早めの閉経だけど、楽になった。46歳で閉経した久美子さんの充実した毎日

「セックスに関する話は苦手なの」――久美子さん(53歳・芸能事務所マネージャー・未婚)はインタビュー開始早々にそう切り出した。更年期の症状や心境、そして性生活について話を聞かせてもらうこのインタビューだが、久美子さんは性生活のことは詳しく話せない、ということだ。

 中学・高校の頃、いわゆる性の目覚めと言われる時期でも、仲の良い友達ともセックスに関する話をすることは一切なかったという。そうなった背景はおそらく幼い頃からの母の徹底的な教育が影響しているのではないかと久美子さんは自身を分析する――。

◎性に関する情報を完全にシャットアウトされていた少女時代

――お母様はどのような教育方針をお持ちだったんでしょう?

「たとえば家族でドラマを観ているとするでしょ? キスシーンになったとしたらすぐに『お風呂に入ってきなさい』って言うタイプ。あとね、家にある雑誌類で性に関する情報が載っているページは、子供が手に取る前に母がすべて切り取っていました」

――事前に全部ですか!?

「そう、徹底して。小さい頃は『お母さん、ここになんかこぼしたからページを破ったのかなぁ』とぼんやり考えていたんだけど……成長するにつれ知恵がつくから目次で確認するようになるの。それで『あぁそういうことか』と」

――性に関する情報を遮断されていたんですね。そうされることに疑問を感じたりは?

「まったく。5歳下の弟がいるんだけど、彼が思春期に入る頃には私も母と一緒に新聞や雑誌のそういう記事をせっせと切り取ってた。弟の目に入ったら大変だ、って(笑)。だから弟もいまだにそういうことにあんまり知識がないかも……」

――まさか! 弟さんは40代で会社にお勤めなんですよね。もう十分知り尽くしていらっしゃるかと。

「でも彼女もいたことないし、同僚との付き合いもないから……。私自身も、中学3年まで子供はどうやってできるのか詳細を知らなったし」

――中学で性教育の時間があったかと……。

「セックスについて自分は完璧に理解しているつもりだったから、なぜか。だからあまり真剣に聞いてなかったのかも。とにかく裸で抱き合いさえすれば子供ができると思ってたんです。でも中学3年生のときかな、誰かが『初体験は痛いらしい』って話してるのを小耳にはさんだのね。それで疑問がわいたの、抱き合うだけなのになんで痛いの?って」

――当時はインターネットもないですからね、自分でササっとは調べられない。

「そう。で、そのときは女友達に詳細を聞いて真実を知ったのね。あのときぐらいかなぁ、そういう話を自分からしたのは。だからいまでもその手の会話は苦手。セックスに関する専門用語っていうんですか? そういうのもあまり知らないから話もはずまない」

――これまで男性と交際されたことはありますか?

「はい、もちろんありますよ~」

――それは肉体関係のあるお付き合い?

「ええ、そうです」

――今はお付き合いしている方はいらっしゃらない?

「……ふふふ(笑)。いませんけど、そうですね、ときめきはあるので、その話はまた後で」

――では話を変えて。閉経が早かったと事前におうかがいしていますが。

「10年前。43歳のときです」

――たしかに平均閉経年齢より少し早いですね。

「私、それまでは生理が順調で一日たりとも遅れたことはなかったの。生理痛は酷いタイプだったけど。それで43歳で止まったときは、おかしいなと。その頃は彼もいなくて妊娠の可能性はない。それなら思い当たるのはただひとつ。当時、うちの事務所主催で初めて舞台を企画することになり、仕事がめちゃくちゃ忙しかったということ」

――仕事のストレスで生理周期が乱れたと思われたんですね。

「そう思ってすぐに婦人科に行きました。そしたら『子宮筋腫があるから、すぐ切りましょう。子宮も全摘出しましょう』と言われたの。『その年じゃもう子供を産むこともないでしょ?』って言われて」

――なんて乱暴な! 医者にあるまじき暴言です。

「ね~。いま思い出しても腹が立ちます。その人、界隈では有名なお医者さんだったのに……でもホント暴言だらけだった。あとね、エイズ検査も強引に勧められたから『必要ないです、大丈夫です』って断ったら、『過信しちゃだめだ、実はこのエリアのご婦人方の7割はエイズなんです』って言いだしたり……もう言ってることがめちゃくちゃ」

――いきなり子宮の全摘出しか方法がないと言われたら、ショックですよね。

「その頃はまだ結婚して子供産んで、ということも考えていたし。だから頭が真っ白になって。母のアドバイスで実家の近くでセカンドオピニオンを取ることになり、今度は女医さんがいる婦人科に行ったんです」

――そこではどんな診断でしたか?

