[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

山田涼介主演『もみ消して冬』の大どんでん返しが話題! 兄弟愛からのクズオチに「感動返して」

1802_momikeshi_1
『もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~』(日本テレビ系)公式サイトより

 2月17日夜10時から第6話が放送される、Hey!Say!JUMP・山田涼介主演の土曜ドラマ『もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~』(日本テレビ系)。視聴率は初回13.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、第2話11.1%、第3話11.1%、第4話11.0%と好調を維持していたが、第5話は7.1%と急降下。

 同ドラマは、私立中学校の学園長である父・北沢泰蔵(中村梅雀)と、その長男で医者の博文(小澤征悦)、長女で弁護士の知晶(波留)、次男で警察官の秀作(山田)たちエリート一家によるコメディホームドラマ。家族の誰かが起こしてしまった不祥事を、世間に漏らすことなく内密に解決していくという1話完結ストーリーとなっている。

 第5話では、秀作が好意を寄せる後輩警察官・里子(恒松祐里)と博文の仲が急接近。里子と結婚する気でいる博文に、意を決して「里子のことを前から好きだった」と打ち明ける秀作だが、「争うだけ無駄」と軽くあしらわれてしまう。これまで、兄にやられっぱなしの人生を送ってきた秀作は、今回こそは博文へ反撃することを決意。

 強気な発言をしたものの、博文に、里子とのクルーズデートの約束まで取り付けられてしまった秀作。しかし、知晶に「今からでも強引に里子を奪い返しに行け」と強く言われ、クルーザーの出る港へ向かうことに。すると、そこには里子だけがおり、博文の姿は見当たらない。なんと博文は、里子へのアプローチを躊躇している秀作の背中を押そうと、あえて里子にちょっかいを出していたというのだ。博文からの電話で真相を知った秀作は感動し、心から兄に感謝をする。

「しかし、博文が語った真相は嘘だったと後に発覚します。実は博文は里子とデートの約束後に、より好みの女性を見つけたため、秀作に恩を売る形で里子を譲っていたのです。これにはネット上で、『途中まで感動してたのにまさかのオチ!』『お兄ちゃんの優しさに感動していたところでこれかよ。クズすぎて笑った』『私の感動返してほしい』『兄はやっぱりとんでもないクズだったな』といった声が続出し、視聴者は途中まですっかり騙されていたようです」(芸能ライター)

 第6話では、何者かに睡眠薬を飲まされた泰蔵が、病院に運ばれてしまう。バレンタインデーの日に、どうやら泰蔵は睡眠薬入りのチョコレートを食べてしまったよう。北沢家一同は、その夜に泰蔵が開いていた大学時代の社交ダンス部の同窓会が怪しいとにらみ、出席者の中に犯人がいると断定。

 秀作は、知晶と博文と一緒に、泰蔵にチョコレートをあげた5人の女性を取り調べすることになったが、その中には、明らかに犯人のオーラを放っているこずえ(山村紅葉)の姿が。だが、5人の女性の中で唯一泰蔵との交際経験がないこずえからは、犯行につながる動機が見つからない。犯人がわからず焦った秀作たちは、本格的に犯人探しをすることに。

「泰蔵のもらっていたチョコレートからは、死に至るほどの薬物も検出され、第6話はいつになく重い事件になる様子です。しかし同時に、秀作と里子との恋愛模様なども並行して進んでいくらしく、笑える要素もふんだんにあるかもしれません」(同)

 ついに起こった大きな事件を、果たして秀作は、どのように“もみ消して”いくのだろうか。注目の展開になりそうだ。

さすが征悦、滝クリをゲットした男だわ

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

山田涼介主演『もみ消して冬』の大どんでん返しが話題! 兄弟愛からのクズオチに「感動返して」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ山田涼介視聴率のニュースならサイゾーウーマンへ!