=海外ニュース通信=

「22歳から15年間愛人だった」不倫を続けた女が、別れを決意した瞬間

furin-17120101main

 世間を騒がせ続ける有名人の不倫報道。今に始まったことでもなく、昔からよく取りざたされてきたが、ベッキーの“ゲス不倫”報道をきっかけに、マスコミの“不倫探し”は加速の一途を辿っている。ここ最近では、斉藤由貴の50代開業医との不倫、F1レーサー・佐藤琢磨の7年に及ぶ女子アナとの不倫が報じられた。

 日本の芸能界だけでなく、ハリウッド俳優の不倫ゴシップも枚挙に暇がないが、今回紹介したいのは、アメリカの一般人女性による15年に及ぶ真実の不倫体験談。彼女の不倫相手は、二回りほど年上の上司。大好きな彼との、将来まで望んでいた15年間の関係の終わりは、意外なほどあっけない……!? 女性向けWebサイト「Her World」に掲載された、彼女の不倫談を一部意訳して紹介します。

真実の物語「私は15年間、上司の愛人だった」

 私は当時22歳のインターン生で、職場にいた上品なスーツ・靴を身につける男性に瞬時に目が釘付けになってしまいました。女性と気軽に接するタイプには見えず、それがとてもミステリアスにも映ったんです。私は幼馴染と付き合っていものの、「彼とデートしたらどんな感じなんだろう」などと妄想ばかりするようになって、また、彼のつけている香水の種類を知ってからは、買い物中でも、わざわざその匂いを嗅ぐためだけに香水コーナーに立ち寄ってしまうほど彼のことが好きになっていたんです。

◎彼が私の上司に
 約半年後、私はその会社から正社員雇用のお話をもらうことができました。そして、上司になる人が、そのミステリアスな彼だったのです。彼が二回りほど年上であること、奥さんと子どもがいる人だということも、その頃にわかりました。それなのに、そうとわかってもなお、彼に対する気持ちを抑えることはできませんでした。

 そんな彼、“ヘンリー”は、まっすぐで厳しい上司でした。彼は最初に私に会った時に「無責任な子ども」と思ったそうですが、徐々に仕事の上で私の世話をよく焼いてくれるようになり、身だしなみについても、もっと品格がある恰好を、と叱ってくるようになったんです。当時の私は、ミニスカートやタイトで派手な服を好んでましたから。

 ある日のランチタイムに、彼は私を買い物に誘ってきました。仕事にふさわしい服を一緒に選んでくれたんです。まぁ彼は、買ってはくれませんでしたが(笑)。それからというもの、ヘンリーと私は一緒にランチに出かけるようになり、仕事後は車で家まで送ってもらうように。歳こそ大きく離れていましたが、私たちはとても馬が合ったし、本当に仲が良かった。ある日の夕方、彼が家に来ないかとと誘ってきたんです。「今晩だけ」と。彼とのセックスは、私がずっと望んでいたものでしたし、誘いはとてもうれしかったのですが、簡単な女と思われたくなかったから断りました。でも幸いなことに、ヘンリーはその後も、私に対して紳士的な態度で接し続けてくれたんです。

同僚はね、気づいても厄介だから言わないの……

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「22歳から15年間愛人だった」不倫を続けた女が、別れを決意した瞬間のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! カルチャーのニュースならサイゾーウーマンへ!