浮気相手のPの処遇も気になるけど

W不倫の秋元アナ、「親が宮内庁」で復帰路線!? 消えた“不祥事アナ”の現在を探る

1701yakimoto
秋元優里公式プロフィールより

 同じフジテレビ勤務プロデューサーとの“竹林ダブル不倫”を「週刊文春」(文藝春秋)に報道され、番組出演を自粛している秋元優里アナ。現在は自宅謹慎中と見られているが、不祥事を起こした局アナについては「何事もなかったように復活するか、自主的に退社するのがほとんど」(テレビ局関係者)と言われており、今後の動向に注目が集まっている。

 秋元アナと同じく「文春」報道で不倫が発覚し、出演していた『グッド! モーニング』を降板したのは、テレビ朝日の田中萌アナ。お相手とされたのは、同局アナウンサーの加藤泰平だった。

「報じられたのは2016年12月8日で、田中と加藤は同日出演予定だった『グッド! モーニング』の出演を即取り止め。加藤はいまだに干されたままにもかかわらず、田中は数日ほど自宅謹慎処分を食らっただけで、3カ月後には番組出演を再開し、現在は『バクモン学園!! 住んでみた。』にレギュラー出演中です。謹慎明けの出社初日、田中はアナウンサーの諸先輩に『自宅でみなさんの仕事をテレビで見て、勉強していました!』とあっけらかんと言い放ち、ドン引きされていたそうです」(テレビ朝日関係者)

 さらに田中アナをめぐっては、背後に“大物の後ろ盾”が存在するという説も業界内で噴出した。

「テレビ朝日会長の早河洋氏が、入社前から田中を気に入っていたため、不倫騒動は不問にされたと言われています。報道番組のレギュラーからは外されたものの、もう数年もすれば、何事もなかったかのように復帰してもおかしくない流れです」(同)

 一方で、ABCマート創業者からの“利益供与”が問題化した日本テレビ・上重聡アナも、メインMCだった『スッキリ!!』を降板こそしたものの、現在も『シューイチ』にレギュラー出演中。

「創業者は日本テレビの大スポンサーで、上重に厳しい処分を下さないよう、要請が入ったという話です。番組降板こそあったものの、本人が退社を希望しない限りは、今後も悠々とテレビ局社員として生活を続けていくことでしょう」(日本テレビ関係者)

 衝撃的な不祥事を起こして、一瞬は“消えた”としても、結局は“後ろ盾”の存在次第でお咎めなしというところか。

 秋元アナといえば、父親が元外交官のエリートで、現在は宮内庁職員で知られている。今後は“しれっと復帰”か“自主退社”、どちらの道を辿るのか見守りたい。

黒い奴らが生き残るってことね

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

W不倫の秋元アナ、「親が宮内庁」で復帰路線!? 消えた“不祥事アナ”の現在を探るのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! アナウンサー芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!