[ジャニーズ最新言行録]

ジャニーズWEST・重岡大毅、「サプライズ」にメンバー無反応で傷心!? 「驚かしたかったのに」

sigeoka-west
6カ月も寝かして聞くようなこと!?

 ジャニーズWESTのメンバーがパーソナリティーを務めるラジオ『bayじゃないか』(bayfM)。6月23日深夜の放送は、重岡大毅と半年ぶりに登場した中間淳太がパーソナリティーを担当。5月20日に北海道でツアーファイナルを終えた『ジャニーズWEST LIVE TOUR 2018 WESTival』の 感想について語った。

「あらためて、どんなツアーでしたか?」と切り出した重岡に、中間は「挑戦やったやん、テーマが。のんちゃん(小瀧望)が、今回やりたいこといっぱいあったから。基本的なメインの構成は任せたから、自分的には新鮮やったけどね」と、今まで中心になって構成していた立場から、サポートに回ったことで、新しい発見があったという。

 構成担当を譲ったことについても「すんなりいったの? 小瀧が『やりたい!』って言ったときに」と重岡が聞くと、「のんちゃんの方がやりたいこといっぱいあったし。挑戦したいって気持ちがすごい強かったから。やっぱさ、最年少がそんだけ考えてくれるって、いいことやんか。それ、やっぱり見てみたいし」と、グループ最年長として末っ子の成長ぶりを素直に喜んでいたようだ。

 また「めちゃくちゃ考えてたよ。『年下やけど、ちゃんと考えてやらな、あかんねんな』みたいなことを考えてたんじゃないかな」と中間が言うと「最近、お仕事いっぱいやって意識が変わった感じがするよな」と、重岡も小瀧の変化を感じ取っていたようであった。

 一方、今ツアーでは桐山照史が三味線、重岡がピアノを担当したユニット曲「乗り越しラブストーリー」が披露され、ファンの間で話題を呼んだ。重岡のピアノについて、中間が「あれ良かったよ! 公演が進むにつれて会場の雰囲気も良くなっていってさ」と称賛すると、重岡は「12月の末くらいのリハーサルでバーンって弾いたやんか。どう思った?」と質問。 

というのも、ピアノを弾けるようになったことを「ちょっとサプライズで驚かしたかったのに」、メンバーからなんのリアクションもなかったことが気になっていたと明かし、中間が「『すげぇ!』って思った。『めっちゃ弾けるんや!』って」「すげぇって言ってたよ! 濱(濵田崇裕)ちゃんとか神(神山智洋)ちゃんも」と、メンバーの様子を報告。本人に感想を告げなかったのは、「クールぶってたのかな(笑)」と推測し、2人で爆笑したのだった。

 さらに重岡が手がけた同楽曲の歌詞についても、中間は「泣けるわコレって。もういっつもBメロで毎回泣いてた。しんどかったんやろな、その時期」と感想を語り、「うれしいわぁ」と重岡も喜んでいたのだった。

 ユニット曲「乗り越しラブストーリー」は、重岡いわく「その日その日で演出を変えた」とのことで、ファンは「毎回変えていたのかぁ。あぁ全公演みたいなぁ」と、早くもツアーDVDの発売を心待ちにしているようだ。
(華山いの)

重岡は根に持つタイプ……っと

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

ジャニーズWEST・重岡大毅、「サプライズ」にメンバー無反応で傷心!? 「驚かしたかったのに」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズジャニーズWEST重岡大毅のニュースならサイゾーウーマンへ!