[ジャニーズ・メディアの裏側]

木村拓哉、「CM 0本」の危機! ジャニーズの苦肉の策は「ギャラほぼナシで契約」!?

kimuratakuya08
「ハッピーライフハッピーホームタマホーム」をもう一度聞かせてよ

 SMAP解散騒動以降、好感度の下落とともに、“CM降板報道”が相次ぐ木村拓哉だが、不名誉なレッテルを貼られないように、水面下で苦肉の策を講じていることが、広告代理店関係者の間で話題になっているという。バラエティの露出もなくなり、いまや「最もテレビで見ない元SMAP」となってしまった木村だが……。

 ジャニーズ事務所の公式サイトを見ると、現状木村のCM企業は「タマホーム」「デサント」の2社のみ。以前までは、トヨタやダンディハウスなど、さまざまな企業が名を連ねていたものだが、パブリックイメージが悪影響しているのか、次々と契約が終了してしまった。

「しかも『デサント』に関しては、海外のみの契約のため、国内でCMは流れていない。さらに、年内はドラマの仕事も入っていないことから、現在テレビに木村が映る機会はほぼ皆無です。ジャニーズを去った3人のCMがいまだオンエアされていることから、『木村だけ消えた』状態が続いています。来年1月期からは、連続ドラマが入っているため露出も増えることでしょうが、ファンとしては気が気じゃないのでは」(スポーツ紙記者)

 このままでは、いよいよ木村のCM契約が0本になってしまう――その危機を避けようとするためか、ジャニーズサイドはこんな“奇策”を練ったのだという。

「実は今年に入ってから、タマホームは、木村が出演しないCMを流しています。そもそも本来であれば、木村との契約は終了する流れだったものの、『CM出演はせずギャラもほぼ発生しないが、“契約状態であること”のみを延長する』という特例の措置が取られているのだとか。つまり『木村の国内CMが0本にならないようにするため』だけに、CM契約を継続してもらったんです。長年、木村を起用してきたタマホームだけに、ジャニーズ側からの要求を受け入れたのでしょうが、解散騒動による木村のダメージは、想像よりはるかに大きいものだったようです」(広告代理店関係者)

 この状況に加えて、ジャニーズから独立した稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が生き生きと活動していることに焦りを感じているのか、10月24日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)では、木村が周囲に「やっぱりオレ、あいつらともう一度SMAPをやりたい」と漏らしていた、とする記事が掲載された。

「これには、ジャニーズ残留を強く主張した妻の工藤静香も、困惑しているそう。この1年ほどで木村の評価やイメージが凋落したことは確かでしょう」(前出・記者)

 SMAPの看板を失い、CMさえも消滅危機に瀕している木村。来年は主演ドラマと映画も控えるだけに、俳優として返り咲くことができるだろうか。

忖度はもうはやんないよ?

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

木村拓哉、「CM 0本」の危機! ジャニーズの苦肉の策は「ギャラほぼナシで契約」!?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! SMAPジャニーズ木村拓哉のニュースならサイゾーウーマンへ!