その他
【ジャニーズ研究会レポート】

ジャニーズWEST重岡大毅が明かした下積み時代の苦労話に、「心に刺さった」とファン号泣!

 グループではセンターポジションを多く務める一方、昨年は映画『溺れるナイフ』で俳優として高評価されたジャニーズWEST重岡大毅。「ポポロ」2017年12月号(麻布台出版社)に掲載されたソロインタビューで、ジャニーズJr.時代の苦労や、“アイドル”への熱い思いなどを語っている。

 ジャニーズWESTの連載「7色のシルエット」の最終回に登場した重岡。先日、関西の実家に帰省して家の掃除をした際、雨戸に「ガムテープのあと」を見つけたと、具体的なエピソードを話し始めた。「近くにおったおかんに『Jr.のときは雨戸にごみ袋を貼って、ようダンスの練習してたなぁ』って言われて、いっきに当時の記憶が蘇った。家にでっかい鏡がなかったから、ガムテープで黒のごみ袋を雨戸一面に貼って、それを鏡代わりにして練習してたんよ。黒やと光が反射して……

■続きを読む



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

ジャニーズWEST重岡大毅が明かした下積み時代の苦労話に、「心に刺さった」とファン号泣!のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!