【ジャニーズ研究会レポート】

「感覚で形にしていく」! KAT-TUN亀梨和也が語る、ソロコンサートの裏側

亀梨和也
生まれ持った“亀梨和也”の力がすごいんだから……!

 11月25日放送のラジオ『KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT』(FM NACK5)にて、ソロコンサート『The一(ファースト)~Follow me~』全19会場43公演を終了した亀梨和也が、コンサートの“ネタバレ解禁話”を披露した。

 今回ラスト公演の会場として亀梨が選んだのは、東京・江戸川区総合文化センター。KAT-TUNとして東京ドーム公演も行う亀梨にとって狭すぎる会場にも思えるが、これは彼の地元が江戸川区であることに加え、幼稚園のお遊戯会で初めてステージに立ったのが同会場だったことに由来している。亀梨にとっては“凱旋コンサート”となったワケだ。

 この江戸川での公演はファンからの注目度も高く、ラジオにも「江戸川凱旋コンサートのエピソードが聞きたいです」とのメッセージが届いていた。これに亀梨は、「なんか不思議な感じだったな~、朝(会場に)向かうのも。いつも実家に帰る道のりだからね。『あ、今日ここでライブやるんだな』って」としみじみ。会場の関係者にあいさつしたというが、中には亀梨のことを小さい頃から知っているスタッフもいたとか。「すごい感慨深いものもありました」と、地元で行ったコンサートならではのエピソードをうれしそうに語っていた。

 また、「『Emerald』(KAT-TUNのアルバム『come Here』収録、2014年)で着ていた衣装は私服だと言っていましたが、他に私服の衣装はあったんですか?」という質問には、「結構あるよ。靴は全部自分のだし、アンコールのジーパンとかも自分の」と回答。特にパンツはKAT-TUNのコンサートでもよく着用しているらしく、私服を着てステージに立つことは珍しくないと語っていた。それゆえ、ツアーが始まる前には大荷物を準備しなければならないらしく、「スーツケースでっかいのと、そのほかにも持っていったりとか」と、スタッフ並みの重労働をしていることも明かしていた。

 さらに衣装に関しては、「終盤の『~Follow me~』(亀と山Pのシングル「背中越しのチャンス」収録、17年)から着ていた背中が開いているシャツは、なぜあのデザインにしようと思ったのか」という内容の質問も寄せられた。これに対し亀梨は、新規衣装を作るにあたり、仲の良いデザイナーとやり取りしていく中で「楽曲が持つ要素を取り入れたい」という考えから作られたものだったと回答。しかも、コンサートが始まる1週間ほど前に「背中開けたらどうなるかな? 紐とか通して」というアイデアを亀梨自ら提案し、形にしてもらったという。細かいディテールやどのような生地を使うかまで話し合い、衣装が完成したと明かしていた。

 また、「なぜあのデザインにしようと思ったのか」という質問については、「全部“直感”ですね」とアーティストらしい回答。亀梨は自身を「感覚で形にしていくタイプ」だと分析しており、「なにかもうひと癖が欲しかったんでしょうね。それで、あの形になりました」と結論付けていた。

 今回初めてのソロコンサート開催となった亀梨だが、参加したファンからは、その作りこまれた“世界観”に称賛の声が集まっていた。それも今回ラジオで明かされた、細部へのこだわりと直感あってのことなのだろう。

クリエイターが使いたくなる言葉「直感」

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

「感覚で形にしていく」! KAT-TUN亀梨和也が語る、ソロコンサートの裏側のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! KAT-TUNジャニーズのニュースならサイゾーウーマンへ!