【うわさの現場から】

「ジャニーズ時代とは全然違う」元SMAP、『パラ駅伝』でマスコミ陣を驚かせた“神対応”

 

#雨あがりのステップ #パラ駅伝2018 #新しい地図 #香取慎吾 #草彅剛 #稲垣吾郎

香取慎吾さん(@katorishingo_official)がシェアした投稿 –

 昨年9月にジャニーズ事務所を退社してから、ウェブを中心に何かと露出の多い元SMAP・稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾。そんな3人が3月4日、駒沢公園で開かれた『パラ駅伝 in TOKYO 2018』に登場し、来場者やマスコミ陣を驚かせる“対応”を見せていたという。

 3人と『パラ駅伝』といえば、SMAP解散前、2015年11月の発足会見にメンバー全員で登壇し、同12月、第1回目となる同駅伝にも5人で姿を見せ、「世界に一つだけの花」を歌唱。その後、ジャニーズ事務所を退社した3人は、17年11月に日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)のスペシャルサポーターに就任している。

「今回の『パラ駅伝』には、稲垣ら3人のほか、YouTuberや吉本芸人が登場したのですが、なんと、観客が客席からタレントたちの写真を“撮り放題”という異例のお達しがありました。さらに公式から、『SNSで「#パラ駅伝2018」をつけて、写真を拡散して』とアナウンスまであり、即座にみんなアップしていたようです。『ジャニーズ時代には考えられない試み』と、マスコミ関係者は驚いていました。そもそもジャニーズ以外の事務所のタレントでも、“観客が長時間撮り放題”というのは、まずあり得ません。映画などの舞台挨拶で『10秒間だけ撮影OK』といったケースがたまにあるくらい。SNSでバズらせて、3人のネットでの認知度を上げつつ、大会の告知につなげた形ですね」(週刊誌記者)

 3人の頑張りの甲斐もあってか、今回の『パラ駅伝』は大盛況だったようだ。

「『パラ駅伝』は3回目ですが、過去最高の1万7,100人が会場に訪れたとアナウンスがありました。SMAPが集結した1回目の来場者数は、1万4,200人と公式発表されているので、約3,000人多く集客したことになります」(同)

 さらに、3人では初となる囲み取材にも応じるサービスの良さで、マスコミ陣も喜んでいたという。

「元SMAP退所組は、テレビでなかなか取り上げにくいといった事情が民放各局にはあるようですが、この囲み取材には数社来ていました。マスコミ関係者からは、『5人のときとは違う?』など、SMAP時代を回顧させるような質問も出て、3人は、それとなく名前を出さないように話している感じ。あと、印象的だったのは、『現在の活動が楽しい?』との質問に、香取が『楽しいですし、常に必死ですよ……必死ですよ。楽しいだけではないです。一生懸命です。この一生懸命さからすると、こんなに集まってくださって』と答えたこと。50人くらいいた記者にお礼をしており、その丁寧な対応に驚いてしまったほどです」(同)

 また、会場には、3人がこの日、新曲「雨あがりのステップ」を初披露したこともあってか、所属するCULEN代表の飯島三智氏が姿を見せ、囲み取材の後にも記者たちに対応。「『5時間以上にわたっての取材をありがとうございます』などと、記者たちにそのお礼を言ったり、記者から名刺を受け取ったりしていました」という。

 その際、「写真を撮っていたカメラマンを見つけると、寄っていって『自分の写真はNG』と、やんわりした口調で伝えていましたね」(同)と、あいかわらずの存在感も見せていたとか。

 『パラ駅伝』の来場者数で結果を出した3人。4月にはオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』も公開を控えるなど、まだまだ精力的な活動を見せることになりそうだ。

腰は低いけど舐めさせない、それが飯島女史よ

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「ジャニーズ時代とは全然違う」元SMAP、『パラ駅伝』でマスコミ陣を驚かせた“神対応”のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! SMAPジャニーズ元ジャニーズのニュースならサイゾーウーマンへ!