[ジャニーズ最新言行録]

KinKi Kids・堂本剛、ムロツヨシとの秘話明かす! 「抱けたかも知れない」と豪語

kinkiparty_dotsuyo
仲良さそうでよかったッス!

 KinKi Kidsがパーソナリティを務めるラジオ番組『KinKi Kidsどんなもんヤ!』(文化放送)が21日深夜に放送され、堂本剛が仲の良いことで知られている俳優・ムロツヨシについて語った。

 この日はオープニングにリスナーから寄せられたメッセージを早速紹介。先日TOKIOの番組にムロが出演したそうで、ジャニーズメンバーとの交流についても言及していたという。その中で剛の名前も挙がったと言い、ムロは、「(剛を)一回抱けたかも知れない」と話していたとつづられていた。また、「行きつけのおそば屋さんに一緒に行ったりしたそうですが、剛さんの方からムロさんに何かコメントありますか?」と質問も寄せられており、剛はムロについて「僕は“カタカナ”って呼んでるんですよ」とコメント。対して、ムロは剛のことを“漢字”と呼んでいるという。名前が同じため、「剛」と「ツヨシ」でややこしくなるから、とその理由を説明していた。

 ムロの人柄について剛は「とても優しい人です」と評価。剛が昨年、突発性難聴のために入院していた際にも親身になって連絡をくれたという。また、入院の際に剛はアレルギー検査を受け、その結果エビの項目の数値が高くなっていることが判明。それをムロに伝えたところ、ムロも人間ドッグでアレルギー検査を受けたといい、そこで唯一判明したアレルギーが「インゲンマメ」だったという。

 さらに、剛はムロが喉の手術を受けたとき、笑わせて元気づけようと思い、「本日の執刀医の堂本です。僕はメスを使うタイプの医師ではありませんが、絶対に成功させましょう」とつづったメッセージを送ったというエピソードも明かした。また、手術後にも出ないだろうと思いつつ電話を掛けたところ意外にも出たといい、「お疲れさまです! 喉の調子はどうですか? 執刀医の堂本です」などと話しかけたところ、電話の向こうからスマホの操作音が聞こえたといい、「いや、俺いましゃべれないのわかってるよね?」とメールが来たことなども話した。剛はそれに「ああ、そうか。しゃべれないよね。ごめんごめん、また連絡します」と返し、また次の日にも電話を掛け、「どう調子?」と話したという。剛はムロがしゃべらないだろうという想定で話していたというが、ムロは喉を使わずに音を出し、コミュニケーションを図ろうとしてきたことも明かした。

 剛はこの一連のやり取りに「独特の励まし方をした」と誇らしげに語り、「俺も逆に言えば抱けたかも知れないよね、カタカナは」とコメント。「抱ける隙は結構あったよ。でも男だからそこはぐっとこらえて、男気を見せました」とリスナーの笑いを誘っていた。
(福田マリ)

サービストーク、あざっす!

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

KinKi Kids・堂本剛、ムロツヨシとの秘話明かす! 「抱けたかも知れない」と豪語のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! KinKi Kidsジャニーズ堂本剛のニュースならサイゾーウーマンへ!