その他
【ジャニーズ研究会レポート】

A.B.C-Z戸塚祥太、今年は“普通のお正月”を満喫! 「ジャニーズ入って初めてかも」と振り返る

戸塚祥太
えびはもはや、帝国劇場に“住んでる”状態だったもんねえ

 A.B.C-Zがパーソナリティを務めるラジオ『A.B.C-Z Go! Go! 5』(FM NACK5)。1月27日の放送は、戸塚祥太・河合郁人・五関晃一の3人が出演した。この日、戸塚は2018年最初の登場となり、「何してた? お正月」と河合から質問を受ける。戸塚は「まあ、実家に帰りましたね」と、家族でまったりしたお正月を過ごしたことを報告したのだが、そんな正月になぜか“違和感”を感じたという。

 戸塚はこれまで8年間、年明け早々から帝国劇場にて行われる『JOHNNYS’ World』などの舞台に出演してきた。デビュー前も、ジャニーズJr.として先輩のコンサートのバックダンサーとして出演することが多く、お正月はいつも仕事をしていたそう。しかし今年は「ジャニーズ事務所のいろいろ仕事をさせてもらって、初めてかもしれない、こんな1月」というほど珍しい、ゆっくりした正月を過ごしたのだとか。

 そこで戸塚は「も~、違うよね」と、今まで自分が過ごしてきたお正月と、“普通のお正月”の過ごし方との違いを痛感。忙しいお正月を過ごすのが当然だっただけに、「ちょっと気持ち悪いところもあるのかな」と、違和感もぬぐえない様子だった。しかし、家族と一緒にテレビを見て過ごすお正月もまた気に入ったようで、「実家サイコー!」と締めくくっていた。

 実家話で盛り上がる3人だったが、この日はリスナーからも実家にまつわるメッセージが届いた。そのリスナーは実家に帰ると必ず「茶碗蒸し」をリクエストするそうで、3人も「おふくろの味」についての話に。五関のおふくろの味は、自身の姉も妹も好きだという「たらこパスタ」。生クリームを入れるなど、五関家こだわりのレシピがあるらしい。続けて戸塚は「カレー」と回答。それぞれの家庭によって味つけが微妙に異なるため、「カレーを食べるとすごく安心するし、『これこれ!』ってなる」と、実家に帰ってきたことを感じるとか。

 最後に河合は、「お雑煮」と回答。河合は1月9日更新のジャニーズ公式携帯サイト「Johnny’s web」内のグループ連載「えび☆ブロ」でも、「家に着いたら母親がお雑煮を作り置きしといてくれてた 最高!! お母さん、ありがとう!!」とつづっており、その“お雑煮好き”は本物のよう。

 他にもたくさんのメニューを挙げ、「いっぱいあるなあ」「母ちゃんの味うめえよ!」とおふくろの味に思いを馳せた3人。忙しく活動するA.B.C-Zにとって実家で過ごす時間は、リラックスできる大切な時間になっているようだ。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

A.B.C-Z戸塚祥太、今年は“普通のお正月”を満喫! 「ジャニーズ入って初めてかも」と振り返るのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! A.B.C-Zジャニーズのニュースならサイゾーウーマンへ!