鈴木涼美さんインタビュー

“おじさん”が世間から疎まれるワケ――鈴木涼美が語る、二極化する男の実態と対処法

suzukisuzumi2
鈴木涼美さん(撮影/石垣星児)

 くどくど小言を言ってきたり、つまらないギャグで場を凍らせたり……面倒くさい“おじさん”、あなたの周りにもいませんか? 『おじさんメモリアル』(扶桑社)の著者、鈴木涼美さんは、同書でさまざまな“おじさん”との20年間の思い出を綴っています。東京大学大学院卒、元キャバクラ嬢、元AV女優、元日経新聞記者という多彩な経歴を持つ鈴木さんだからこそ垣間見られた、さまざまな業界に生息するおじさんたちの、あぜんとする実態の数々。今回は鈴木さんに、その中から特に印象的だったおじさんの生態について話を聞いてきました。

●おじさんNo.1 “居酒屋スピーチおじさん”

 「よし、今日は飲みにいくか!」の一声に情け心でついていったが最後、誰でも知っているようなことをドヤ顔で延々と語るのが、“居酒屋スピーチおじさん”だという。

「圧倒的にウザいのが、一方的に話し続けるおじさんですね。基本的におじさんって、相手が言われたいことじゃなくて、自分が言いたいことを話すんですよ。『安倍はバカだからさ……』って、いや、お前は誰なんだよと。おじさんの7割が言っているような政治家の悪口を、飲みの席でまで聞きたくないですよね。もう演説なんですよ。しかも、それがメディアで散々見聞きしたような意見だから、余計に退屈」(鈴木さん、以下同)

 それはコミュニケーションと呼ぶには、あまりに一方的。もはや会話というより、演説であり、興が乗ったおじさんの独壇場。居酒屋スピーチおじさんと同席し、死んだ魚のような目をしながら「え~!」「すご~い!」「知らなかった~!」と感嘆符を連発するだけのマシンと化したことのある女性は少なくないだろう。

●おじさんNo.2 “純愛コンプレックスおじさん”

 年齢を重ね、ある程度、財力を持った男性が陥りがちなのが、この“純愛コンプレックスおじさん”。彼らはお金以外の部分、外見や内面的な魅力でモテることを望み、自分に寄ってくる女性が金目当てではないかと常に不信感を抱いているとか。自分語りが大好きで、「お金じゃなく中身を見て!」「下心なしに僕のこと好きになってよ!」と、まるで10代女子のようなピュアでロマンチックな一面を、恥ずかしげもなくぶつけてきるんだそう。

「夜の世界に来る客で一番ウザいのは、『僕をお金として見ないで』って言う人。『結局、金目当てなの?』と、しつこく愛情を確かめようとするんです。そういう“内面見て見ておじさん”はうっとうしいですね。財力も魅力の1つ。それでいいのに。このタイプは、若い頃モテない暗い青春時代を送ったことがコンプレックスとしてあって、基本的に女性に対して卑屈なんですよ。ちゃんと青春してこなかったからこそ、いくつになっても若い女の子との純愛を夢見てる男性って、意外と多いんですよね」

人はおじさんに生まれるのではない、おじさんになるのだ

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

“おじさん”が世間から疎まれるワケ――鈴木涼美が語る、二極化する男の実態と対処法のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビューのニュースならサイゾーウーマンへ!