事故るやつが出るまでがワンセット

「アイス・バケツ・チャレンジ」の次は、セレブに「トウガラシ・チャレンジ」が流行の兆し

スクリーンショット 2018-02-05 11.47.48
インスタグラムより

 歌手のケリー・クラークソンが「トウガラシ・チャレンジ」に挑戦。ハバネロを生でかじり、辛さに苦しむ動画が話題を集めている。筋萎縮性側策硬化症(ALS)の研究支援を呼びかけるこの「トウガラシ・チャレンジ」だが、前回の「アイス・バケツ・チャレンジ」同様に「意義がある行為」「見ていてつらい」と賛否両論を集めている。

 ケリーは、国民的オーディション番組『アメリカン・アイドル』の初代チャンピオンとして2002年に歌手デビューした。記録的なヒットを次々と飛ばし、12年のスーパーボウルでは国歌斉唱を行うなど、実力派歌手として絶大なる人気を集めている。

 高校時代に過食症だったと公にしているケリーは、もともとぽっちゃり体質で、二度の出産を経て体重が激増。しかし現在の本人はありのままの自分に満足しているようで、ツイッターで「本当にデブだよね」と批判されても「だけど最高にイケてるし!」と負けずに返し、女性たちから多くの支持を集めている。

 そんなケリーが2日、インスタグラムに「トウガラシ・チャレンジ」をしている動画を投稿したのだ。

 動画のケリーは、タンクトップを着たどスッピンで、何種類かのトウガラシを載せたお皿を手にしている。そしてそわそわしながら「ALSトウガラシ・チャレンジ」をすると宣言。歌手のトリーシャ・イヤウッドから指名されたことを明かし、「ハバネロを食べるのは生まれて初めてなの。トリーシャはハバネロ食べたから、私も負けるわけにはいかない」と真剣な表情でハバネロをかじり、ムシャムシャと食べ始める。

 直後から辛さに苦しみだしたケリーは「鼻に来た!」「舌が燃えているみたい!」などと大騒ぎ。それでもきちんと飲み込み「あぁぁ!!!!!」と叫びながら牛乳のふたを開けて口をつけるのだが、内ふたがとれておらず、泣き顔であたふたする。

 あまりの辛さにうまく話せないケリーは氷を舐めながら、人気オーディション番組『ザ・ヴォイス』のコーチ仲間のブレイク・シェルトン、アダム・レヴィーン、アリシア・キーズを次の挑戦者に指名。最後に「これマジで最悪!!」と叫んだ。

 ALSへの支援を呼びかける動きとしては、14年にSNSを通して「アイス・バケツ・チャレンジ」が大流行した。友人から指名された人が「バケツに入った氷水を頭からかぶるか、ALS協会に寄付するか」、あるいはその両方を選ぶ動画をSNSに投稿し、次にチャレンジする人を指名することで、ALS研究支援の輪を広げる運動だった。セレブたちがこぞって参加し、世界中で行われるようになった。その結果、1億1,500万ドル(約126億8,000万円)もの寄付金が集まった。

痔主には不向きな流行

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

「アイス・バケツ・チャレンジ」の次は、セレブに「トウガラシ・チャレンジ」が流行の兆しのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! アイス・バケツ・チャレンジセレブのニュースならサイゾーウーマンへ!