尾大社有料ゾーン

 さて前回、松尾大社がいかにランクの高い、由緒ある神社なのかをご紹介した。そしてそんな威厳ある神社がいかにソルティーであるかも。「ものすごく学業優秀なんだ…

2010.11.24

続きを読む

細く山道を通り、着いた先は......どこまでも期待を裏切る松尾大社有料ゾーン

[連載]そうだソルティー京都、行こう

バタ臭い人形に、実力行使の占い......歴史ある神社がおかしな方向に!

 京都は、世界屈指の観光地。そして女の憧れの地である。美味いもん食って、寺社を見て、お洒落して、勉強する。何でもかんでも「京都でする」のが女の憧れなのだ。…

2010.11.23

続きを読む

バタ臭い人形に、実力行使の占い......歴史ある神社がおかしな方向に!

    そうだソルティー京都、いこうの記事一覧ページ。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップや劣化情報などをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!