[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

Hey!Say!JUMP・中島裕翔、『ベスア』脱退ドッキリに「最低で悪趣味な企画」とファン猛抗議のワケ

17jump_white
山ちゃんが日テレ感動ポルノの被害者に……

 11月28日放送の音楽特番『ベストアーティスト 2017』(日本テレビ系)で行われたHey!Say!JUMP・中島裕翔が“脱退する”というドッキリ企画に、ファンが怒りを爆発させている。

 番組では、Hey!Say!JUMPが新曲「White Love」を披露する直前、数日前に撮影していたというドッキリ企画のVTRを放送。その内容は、中島がメンバーに「JUMPを辞めたい」と切り出すもので、ターゲットの山田涼介だけが、何も聞かされていないという状況だった。

「山田は、『芝居の道に進みたい』と打ち明けた中島に対し、『やっぱり辞めてほしくない。言ってしまえば、俺らは家族みたいなもんだから、1人が抜けたらHey!Say!JUMPじゃなくなる。このメンバーだからHey!Say!JUMPなワケで、やっぱり9人で1つなんだなって。夢はたぶん1人で追うより、9人で追った方が楽しいんじゃないかな』などと、真剣に説得。VTRを見て初めてドッキリだったことを知った山田は、『今の今まで知らなくて、どうやって笑顔を作ろうか(悩んでいた)』と漏らし、中島に『辞めない?』と確認しました」(芸能ライター)

 中島は「辞めない!」と宣言し、ステージ終了後は山田とハグ。その様子に、会場は盛り上がっていたが……。

「放送を見たネット上のファンからは、『山田くんが可哀想。最低な企画』『やり方が悪趣味』『こんな感動の押し付け、まったく求めていない』といった批判が噴出。また2011年、メンバーの森本龍太郎が、女性週刊誌に過去の未成年喫煙写真を掲載され、無期限活動休止の処分を下されたのちに退所となった過去を引き合いに出し、『メンバーがいなくなるつらさを知っているJUMPに、こんなドッキリを仕掛けるなんてあり得ない』といった怒りの声も出ていました。同番組のスタッフのみならず、局自体へのバッシングも多く飛び交っている状況です」(同)

 ファンが怒りをあらわにする背景には、過去の『ベストアーティスト』で、実際に脱退を発表したジャニーズタレントがいたことも関係しているようだ。

「2015年放送の同番組で、当時KAT‐TUNの一員だった田口淳之介が、グループ脱退および事務所退社を突然発表したんです。それだけに、今回のドッキリに関して『田口くんの例もあったから、まったく笑えないよ』『KAT‐TUNファンに対しても、配慮がなさすぎる』『脱退というデリケートな問題がドッキリネタに使われて不快。企画した人はファンに謝るべき』など、苦言が寄せられています」(同)

 番組の企画のせいでファンを悲しませてしまったメンバーも、ある意味被害者といえそうだ。

青木アナにドッキリを考えさせたら幸せで平和だったのに

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

Hey!Say!JUMP・中島裕翔、『ベスア』脱退ドッキリに「最低で悪趣味な企画」とファン猛抗議のワケのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! Hey!Say!JUMPジャニーズのニュースならサイゾーウーマンへ!