【ジャニーズ研究会レポート】

V6のマネジャーは「エッチなアニメ好き」!? タキツバ・JUMPも担当した“ライス”の正体とは

三宅健
ライス、だいぶ変な人っぽいな……?

 ファンにもあまり知られていない、ジャニーズのマネジャー事情。アイドルたちが仕事に行くため、マネジャーの車が迎えに来たり、グループによってはクリスマスパーティーで一緒にプレゼント交換会をすることもあり、その関係性はさまざまなようだ。そんなマネジャー事情について、V6三宅健がパーソナリティを務めるラジオ『三宅健のラヂオ』(2月5日深夜放送、bayFM)にて語った。

 現在、V6のを担当しているマネジャーは、“ライスフィールドビレッジ”こと「ライス」と呼ばれる男性で、ラジオでは三宅自らライスにインタビューをし、その生態を明らかにすることに。ライスは現在28歳で、マネジャー歴は6年。過去にタッキー&翼・滝沢秀明とHey!Say!JUMPを担当したことがあるという。しかも、滝沢を担当していた時期は三宅が舞台『滝沢歌舞伎』に出演しており、さらにJUMPを担当していた時期は、V6とJUMPが合同で『24時間テレビ』(日本テレビ系)のパーソナリティを務めていたとのことで、もともとライスと三宅には縁があったようだ。

 「なんで、マネジャーになっちゃったの?」と三宅が聞くと、「もともと、ある劇場で働いてたんですよ」とアルバイト経験を明かしたライス。正社員の仕事を探そうとしたとき、たまたまジャニーズ事務所の求人が目に入ったらしく、「若いうちから、そういう風につらいのやっておいたほうが良いんじゃないか」と思い、マネジャーを志したそう。「つらいってわかって来たんだ?」と三宅がさらにつっこむと、「もうだって、みなさんが仕事してる風景見てますもん」とのことで、ライスが働いていた劇場では、ジャニーズアイドルが出演する公演が度々行われていたようだ。

 ライスはV6のマネジャーになってからまだ日が浅いようで、三宅はなんとかプライベートなことを聞き出そうと、彼を質問攻めに。ライスがアニメやマンガが好きなことを知ると、三宅は「エッチなやつ?」「エッチなマンガってどんなマンガ?」と、深夜ならではのキワどい質問を容赦なくライスに投げかける。ライスから“最近のアニメ”事情を説明されるも、「全然わからない……知らない世界だなあ」と三宅。すかさずライスが「知らなくていいと思います」と返しており、マネジャーらしさを見せていた。そんな話の流れから、三宅が「そっち(アニメ)の声優の方でいこうか」とひとこと。するとライスも「声優いいんじゃないですか~!」とノリノリで、何気ない話から新しい仕事が決定しそうな気配であった。

 三宅のラジオでは、毎回番組進行のためにマネジャーが登場している。ラジオに欠かせない存在になっているため、マネジャーの人となりを知ることは、番組を楽しむことにつながりそうだ。

健くんは中学生なの?

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

V6のマネジャーは「エッチなアニメ好き」!? タキツバ・JUMPも担当した“ライス”の正体とはのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ三宅健のニュースならサイゾーウーマンへ!