サイ女の朝ドラ通信

『わろてんか』高橋一生の生い立ちが役に重なる? 母親との確執に視聴者から「切ない」の声

warotenka1801
『わろてんか』(NHK)公式サイトより

 ニッポンのお茶の間をわかし続ける国民的番組“朝ドラ”――そのあらすじと視聴者からの反響を、サイゾーウーマンが週1回(金曜日)お届けします!

『わろてんか』(NHK総合/月~土、午前8時) 京都の老舗薬種問屋「藤岡屋」の長女・てん(葵わかな)が笑いをこよなく愛する青年・藤吉(松坂桃李)と出会い、2人で寄席「風鳥亭」を経営、日本中を笑わせるために奮闘する姿を描いた物語。「吉本興業」の創始者・吉本せいをモデルに描いている。

■1月10日(水)/82話~1月12日(金)/84話
 82話では、芸人のキース(大野拓朗)が“東京のお母ちゃん”だといって志乃(銀粉蝶)を連れてきてから様子のおかしい実業家・栞(高橋一生)の姿が描かれた。気になった藤吉が尋ねると栞は、志乃が中学の時に自分をお金で売った実の母親だと明かす。しかし、地震で頭を強く打ち、記憶をなくした志乃は、栞に気づかない。すれ違う2人の姿に視聴者からは、「栞さまが好物の甘い卵焼きを持ってきた志乃さんを見つめる視線が切ない」「動揺する栞さまの姿に胸が締め付けられる」といった声が上がっていた。

 また栞を演じる高橋自身も複雑な家庭環境で育ち、今は亡き母親と確執があったことで知られているため、高橋のファンは「生い立ちとかは全然違うけど、母親への気持ちとかを高橋一生本人に重ねてしまって、勝手につらくなってる」「彼に母親との関係で悩む役をやらせるのは、少し酷なことだと思ってしまうね……」と特別な思いを感じていたよう。

 栞が売名目的で関東大震災の援助活動をしているという記事が新聞に掲載された83話。栞の元へ、大量の取材電話がかかってくるようになっていた。そんな中、志乃が栞の元を訪ねてくるのだが、取材陣とのゴタゴタに巻き込まれて頭を強く打ってしまう。その翌日、志乃は急に東京に帰ると言い出すのだった。

 84話では、志乃が栞を思い出したことが判明。しかし、志乃は栞と二度と会わないと語る。また志乃と栞の関係に気がついたキースは、藤吉のアドバイスを受けて、2人を笑わせるために震災以降上がっていない高座に立つことを決意する。一方、直接の被災はなかったものの、大阪でも地震の影響を受けて活気のない日々が続いていた。そんな中、東京に行った風太(濱田岳)から久々の電話がある。風太が東京で会った「笑いが一番のご馳走」だと語る芸人たちの話を聞き、てんは東京の芸人を大阪に呼び、高座に上がってもらおうと考える。

 栞と志乃の関係に加え、再び高座に上がることを決意したキース、東京の芸人たちの行方など、気になるポイント盛りだくさんの同作。いったいどんな展開を迎えるのか楽しみだ。

もはや高橋一生しか見ていない

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『わろてんか』高橋一生の生い立ちが役に重なる? 母親との確執に視聴者から「切ない」の声のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ドラマレビューわろてんか女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!