[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

『先に生まれただけの僕』高嶋政伸の娘役登場も、「リアリティない」と不評買ったワケ

1711_sakiniumareta6wa_1
『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)公式サイトより

 11月25日夜10時から第7話が放送される、嵐・櫻井翔主演の『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)。視聴率は初回が10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第2話7.5%、第3話10.5%、第4話~第6話は7~8%台と、低空飛行を続けている。

 同ドラマは総合商社・樫松物産に勤める鳴海涼介(櫻井)が主人公。抜群の営業力で成績も優秀だったが、会社の傘下にある赤字続きの私立京明館高校の経営再建を任され、35歳の若さで商社マンから校長先生になる。

 第6話では、オープンキャンパスの成功で京明館の評判が高まり、手応えを感じる鳴海が、次に開催する学校説明会の準備に乗り出す。一方、上司である加賀谷専務(高嶋政伸)は、鳴海の成功に不満を抱いている様子で、京明館の評判を下げようと画策する。

 そして迎えた学校説明会。鳴海が、受験生とその親たちからのさまざまな質問に丁寧に回答していく中、最後に「これまで成果が出せなかった教師陣を取り替えるべきだ」との意見が出る。すると鳴海は、教師も変わっている最中であると説明し、うまくその場をまとめることに成功。その後の個別相談の場でも、受験生たちから上々の反応が上がっていた。

「ラストシーンで、加賀谷という名字の受験生の女子が登場し、『父親に相談せず、京明館を受ける』と主張。おそらく、加賀谷専務の娘と思われますが、ネット上では『偏差値44の京明館を、専務の子どもが受けるかよ』『専務の娘なら、もっといい私立通おうぜ』『リアリティないな、普通こんな三流高校受けないでしょ』とツッコミが続出していました」(芸能ライター)

 第7話で、鳴海は学校運営に夢中になるあまり、交際相手で婚約者の聡子(多部未華子)と会っていても、学校の話ばかりするように。聡子は、鳴海と京明館の教師・ちひろ(蒼井優)の仲に嫉妬しているようで、今後、恋人関係に危機が訪れそうだ。さらに、なぜか加賀谷が、鳴海と聡子の仲を引き裂こうと策略をめぐらせているという。

 一方、学校では、ちひろが担当する2年3組の女子生徒が大学に進学せず、結婚しようとしていることが判明。相手は12歳年上の男性であるとわかると、ちひろはさらに困惑し、鳴海に相談して、この問題に取り組んでいく。

「加賀谷は鳴海を貶めようとしていますが、いつも詰めが甘く、結果的に鳴海の評価が上がることになっています。第7話でも、加賀谷の策略が裏目に出る可能性がありそうですね」(同)

 果たして鳴海は、仕事とプライベートを両立させることができるのだろうか。今後の展開も目が離せない。

このまま1ケタで終わるのか……?

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『先に生まれただけの僕』高嶋政伸の娘役登場も、「リアリティない」と不評買ったワケのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ芸能ウラ情報視聴率のニュースならサイゾーウーマンへ!