【ジャニーズ研究会レポート】

“日本制覇していつかは世界へ!”ダンスボーカルグループ「ANTIME」にインタビュー! ~グループの目標は?~

ANTIME
左からAM、Kauan、Fu、U

 今年7月、突如デビューを発表した4人組ダンスボーカルグループ・ANTIME(アンティム)。Kauan(カウアン)、U(ユウ)、AM(アム)、Fu (フウ)と、「あれ? メンバーに見覚えあるかも?」と思ったジャニ研読者も多いはずです。

 そんな彼らに前回は、“結成秘話”や“メンバーについて”などに迫りましたが、第2回目は“新曲について”“グループの今後の目標”について聞きました。

――グループ活動の話に戻りますが、10月末にYouTubeでファン待望のダンスビデオ「Time Goes By」を公開していましたね。これまで、ANTIME OFFICIALチャンネルで配信された動画は、ミュージックビデオやメイキングなど、メンバーの方が歌ったり、話している場面が多かっただけに、コメント欄も「ダンスだ! ずっと見たかった」「やっぱりみんなうまい」と、好意的な反応が多かったです。歌やダンスをする上で、何か気をつけていることはありますか?

Kauan ボクは、ガタイがほかのみんなよりいいので。ダンスの際は、スマートに見えるような動きを意識しています。音を遅くとったりとか、なるべくためて踊りますかね。とはいえ今はグループですから、揃うように合わせます。自分は振り付けもやるんですが、その時は「お客さんに伝わるうまさ」を追求しているんです。あとは“音を感じること”が重要。演技と似ていて、音楽の世界に入り込むというか。ダンスも、歌に入り込まないと感情って伝わらないので。表情にも出ますからね。悲しさ、切なさ、楽しさ……っていう感情をのせて、自然と体が動くようにしています。

――歌についてはどうですか?

Kauan 歌って、ごまかしが利かないんですよね。ダンスと違って、情報が耳だけだから。息遣い、ビブラート、細かいニュアンスも追求しています。歌声を曲の雰囲気に合わせるのは、スゴく難しいことでもあるんですけど。

Fu ボクは歌だと、声質的に単調というか。特にサビでほかの3人と声が重なる時は、目立たないんです。プロデューサーさんに「声張って。もうちょっと抑揚つけて」とか、アドバイスを受けます。音程とかリズムを取ることは割と得意な方なので、逆に自分をわざと崩していくようなイメージですね。

Kauan Fuって、歌もダンスも優等生なんだよね。

Fu 特に歌は声量がない方だから、崩す方とダイナミックさの2つを意識してます。ダンスで気をつけている点は「大きく踊る」「腰を落とす」「手をきちんと伸ばすところは伸ばす」とか。ダンスは首の角度、胸の角度でだいぶ見え方が変わってくるんですよ。自分は振付師さんに教わったことを真っすぐできるタイプなので、メンバーの「ここがいいな」と思ったところをチェックしてみたり。

U ボクは、歌やダンスは性格が表れると思っていて。ダンスの面では音を感じることはもちろん、振付師さんが何を伝えたいのか、または“緩急”を大事にしています。1サビでは普通に踊って、ラストに持っていくときにパッションを2割ブチかまして、「コイツここに魂込めてるな」って思ってもらえるように。例えばAMとかだと、ダンスに色気があるんですよ。メンバーそれぞれの良さはあるんですが、自分の色を消しちゃうともったいないので。パッションを出せるところは出すっていう。

――やはり、ダンスはこだわっているんですね。

Kauan メンバーに合わせつつ、個性は殺さないってことが一番大事だね。

U ダンスは大好きなんで、いろんなことを調べるんですが、歌はまだまだ勉強不足です。最近、ギターを買ったのでFuに教えてもらって、音楽面に取り入れようと思っています。

Kauan ちなみに、Fuはギターとピアノが弾けますからね。ボクはどちらも1~2曲弾ける程度ですけど。Fuはドラムもピアノもギターも、作詞もできるんですよ。

U さっき話に出ていた「Time Goes By」は、世界的に活躍するダンスチーム「s**t kingz」のNOPPOさんが振り付けしてくれたんですよ。それも、NOPPOさんの振りを自分らのものにするっていうことを心がけていましたね。

Kauan NOPPOさんは名前の通り、身長が180cm以上あるんですよ。NOPPOさんだからカッコいいダンスだけど、それを自分なりに解釈して、自分が良く見えるように踊る。それって、スゴい大事だなって実感しました。

U 「Time Goes By」は「New Jack Swingサウンド」というジャンルの楽曲なんです。はやりの音楽だけではなく、「このグループ、音楽がわかってるな」と思ってもらえるようにと、スタッフさんも曲を選んでくれています。それこそ、今回の曲はAMの品の良さがうまく効いているかな。

――先ほど、AMさんのダンスについては「色気がある」という話も出ていましたが、そのあたりは自分で意識していますか?

AM いや……。自分はまだ素人なので。とにかくメンバーやスタッフさんから学ぶことが多いですね。ただ、最近やっていくうちに気付いたんですけど、歌もダンスも、自分を表現できる最大のツールだと思っていて。自分が一番自信持てる形で、「これだったら恥ずかしくない」と思えることがベストかな。ただのエンターテインメントになりたいわけじゃなくて、要はアーティストですよね。

横アリから東武動物公園まで幅広くね★

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

“日本制覇していつかは世界へ!”ダンスボーカルグループ「ANTIME」にインタビュー! ~グループの目標は?~のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ANTIME元ジャニーズのニュースならサイゾーウーマンへ!