「前の病院で言われたことを先生に話して血液検査をしたら、『まだホルモンいっぱいあるし、子供だってバンバン産めるから子宮とっちゃう必要なんてないですよ』って言われたんですよ」

――43歳でバンバン産めるっていうのもまた極端ですが……。そこでは女性ホルモンの値を調べたんですね。子宮筋腫はエコーでチェックを?

「その病院は血液検査だけでエコーはやらなかったんです。血液検査の結果をチェックして数値に問題はなかったから、生理が止まったのは仕事のストレスで、気持ちの問題だと。もっと私生活でワクワクすること、たとえば社交ダンスとか始めるといいですよ、って勧められました(笑)」

――う~ん。なんだかその先生はその先生でちょっと診断が安易というか……。子宮筋腫ってほかの病院で言われたのにエコーもしないってどうなんでしょうね。

「たしかに。でも前の病院で子宮全摘出と言われてショックだったから、そのときの私には心強く感じてしまいました。それで先生の提案で漢方治療をしてみようという話になったんです」

――更年期治療で出される漢方だと、加味逍遥散が代表的なようですが。

「たぶんそれです! 漢方を言われた通りに服用したら、すぐに生理が来ました」

◎完全に生理がこなくなった45歳のとき、運命の出会い

 漢方薬を決められた通りにきちんと飲むと生理が来る。飲み忘れてしまうと、生理は来ない。その繰り返しで約1年が経った頃、漢方を飲まなくても時折、生理が来るようになった。しかし以前のようなぴったり28日周期ではなく、20日で出血したり、数ヵ月はまったく出血がなかったりと不規則。なのに生理痛は以前と変わらずにあったという。そして45歳になった頃にはまったく出血することもなくなった。

――そのときの心境は憶えていらっしゃいますか?

「もう、生理が終わったなら終わったでいいかな、と思うようになっていました。結婚や出産を完全に諦めたわけではなかったけど……すっぱりと諦めきれない感じは残りつつ、でもどこかで無理しなくてもいいやという思いもあって。結局、漢方は飲まなくなったんです」

――子供を望まれている場合は、揺らぎますよね。

「でもその頃にね、私の人生においてすごく大きな出会いがあって」

――あら! ついに“ときめき”の男性の登場でしょうか?

「男性は男性でも、大衆演劇の花形役者さんなんだけど(笑)。でも大衆演劇と出会ったことで人生が大きく変わりました。なんといっても止まってた生理がまた来ちゃったんだから!」

――なんと!! そんなことがあるんですね~。

「その頃はもう生理が止まってから1年近く経っていたんですけど。とある人気劇団を観に行って、花形役者さんが舞台の上にいるのを観た瞬間にすごく胸がときめいて。『なんて素敵なの。この人大好きっ』って舞台観ている間中、ドキドキが止まらない状態に」

――まさかその日に生理が……

「観劇した翌日に出血(笑)。通常の生理みたいに何日かは出血が続きました」

――女性ホルモンが活性化したんでしょうか。以前インタビューした悠子さんという女性も「好きな男性とのデート直後に女性ホルモン値があがった」とお話してくださったんですね。医学的な見解からするとそれはあり得ないと言われるかもしれませんが、やっぱりあるんですよね、そういうこと。私たちは自分の体でそれを感じるというか。

「ときめきを取り戻したら生理がきた……そういう経験した人は少なくないんじゃないかな? 私を大衆劇団観劇に誘ってくれた友達に、生理がまたきちゃった話をしたのね。そしたら彼女『そんなの全然珍しい話じゃないよ、大衆演劇ファンの間じゃよく聞く話』ってあっさりと(笑)」

――わ、じゃあ大衆演劇ファンの間では日常なんだ(笑)。

「私が出会った劇団は大阪の劇団で。東京にくるのは一年に一度とかその程度。で、その次の年も彼を観に行ったら、また生理が翌日に再開したので驚きました。でも、そのときは出血も少量で2日程度と短かった。それ以降は体も刺激に慣れちゃったのか、彼を観ても心のときめきは変わらないんだけど出血することはなくなりました」

――それでも変わらず大衆演劇通いは続いていたわけですよね?

