本当にスキャンダルはいらない?

もし“文春砲”がなくなったら? 芸能プロ、テレビ局、マスコミ関係者が語る“芸能ゴシップの是非”

bunshunhou
「週刊文春 2月8日号」(文藝春秋)

 1月18日発売の「週刊文春」(文藝春秋)に看護師女性との不倫疑惑を報じられた小室哲哉が、翌19日に会見を開き、“騒動のケジメ”として引退を発表した。同会見で小室は、2011年にくも膜下出血に倒れ、現在リハビリ中という妻・KEIKOの介護や自身の病気、音楽活動への葛藤を赤裸々に明かし、ネット上では同情論が飛び交うように。一方で「文春」には、「小室を引退に追いやった」などと猛バッシングが吹き荒れることとなったのだ。

 「文春」を批判しているのは、一般人だけではない。ホリエモンこと実業家の堀江貴文は、Twitterで「やっとクソ文春のヤバさが大衆に浸透してきたか。結局こうなるしかないビジネスモデル。誰得と言い続けてきたの俺だけ。(後略)」と過激な言葉でツイート。また米大リーグのダルビッシュ有投手も、21日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演した「文春」記者が、「(引退は)本意ではない結果になったなと考えています」と発言したことを受け、「他人のプライベートほじくりまわして『本意ではない結果』って本当に頭大丈夫なのでしょうか?(後略)」と、徹底批判しているのだ。

 16年1月、ベッキーとゲスの極み乙女。川谷絵音の不倫スキャンダルをすっぱ抜いたことから、“文春砲”と呼ばれ出した「文春」。それまで優等生のイメージが強かったベッキーの“裏の顔”は、世間に大きな衝撃を与え、また“不倫は絶対悪”といった風潮が漂い出した。その後、他週刊誌も「文春」を追随するように、芸能人の不倫スキャンダルを盛んに取り上げ始めたが、今回の小室の引退劇により、「不倫は当人同士の問題」といった声が急速に高まっているのも事実だ。中には、「芸能人のプライベートに興味はない」「不倫だけでなく熱愛・結婚報道もいらない」という“芸能ゴシップ不要論”を唱える声も大きくなった。

 では、本当にこの世から“文春砲”をはじめとする芸能スキャンダルやゴシップがなくなったとしたら――果たしてどうなるのだろうか? 今回、実際にスキャンダルを報じる側であるマスコミ関係者、それをワイドショーなどで取り扱っているテレビ局関係者、そしてマスコミから“狙われる側”である芸能プロダクション関係者にインタビューを行い、芸能スキャンダルに対する考えやその是非などを語ってもらった。

私もみんなもそんな高尚な人間じゃないじゃん?

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

もし“文春砲”がなくなったら? 芸能プロ、テレビ局、マスコミ関係者が語る“芸能ゴシップの是非”のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビューのニュースならサイゾーウーマンへ!