【ジャニーズ研究会レポート】

『ベスア』の“脱退ドッキリ”は「みんなで考えてた」……Hey!Say!JUMP山田&高木が胸中を語る

高木雄也
ゅぅゃのことまで傷つけるなんて、許さないんだから……!

 11月28日に放送された大型音楽番組『日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2017』(日本テレビ系)に多数のジャニーズアイドルが出演し、ファンを魅了するパフォーマンスを繰り広げた。音楽番組らしく、アーティスト同士のコラボレーションも非常に豪華で、嵐と女性アイドルグループ・乃木坂46、関ジャニ∞とマルチタレント・堺正章など、『ベストアーティスト』だからこそ実現した夢のような組み合わせばかりであった。

 しかし、ある場面でジャニーズファンがざわつく事態が発生。それはHey!Say!JUMP山田涼介に仕掛けたドッキリ企画で、『ベストアーティスト』の放送1週間前に中島裕翔が「芝居への気持ちが強くなったため、JUMPをやめたい」とメンバーの前で打ち明けるというもの。今回は山田のみがターゲットになっていたため、他のメンバーは全員、中島の告白がウソだと知っている形だ。

 とはいえ、『ベストアーティスト』のステージ上で山田へネタばらしが行われたため、メンバーは1週間山田を騙し続けることに。もちろん山田も「中島がグループをやめたいと思っている」という事態と向き合いながら、1週間を過ごしたということになる。山田はこれがドッキリだと知るとホッと安心したのか、ステージ上にもかかわらず涙を浮かべていた。精神的な負担がかなり大きかったことをうかがわせたため、ファンから「これ誰が得するドッキリなの? 全然おもしろくない」「ネタばらしまでに数日あったことを考えると胸が痛い」などと非難を浴びていたのだ。

 そんな放送のあと、11月30日に高木雄也が出演したラジオ『Music Bit』(FM OH!)にて、このドッキリを行ったメンバーの胸中について明かされた。

 番組のパーソナリティを務めるラジオDJの遠藤淳が「あのドッキリは本当に驚いた方が多かったんじゃないですか?」と投げかけると、高木は思わず「いや~あのドッキリはね~……」と言って苦笑い。「ドッキリとわかってても、山田さんがかわいそうになってくる」と、遠藤は率直な感想を述べていた。

 また、ドッキリを仕掛ける側のメンバーも「めちゃくちゃドキドキ」してたらしく、高木は「(山田が)怒ったらどうするかとか、いろいろみんなで考えてた」と明かした。しかし山田は中島が「JUMPをやめたい」と切り出すと、「1人が抜けたらHey!Say!JUMPじゃなくなる」「夢は多分、1人で追うより9人で追ったほうが楽しいんじゃないかなって思う」と冷静な口調で語っており、怒る様子は一切見せなかった。

 高木はそんな山田の姿を見て、「意外と冷静にメンバーに対して思いを語ってくれたから、ドッキリだったけけど、こっち全員『ごめんね』と、グッとくるものがあって。もう今すぐ(ドッキリだと)言っていい!? みたいな」と感じたそう。ドッキリを仕掛けられた山田がつらかったのはもちろんだが、仕掛けた方のメンバーもかなり罪悪感を抱えていたようだ。

 さらに12月1日には、山田がジャニーズ公式携帯サイト「Johnny’s web」内のグループ連載「JUMPaper」を更新。「ベストアーティストのドッキリ、、あれはびびったー笑」「でもあぁいう局面になると、あ。やっぱり俺はこの9人が好きなんだ。って凄く思えた。俺自身も、自分の気持ちを再確認出来た日になりました」(すべて原文ママ)とつづっており、驚きつつもメンバーの結束力を強めたとも感じたようだ。

 ファンからは「胸が痛い」と不評ばかりが集まった『ベストアーティスト』のドッキリ企画だが、“結果オーライ”だったのかも。とはいえ、メンバーそれぞれに大きな負担がかかっていたことを考えると、笑えるドッキリであるに越したことはないだろう。

スター山田がスターすぎて眩しいよ!

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『ベスア』の“脱退ドッキリ”は「みんなで考えてた」……Hey!Say!JUMP山田&高木が胸中を語るのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! Hey!Say!JUMPジャニーズのニュースならサイゾーウーマンへ!