次週は見どころある展開を期待!

開始4分でオチがわかる? 『正義のセ』“ひねりゼロ”展開に「芸なさすぎ」とツッコミ続出

180601_seigihati_1
『正義のセ』(日本テレビ系)公式サイトより

 6月6日夜10時から第9話が放送される、吉高由里子主演の『正義のセ』(日本テレビ系)。視聴率は初回11.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)、第2話9.9%、第3話10.3%、第4話9.4%、第5話9.1%、第6話10.5%、第7話9.0%、第8話9.4%と安定している。

 同ドラマの主人公・竹村凜々子(吉高)は、横浜地方検察庁港南支部で働く2年目の検事。不器用だが何ごとにも一生懸命な凜々子はさまざまな事件と向き合い、解決へ導こうと奮闘していく。港南支部には支部長の梅宮(寺脇康文)をはじめ、クールな先輩検事の大塚(三浦翔平)、徳永(塚地武雅)、そして凜々子とバディを組むことになった担当事務官の相原(安田顕)などが在籍している。

 第8話で凜々子は、ひき逃げ事件を担当。被疑者は芸能マネジャーの斎藤茂典(正名僕蔵)で、人気俳優の光岡駿太(桐山漣)を自宅に送り届ける道中に事件を起こしたという。斎藤は自分の過失を認めたものの、「人をはねた記憶はない」と主張。被害者にケガをさせた認識があるかないかで起訴判断が大きく違ってくるため、凜々子は相原とともに詳しく調査を始めることに。

 そんな中、被害者・横山茜(浦まゆ)の証言から、斎藤の車は事故を起こした後に一度停止していたことが判明。凜々子が証拠と共に問い詰めると、斎藤は「ウソをついていました」と、あっさり認めた。しかしその後、今度は事故が起こった時間帯に、斎藤が別の場所で目撃されていたことがわかる。さらに、事故当時、光岡が車を運転していたという目撃情報も掴み、斎藤は光岡をかばって出頭したことが明らかになったのだった。

「オチにひねりがないと言われている同ドラマですが、今回は特にそれが顕著でした。ネット上ではなんと放送開始4分で、『身代わり出頭だな』『替え玉か』といった声が続出。そして話が進むにつれ、『まさか本当に身代わりなんてオチじゃないよね?』『さすがにこのまま替え玉だったら芸がなさすぎる』といった声が上がる中、案の定“身代わり出頭オチ”で幕を閉じることに。視聴者からは『結局、開始数分で予想された通りなんかい!』『この脚本書いたの誰だよ』とツッコミが続出しています」(芸能ライター)

 第9話では、凜々子が過去に担当した痴漢事件の真犯人が逮捕され、「冤罪」だったことが発覚する。凜々子が起訴した被疑者・村井直陽(東幹久)は、取り調べでも素直に容疑を認めていたため、確信を持って起訴に踏み切っていた案件だった。

 「絶対に冤罪だけは出さない」と、心に決めていた凜々子は元気を失い、港南支部の面々や家族から慰められることに。しかし、マスコミから追われるようになったことで事態の重さに気づいた凜々子は、このまま検事を続けていいのか思い悩んでしまう。

「第9話はいつもの展開と異なり、凜々子が検事という職業と向き合うことになるようです。今のご時世は冤罪について特に厳しいため、冤罪を出した検事・凜々子に対して視聴者がどう感じるのか難しいところ。かなり荒れる回になるかもしれません」(同)

 急展開を迎える『正義のセ』。次回は絶対に見逃せない。

この展開なら30分ドラマで十分!

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

開始4分でオチがわかる? 『正義のセ』“ひねりゼロ”展開に「芸なさすぎ」とツッコミ続出のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性芸能人芸能ウラ情報視聴率のニュースならサイゾーウーマンへ!