騎乗位セックスの基本とコツ! いっそう深い快感にするテクとは

セックス体位で仰向けになっている男性の上に跨る「騎乗位」は、正常位に次ぐ人気体位。男性にとってはたまらない体位なんでしょうが、女性自身が主導して動けるので、膣内の気持ちいい部分を探すのにも最適です。

 とはいえ、騎乗位は「コツがわからないから、なんとな~く跨って、なんとな~く上下や前後に腰を動かす(そして1分で体位変更)」なんて女性も多いのではないでしょうか。そこで今回は、跨りながら追加するだけで、自分の興奮・快感ともにアガること間違いなし! の方法をお伝えします!

▼騎乗位セックス 気持ちよくなるためのコツ

▼「騎乗位の天使」の魅力とは? AV女優から盗む最高にエロい体位

▼騎乗位をマスターする手っ取り早いコツは「動かしてもらうこと」

◎「騎乗位」はおっぱいの味方

 おっぱいをキレイに見せてくれるのも騎乗位のメリット! 巨乳の場合、正常位では重力に負けて横に流れてしまいますが、騎乗位で背中を反る体勢になれば、下乳の揺れをキレイに魅せることができます(背中を反るのもグー)! 貧乳の方は、両腕でおっぱいを挟むようにして動くと(両手は彼のお腹の上へ)、大きさも揺れも大きく見える効果がありますよ。

◎M字開脚は大きく!

 恥ずかしさから、足を閉じ気味にしてしまうこともあるかもしれません。しかし、ここは恥じらいを捨てて両脚を大きく開いていただきたいのです! 結合部が丸見えになることで男性を喜ぶから……という理由だけではありませんよ~! 大きく開いたほうが、挿入がスムーズ! 特に、ビラビラ(小陰唇)が大きめの方が足を閉じ気味で挿入すると、ビラビラも巻き込んでしまうこともあります。開脚することで巻き込みの心配もなく、奥まで挿入することができます。

◎彼の手をクリへと導く

 個人的には、足を大きく開いた方がウエストラインがキレイに見える気がします。AV作品などでチェックしてみてください。さらにこの時、バランスをとるために彼の太ももに両手を乗せるのもオススメですが、彼と手を繋ぐとラブラブ体位であり、恥ずかしさも軽減されかと思います。

 足を広げるということは、結合部とともにクリトリスも丸見え~! クリをガン見されてると思うと、恥ずかしさから両脚クローズしてしまう方もいるのではないでしょうか。ここは、“されるがまま”状態の彼にも気持ちよくしてもらいましょう。繋いだ手を(彼の利き手)をクリへ近づけてみてください。おそらく親指でクリで愛撫してくれるはず。気付かない相手には「触って」とお願いしてみましょう。

◎腰はグラインド

 AVでよくある騎乗位シーンでは、上下に激しく動く女優さんを見かけることが多いのではないでしょうか。これはペニスの出し入れを見せるために、激しい上下ピストンを長い間行っているんだと思われます。

 実際のセックスでは、挿入して数回の上下ピストンをしたら、膝から下をベッドにつけて、挿入したまま腰を前後に、またが円を描くようにグラインドしてみましょう。この腰を使った動きは上下よりも膣内の感じるポイントを探すのに最適です。

※騎乗位は基本的に、グラインドの動きを取り入れましょう。激しい上下の動きは、手術が必要なほどの事態になることもあります。

▼ペニスがポキッ!となる「陰茎折衝」 激しいピストンや騎乗位に注意

 騎乗位でしばらく動いていると疲れてきます。疲れると快感どころじゃなくなるので、彼に覆いかぶさりましょう!

◎覆いかぶさりながら「突いて」

 人によると思いますが、セックス中に耳元で「すごい濡れてる」「締め付けてる」と言われることで、興奮が増す……なんてことはありませんか? それは男性も同じ。疲れて覆いかぶさった時に「突いて」とお願いしてみましょう。喜んで下から腰を振ってくれるはず。くれぐれも「疲れたぁ~」「動いて」ではなく、お互いに興奮できるワードをチョイスするようにしてください♪

▼乳首が感じる男性って結構多いんですよ! 風俗嬢が教える、男性が喘いじゃう乳首責め

 彼が下から突いているときも、そのまま覆いかぶさっているだけでなく、首筋にキスしたり、乳首舐で刺激を与え続けることで流れを中断することなく、次の体位に移行できますよ。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

騎乗位セックスの基本とコツ! いっそう深い快感にするテクとはのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!