どうやって暮らしてる?

「月収・小遣いレベル」でもタレント気分!? 自称・フリー声優の“ギャラ事情”を暴露

hayashi250
林原めぐみ『14thアルバム Fifty~Fifty』(キングレコード)

 頂点を極めれば、年収1億円もあり得る「声優」という仕事。しかし、そこまで到達できる確率は、宝くじに当たるよりも低い。

 声優になりたいと思った若者が、最初に扉をたたくのは声優事務所の運営する養成所か、専門学校。オーディションを通過しての入所、金を払って入学の違いはあれど、当然ながら“一流”となるには大きなハードルがある。多くはここでアニメのチョイ役に出演することすら容易ではない現実を知ってフェードアウトしていくが、しかし、才能も実力もないまま、未練タラタラに“声優業界”に居残る者も。そうした男女が流れ着く先が“フリー声優”と呼ばれるポジションだ。

 フリー声優とは、その名の通り「フリーランスの声優」を指す。正規の声優事務所に所属することなく、自身で仕事を請け負い、声優活動をしているわけだが……。

「正直、事務所に所属していない時点で“論外”と言わざるを得ません。フリーと言えば聞こえはいいですが、ようは事務所に所属し続けられないほどヘタなのに、声優を名乗っているわけですよ。事務所に所属していないということは、その声優のレベルを推し量るための、協同組合日本俳優連合(以下、日俳連)によるギャランティーランクもないということ。とても、まともな仕事を振れません」(アニメ製作会社社員)

 三石琴乃や林原めぐみのように、ベテランの声優が、事務所から独立してフリーとなることは当然あるが、ただこれは、一般芸能人と同じく実力と人脈を持った上でのこと。単に自称して、名刺に「声優」と書いても、実力も実績もなければ仕事が来るはずがない。そうした人々は、どうやって収入を得ているのか。

「自称」ほどダサいものはないわよ

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

「月収・小遣いレベル」でもタレント気分!? 自称・フリー声優の“ギャラ事情”を暴露のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 声優女性タレント芸能ウラ事情のニュースならサイゾーウーマンへ!