「もちろん。そうこうするうちにほかに好きな劇団もできたりして。新たに好きになったのは健康ランドでもお芝居する劇団。そうすると、芝居のついでにやっぱりお風呂に入っていきたいじゃない? 生理がないといつでもお風呂に入れるし、煩わしくなくっていいかなぁとさえ思うようになりました。生理ってないほうが楽だなぁって」

――生理に対してどんどん気持ちが変わっていったと。

「それで……たしか46歳頃かな。住んでいる自治体の子宮がん検診を受けたときに、女性ホルモンの値が下がっていると告げられて。『おそらく以前はかなり大きな子宮筋腫がありましたね』とも言われたの」

――女性ホルモンが減少すると筋腫は小さくなりますからね。でもやっぱり久美子さんの体には筋腫があったんですね。最初の暴言吐きのお医者さん、そこは正しかった。

「そうみたい。それでその子宮がん検診で診てくれたお医者さんに『いまならホルモン治療をすれば数値を戻せますがどうしますか?』って聞かれたんだけど……もう生理は必要ないってそのとき自分の中ではっきりと思うことができたんです。ホルモン治療をして筋腫がまた大きくなるのも嫌だったし」

――43歳で生理がほぼなくなったときに更年期症状は出なかった?

「いま思えば、43歳の頃にホットフラッシュが少しあったように思います。でも軽いものでした」

――女性は閉経後に骨密度がガクっと減少します。そうすると骨粗鬆、そして骨折が心配になってきますが……その対策はなにかとられてますか?

「最近ようやく気にするようになって。いまはカルシウムの錠剤を飲んでます。でもその程度ですね。これからしっかりと考えていきたいです」

生理のことを話すのは、今日の体調を話すのと同じ感覚
――46歳の頃って、同年代のお友達とかはまだ生理ありますよね? お友達に生理がないことは話せましたか?

「訊かれなくても自分から普通に『私、生理終わったよ』と話してました。43歳で生理がいったん止まったときも、みんなに話しましたし。そこになんのためらいもなかったです」

――「私だけ生理がないなんて恥ずかしい」とかそういう思いは?

「まったくないですよ~。あるときね、高校の頃の先輩と会っていて。私が『生理終わったよ』って話しだしたら、その先輩が『そんな話を人にしていいの? 私、もし今なくなったとしても夫には言えない』ってあっちがおろおろしてた。先輩、女だわ~ってちょっと笑っちゃったけど」

――閉経を好きな人に知られたくない心理の人はいらっしゃるようですね。あの、もしもの話ですけれど。久美子さんは、その頃に憧れの大衆演劇の役者さんに生理どうこうなんて話題を訊かれたとしても話せました?

「話せます。その花形役者さんにではないけど、憧れの人に自ら話したこともありますよ、閉経について。46歳頃に」

――その男性というのは?

「私が小さな頃から憧れていたある大物歌手の方と、40代に入ってから一緒にお仕事をするようになったんですね。そのお仕事は今も続いてるんだけど……。その方から『結婚しないの?』って訊かれたことがあったの。そこで私『いや~、私、もう生理ないですしね~子供産めないし』みたいな話をしました。彼も特に驚いた様子もなく『あぁ、そう』と。お互い仕事をする上での体調確認みたいな会話っていうか、そんな感じだった。生理について話しちゃいけない、恥ずかしいっていう意識はまったくないんです、私」

――それは若い頃からでしょうか?

「中学ぐらいからずーっとそう。男子の前でも、今日生理だから水泳休むね、と普通に話してた」

――思春期の男子は、どぎまぎしていたと思いますよ(笑)。

「え、それはどうして?」

――彼らにとっては、生理=セックスというか、生理=性的なものとして認識しているというか。性教育が行き届かないせいなのか、そういう誤解をしている男子、多いと思います。生理=性的なものでも下ネタでもなんでもなく、女性なら当たり前にあるものの話なんですけどね。そこを勘違いしたまま大人になってしまったおじさんは、「生理」というだけで、ものすごく好色な顔をするというか……。

「あ~多いですね、そういう人。私、下ネタは苦手ですが生理の話は平気。だって単なる体の仕組みですから」

――そうですよね。小学校の教育で、生理=性的なものではない、と男子にもしっかり教えてほしいなぁと思ってるんですけれど。

◎50代――これからの恋愛観

――今後、現実の、つまりリアルな男性を好きになりたいなと考えたりします?

