その他
【ジャニーズ研究会レポート】

ジャニーズWEST濱田&藤井、『卒業バカメンタリー』での役作りについて語る!

濱田崇裕
むしろ、“役作ってない”ってこと!?

 ジャニーズWESTがパーソナリティーを務めるラジオ『bayじゃないか』(bayFM)。2月3日深夜放送回は、濱田崇裕と藤井流星がパーソナリティーを担当。この2人といえば、現在放送中のドラマ『卒業バカメンタリー』(日本テレビ系)でW主演を務めている、“バカメンコンビ”でもある。ということで今回は、ドラマについて2人がたっぷりと語る放送回となった。

 『卒業バカメンタリー』は、超エリートなのにイケてない大学生4人が“童貞”を卒業するまでの過程をドキュメンタリータッチで描いた、一風変わった内容の深夜ドラマ。主題歌にはジャニーズWESTが歌う楽曲「ドラゴンドッグ」が使用されている。このタイトルは、“勝ち組”などの意味を持つ言葉「トップドッグ」のさらに上を行く、という意味が込められた造語なのだとか。この楽曲について、濱田は「『やったろかい!』っていう気持ちがめちゃめちゃ伝わる曲なんですよ。やる気がない人とかは、この曲を聞くとやる気が確実に出る」と解説していた。

 肝心のドラマについては、藤井が「濱ちゃんは役作りした?」と尋ねたことから、それぞれの役作りについてのトークがスタート。濱田は、演じる役が喜怒哀楽をどう表すのかを考え、「ボクは鏡に向かって、いろんな表情をしてみた」と具体的な方法を明かした。それに対し「すっごい細かいとこまで設定考えてるよね」と、濱田の役作りに感心する藤井。なんでも、「靴を履くときは右から」など登場人物の細かな設定を考え、それを実行しているのだそう。

 また濱田演じるマオは、スイッチが入ると暴走し、“クレイジーマオ”になるという変わった一面を持っており、その役作りは特に難しかったそう。「その瞬間の自分を、クレイジーだと思わないようにするのが一番クレイジーやと思った」と語っており、考えすぎた結果、濱田はシンプルな答えに行き着いたようだ。普段はオーバーリアクションだという濱田だが、マオを演じる際には喜怒哀楽をなるべく見せず、なにが起こっても冷静な反応を示すことで、逆にクレイジーさを出すとも語っていた。

 昨年、同ラジオで『卒業バカメンタリー』の出演を報告した藤井は、その際に「役作りのため、イケてないファッションを研究する」と発言。役柄に合わせてちょっとダサい服を購入し、普段からその洋服を着て生活していたことを告白していた。ドラマ打ち合わせの際もその服装で行き、スタッフに「めっちゃガク(藤井の役名)になってきてる!」と褒められたとか。それぞれ役作りには苦労しつつも、楽しく撮影をしている様子がうかがえた。

 今後は『卒業バカメンタリー』本編の展開だけでなく、ラジオで語られる裏話にも注目していきたい。

オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

ジャニーズWEST濱田&藤井、『卒業バカメンタリー』での役作りについて語る!のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズジャニーズWESTのニュースならサイゾーウーマンへ!