[ジャニーズツッコミ道場]

『ゴゴスマ』のジャニーズJr.「運勢ランキング」コーナーに感じる、ジャニーさんの熱量

bsyonen-171115
ジャニーさんをメロメロにしているB少年「うきなす」コンビ、お見知りおきをば

 ジャニーさんの面白さの1つに、壮大なスケールのことを考えている一方で、非常に小さなことをチマチマと、しかし同じ熱量を注いで考えている点がある。

 例えば、大好きな宇宙や平和のこと、そして今なら2020年のオリンピックで頭がいっぱいのはず。その一方で、おそらく同じように情報生番組『ゴゴスマ~GOGO! SMILE!~』(CBCテレビ・TBS系)に夢中になっているようである。

 『ゴゴスマ』といえば、13年春に東海3県のローカル番組としてスタートし、15年春からは関東地区でも放送開始。じわじわと放送地域を広げ、視聴率も上げて、今では関東地区でも同時間帯トップに躍り出ている。昼の時間では注目の、勢いのある人気番組だ。同番組には以前から、今年10月に「ジャニーズJr.」を卒業した「ふぉ~ゆ~」が火曜レギュラーとして出演している。

 おそらく、ジャニーさんが今かなり入れ込んでいるのは、同番組で毎日放送される1コーナー「ちょっと気の早い 明日の運勢ランキング」だ。これは、基本的に週替わりでジャニーズJr.が1人ずつ登場するコーナーである。

 序盤(2015年)~昨年までは、ジャニーズJr.のPrince やTravis Japan、Snow Man、SixTONESなど、Jr.歴や年齢などごちゃ混ぜでバラエティ豊富な顔ぶれが出演していた。noon boysなど、現在は解体されているユニットのメンバーや、今では退所してしまったJr.が出演した回もあった。

 しかし、徐々にコーナー内の「ジャニーさん濃度」が高まっていく。

 気づいたら、「いつ見ても『HiHiJet』か『東京B少年』だなあ」と思い、終わりのない「HiHiJet&東京B少年」ロードに、「全部で何人いるんだよ!?」(ホントは10人だけど)とツッコミを入れてしまうほど。それもそのはず、調べてみると、今年に入ってからは、その2組のユニットしか出演していないようなのだ。

 もはやコーナー名に2組のユニット名を入れていいレベルである。

 「Myojo」(集英社)の「恋人にしたいJr.ランキング」で4年連続1位を獲得しているPrince・岩橋玄樹や、序盤に出演した人気Jr.の阿部亜嵐などは、それぞれ登場数1週分(計4日)だけ。それに対し、HiHiJetと東京B少年は個人差があるとはいえ、いちばん少ない東京B少年・金指一世でも3週分、たいていが6~7週で、一番多いHiHiJet・高橋優斗などは今週(11月13日~)で8週目に突入している。

ジャニーの思いは、少年倶楽部じゃ足りないの

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『ゴゴスマ』のジャニーズJr.「運勢ランキング」コーナーに感じる、ジャニーさんの熱量のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズツッコミ道場ジャニー喜多川のニュースならサイゾーウーマンへ!