なんとか数字はキープ

小泉今日子『監獄のお姫さま』胸クソ悪いイジメ、唐突な仲直り展開に「展開が雑」と批判の嵐

1710_kanngokunoohimesama_1
『監獄のお姫さま』(TBS系)公式サイトより

 10月31日午後10時から第3話が放送される小泉今日子主演の『監獄のお姫さま』(TBS系)。視聴率は初回9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、2ケタ割れの厳しいスタートになったものの、第2話も9.6%と数字をキープしている。

 同ドラマは、罪を犯した女たちと罪を憎む女刑務官が、イケメン社長・板橋吾郎(伊勢谷友介)への復讐を企てる宮藤官九郎脚本のクライムエンターテインメント。

 第2話は、6年前の2011年秋が舞台。夫への殺人未遂事件で5年の実刑となった馬場カヨ(小泉)は、「自立と再生の女子刑務所」に収監されることになった。この刑務所内で、後に板橋への復讐を一緒に企てるメンバーとなる刑務官・若井ふたば(満島ひかり)、囚人の足立明美(森下愛子)、大門洋子(坂井真紀)、勝田千夏(菅野美穂)に出会う。

 カリスマ経済アナリストである千夏のファンだったカヨは、自由時間に声をかけてサインをもらうが、なぜかそれをきっかけに、集団いじめを受けることになる。これは千夏の手引きによるものだと確信したカヨは、「湯飲み片付け対決」「足指ジャンケン」などの十番勝負を挑み、2人の間には友情が芽生えるのだった。

「第2話の展開には『強引すぎる』との意見が続出しています。そもそも、いじめられることになった原因がちゃんと説明されないまま、カヨが『ご飯を減らされる』『大事な写真を盗まれる』といったひどい仕打ちを受けていたため、視聴者からは『胸クソ悪い』『コメディなので楽しく見られると思ってたら、なかなかに不快だった』といった声が上がっています。そして勝負をしてあっけなく仲直りしたことにも、『今ので全部チャラ?』『ちゃんと謝れよ』『いろいろ雑すぎて誰にも感情移入できない』と、ついていけない人が多いようです」(芸能ライター)

 第3話では、同ドラマのカギとなる囚人・江戸川しのぶ(夏帆)が、新人寮からカヨ、明美、洋子たちのいる南2号棟雑居に連れて来られる。洋子たちは、以前テレビで見た、大手乳製品メーカー・江戸川乳業社長令嬢で、“爆笑ヨーグルト姫事件”なる殺人事件を起こしたしのぶに興味しんしんだ。

 一方そんな中、検事の長谷川(塚本高史)がカヨの夫に託された離婚届を持って面会にやってくる。カヨが愕然としていると、突然警報のベルが鳴り響き、独居房にいたはずのしのぶは姿を消してしまう。

「第2話終了時点で、『登場人物の背景が謎に包まれすぎていて、ついていけない』という声が多数上がっています。しのぶは、板橋に復讐するきっかけとなる人物のようなので、ようやく話の本筋が見えてきそうですが、リタイアした視聴者も少なくないのでは」(同)

 果たして視聴率を初の2ケタにのせることはできるのだろうか。これ以上、数字を下げるのだけは避けてほしいものだが……。

女子刑務所のいじめ、中野瑠美さんのコラムはもっとエグい

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

小泉今日子『監獄のお姫さま』胸クソ悪いイジメ、唐突な仲直り展開に「展開が雑」と批判の嵐のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性タレント芸能ウラ情報視聴率のニュースならサイゾーウーマンへ!