「どうかな……小さい頃からずっとテレビの中の人に夢中になっていたし。リアルの男性とお付き合いしていた頃も、一番好きなのは芸能人だったんですよね、結局。きっとそこは変わらないと思う、今後も」

――年上の方にこういう言い方は失礼かもしれませんが、久美子さんは可愛らしいお顔だちで小柄だし、いかにも日本男性の好みそうな外見かなと思うんです。その気になればリアルな男性との恋もすぐに叶いそうですよね。

「う~ん。正直、同世代の男性には興味ないかな。ほら、よく男性が『オバサンはいや、若い女の子にしか興味ない』って話してるじゃないですか。あれ、女性も同じですから。私だってオジサンは嫌です、って言いたくなる! 若いほうがいいに決まってる!」

――じゃあ同世代の男性とセックスは……

「想像しただけでオエ~ってなっちゃう(笑)。考えてみたら、一般の男性のことを好きになったのってもう十年以上前が最後。でもね、私は今の状態ですごく楽しいし幸せだから満足してるんです。お気に入りの劇団の公演があるときは、半年ぐらい前からドキドキし始めて、エステや歯のホワイトニング、美容院と忙しいし充実してます」

――大衆演劇って、たしか舞台の終わりにお気に入りの俳優さんとツーショットを撮れるんですよね?

「そう! その瞬間のためにちょっとでも綺麗になりたいって思ってるから、半年前からあちこち行って磨かなきゃならなくって」

――そんなに夢中なものがあること、なんだか羨ましく思えてきました。久美子さんは生理のある・なしについてのこだわりなんてホントに一切なさそうですね。

「うん、でも閉経が早いからこそ、女であることを忘れちゃダメだとは思ってます。生理がなくなると、子宮という臓器がるあることを意識しなくなる。用のない臓器になっちゃうから。そうするとやっぱり自分の中でも外見的なことをサボる気持ちが出てきたというか……。私の場合、ちょうどそんな頃に大衆演劇と出会えた。やっぱり好きな人がいること、ドキドキすることっていうのは人生ですごく大事なことだと思うんです。私はきっと一生大衆演劇のファン。お気に入りの花形役者さんがたとえハゲても太っても、彼のことをずっと愛し続ける自信があります」

――今日は楽しいお話をありがとうございました。

~取材を終えて~

 取材中、愛する花形役者さんと久美子さんのツーショットを何枚も見せてもらった。そこに写る久美子さんははにかんだ様子でほんとうにまるで少女のような可憐さ! ちまたでよく言われる<閉経=女じゃなくなる>なんてくだらない説を木っ端みじんに吹き飛ばすような、心の充実がにじみ出た笑顔だった(ちなみに、花形役者さんは驚きの美しさであった)。

 最近ではNHKの人気アナウンサーである有働由美子氏(48)が、自ら司会を務める『あさイチ』で、40歳で更年期症状が始まりホルモン剤を服用したことを明らかにしている。有働アナはホルモン治療を行ったことで「逆に肌の調子が前より良くなり、本当に私の場合はすべての不調が改善されましたね」と語っており、現在も服用を継続しているそうだ。更年期は45歳から55歳までとされてはいるが、40代に入れば女性ホルモンはぐんと減少し始める。いつ閉経や更年期症状が出ても不思議ではないのだ。この事実を知っておくと、どこかに不調が出たときに「更年期かも?」とすぐに疑うことができ、まっすぐに婦人科のドアを叩くことができる。精神科や整形外科に遠回りして時間やお金の無駄遣いをしなくてすむのだ。女性の皆さん、どうか覚えておいてください。「40代前半で更年期の症状が出るわけはない」という思い込みは危険だということを。



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

早めの閉経だけど、楽になった。46歳で閉経した久美子さんの充実した毎日のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!