その他
【ジャニーズ研究会レポート】

存在意義急低下? 登場するのは飲み会のワンシーンばかり、風間俊介出演『陸王』第6話

風間俊介
下がった0.4ポイントはかざポンファンの声!?

 風間俊介が出演するドラマ『陸王』(TBS系)の第6話が11月26日に放送され、視聴率は前回から0.4ポイントダウンの16.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。

 本作は埼玉県行田市で100年以上続く老舗の足袋メーカー「こはぜ屋」を舞台に、会社存続をかけてランニングシューズ「陸王」の開発に心血を注ぐ人々を描く企業ドラマだ。風間演じる銀行員・坂本太郎は埼玉中央銀行で融資を担当しており、こはぜ屋に新規事業を始めるようにと助言した人物。他支店へ異動し担当を外れた後も、たびたび陸王の開発に関してこはぜ屋に助言やヒントを与えるキーパーソンとなっている。

 第6話は、陸王をはいた茂木(竹内涼真)が輝かしい復活を飾ったニューイヤー駅伝の臨場感あふれる映像に多くの尺を割かれた。こはぜ屋の社長・宮沢紘一(役所広司)を筆頭に会社関係者が沿道で応援する様子も映し出されたが、その場に坂本が来ることはなかった。だが、駅伝終了後に開かれた陸王の公式戦デビューを祝うこはぜ屋関係者の宴席には坂本もしっかり参加し、乾杯の音頭を取った。これだけでも、陸王開発チームの面々から心を同じにする仲間として信頼されていることがうかがえる。

 「社長から一言お願いします」とこはぜ屋の従業員・正岡あけみ(阿川佐和子)に振られた宮沢は、開口一番「坂本さんから新規事業の話を持ち掛けられたのがつい昨日のことのようだ」と語った。陸王を開発する過程では、スポーツ用品店を経営する有村融(光石研)やソール素材の特許を持つ飯山晴之(寺尾聰)、シューフィッターの村野尊彦(市川右團次)など、知識や技術を惜しみなく提供してくれる外部からの協力者が次々に現れた。社員も夜遅くまで試作品の縫製に携わり、体力的に厳しい中を何とか乗り切った。だが、もとをたどれば坂本が「会社発展のために」と新規事業を勧めなければ、陸王が誕生することはなかった。だからこそ、宮沢も陸王開発に携わった仲間の前であらためてその功績をたたえたに違いない。坂本もその瞬間、心からうれしそうな顔を浮かべた。

 残念ながら第6話で坂本が登場したのはこのワンシーンのみで、台詞も乾杯の音頭を取った一言のみ。陸王開発に際して坂本が果たした役割が決して忘れられていないことがわかった点では良いシーンだったが、少々物足りないのも事実。これで、4話以降3話連続で坂本はこはぜ屋関係者の飲み会の席でしか登場しておらず、出演シーンがワンパターン化しているようにも見える。

 また、こはぜ屋に好意的でなかった坂本の後任の融資担当・大橋浩(馬場徹)がこはぜ屋を認めるようになったことで、劇中における銀行員としての坂本の役割も薄れてきている。第6話でも、陸王にアッパー素材を供給する企業が他社に契約を切り替えようとしているとの情報をいち早く宮沢に知らせたのは大橋だった。だが、陸王開発の最大の功労者とも言える坂本がこのまま日の目を見ないのはあまりにも寂しい。大橋が坂本を行田支店に呼び戻してくれれば、あの熱血銀行マンぶりを再び目にすることができるのだが、果たしてそんな日は来るのだろうか。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

存在意義急低下? 登場するのは飲み会のワンシーンばかり、風間俊介出演『陸王』第6話のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ風間俊介のニュースならサイゾーウーマンへ!