今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

“キレイになった” 小保方晴子に世間の反応がいまいち薄いワケ

obokatanikki1
『小保方晴子日記』(中央公論新社)

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎再生可能
 木の芽どきを過ぎると、いろんなのが出てくるわけで。新・小保方晴子。このたび2年間書き溜めていたという日記を上梓。それに合わせて、久々に近影を公開。

 画像加工の精度が上がったのか、それとも本当にSTAP細胞が実在したのか。「前より別人レベルでキレイになった」と話題に。

 で、本人の目的も、本を通じて何かを主張したいというよりは、宣伝のために撮ったこの写真を世に見せる方を重視しているような。「みんなー、お待たせ~! 晴子、もっとキレイになって戻ってきたよー。見て~、もっと私を見て~!」の印象しか……。

 結局、すべては「『私を見て』という病」ゆえのこと。前回の「手記発表」にはあんなに拒否反応を示した世間が、今回はさほど。病を憎んで人を憎まずということなのか。違いますね。常識が通用しない人間に、いくら苦言を呈しても無駄ってことが、みんなで指さし確認できたってことですね。国民で心ひとつに「ダメだこりゃ」。

 安倍昭恵と小保方晴子は、どっちの方が病が重いんでしょうか。これからも抜きつ抜かれつ競り合って行ってくれ。我々国民から遠く離れたところで。

◎負の連鎖?
 菊池桃子、ストーカー被害に。タクシー内ですんごく感じがよかったんだろうな、きっと。外で態度が悪いと評判の有名人たちが、これを機に「ストーカー対策の一環なもんで」って言い訳しそうなのが気になる。いや、もっと気になるのは、菊池が池袋在住だったってこと。意外だ。割と近所じゃねえか。どこらへんだろ。ちょっと調べて……。有名人って大変ですね。

◎第二の人生
 ビートたけし独立騒動で大騒ぎの中、ひっそりと通り過ぎ忘れられた、西内まりや事務所契約終了情報。芸能界は引退しないというが、仕事がほぼゼロになることは想像に難くない。しかしまあ、年に1回大仕事があればいいじゃあないか。大みそかの『ダウンウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)。蝶野でなく西内が登場した瞬間、全員アウト必至は間違いない。出オチ感満載だが、直後に月亭方正の顔が歪むほどの大ビンタ炸裂で、再び全員アウト。

 1年に一度だけでも、輝ける場が用意されている。それだけで、たけし軍団より十分幸せじゃあないか。頑張っていい仕事しろよ。勝手に出演と決めつけているわけだが。

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

“キレイになった” 小保方晴子に世間の反応がいまいち薄いワケのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 週刊ヒトコト斬りのニュースならサイゾーウーマンへ!