【連載】オンナ万引きGメン日誌

勤務中にラブホへ行ったバツイチヤンママ保安員! 「変わった人が多い」万引きGメンの素顔

manbikigmen04
Photo by Tzuhsun Hsu from Flivkr(この写真はイメージです)

 みなさん、こんにちは。万引きGメンの智美です。おかげさまで、このシリーズも4回目を迎えることができました。どれだけ楽しんでもらえているのかわかりませんが、今回も万引きGメンにまつわるディープな話を書いてみましたので、ご興味あったらお付き合いください。

<オンナ万引きGメン日誌バックナンバー>
初日からカップ酒ドロボー捕捉! 保安員のセンスがあるのは20人に1人?
中年男性が盗った――! 恐怖と興奮に震えた“初現場の思い出”
保安員になって早10年の私、「万引きGメンのなり方」教えます!

 この業界に入って10年目となる私は、現場や研修会などで、凄腕の先輩からどうしようもないほどにダメな新人さんまで、たくさんの人たちと接してきました。お給料は決してよくないのですが、強い正義感や興味本位から保安員(万引きGメン)を目指す人は意外と多いのです。今回は、中でも強烈なGメンたちについて、お話していきたいと思います。

 私たちの仕事は目立ってはいけない立場にある上、逃走された場合に対応できないことから、勤務時にスカートやハイヒール、サンダルなどを着用することはありません。ジーンズにスニーカーというカジュアルなスタイルで現場に入るのが基本で、派手な色や覚えられやすい番号のついたモノは極力身につけず、なるべく記憶に残らないような服装で現場に入るのです。

 にもかからず、水商売風の派手なメイクを施し、胸元が大きく開いた服にミニスカート、さらには真っ赤なハイヒールという格好で現場に入るバツイチのヤンママGメンがいました。もちろん上司からも注意を受けていましたが、まるで聞く耳を持ちません。万引き犯を捕まえる意欲もなく、会社の指示にも従わないのに、なぜ解雇されないのだろう。そう不思議に思っていたところ、現場デビュー直後から、クライアントの部長さんと深い関係になっていたことが判明しました。お相手の部長さんが、大きな契約先の有力者であったため、上司も厳しい対応を取れずにいたのです。

 ひとつも実績のないまま、下半身の力で指名を得た彼女は、部長のスケジュールに合わせたシフトで出勤するようになりました。出勤するといっても、仕事はしません。入店手続きを済ませると、本業である巡回はそっちのけで部長と合流して、店舗並びのラブホテルに入る。そんな日々を過ごしながら、お給料を得ていたのです。さらには会社が黙認しているような状況につけこみ、契約が保てているのは私のおかげだと、賃上げ要求までしてきたと聞きました。あまりの厚かましさに辟易としたことを覚えています。

 2人の蜜月は、少し意外な形で終焉を迎えました。勤務時間中、ラブホテルに入るところを、抜き打ち視察にきた役員さんに目撃されてしまったのです。事務所に呼び出されて事情を聞かれた2人は「休憩時間中だから問題ない」と、苦しい弁解を繰り返したそうですが、あえなく部長さんは懲戒解雇。それに合わせてヤンママGメンも退職していきました。その後、あろうことか部長さん相手にセクハラ訴訟を起こした彼女は、数百万円の慰謝料をせしめたそうです。その話を聞いた時には、一体何のために入社してきたのだろうと、とても嫌な気分になりました。

伝説のステルスおばあちゃんよ永遠に!

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

勤務中にラブホへ行ったバツイチヤンママ保安員! 「変わった人が多い」万引きGメンの素顔のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! コラムのニュースならサイゾーウーマンへ!