乳がん、子宮と卵巣全摘出を経てなお「健康である以上は60代でも恋愛していたい」貴代さん・46歳

 大手イベント会社勤務の貴代さんは46歳、都内でひとり暮らし中。約2年前に、筋腫があったため子宮と卵巣を全摘出している。その場合の「更年期」はどのような状態なのか? 子宮と卵巣の摘出で肉体はどう変化するものなのか?

 そのうえ貴代さんは4年前には乳がんを患い治療したがんサバイバーであり、現在も定期的な通院が欠かせないという。乳がん手術後に彼女を襲ったのは、まるで真っ暗な闇の中をひとりでさまようような不安感。運動やアロマなど様々なものを試しながら、最終的に瞑想(マインドフルネス)とめぐりあったことで、その闇から脱出する。

◎8年前に子宮筋腫の手術、4年前に乳がんを患い、2年前には子宮と卵巣の摘出手術を

――子宮と卵巣に筋腫があり摘出されたとのことですが、摘出前は痛みがあったのでしょうか?

「お腹の上から自分で触ってもわかるぐらいに、卵巣が腫れて固くなっていました。腫れのせいで毎日体がダル重くって。実は、8年前に子宮筋腫の手術も経験してるんですね。8年前はどうにも我慢できないぐらいにお腹が痛くなり、自分で救急車を呼んでそのまま入院しました」

――その時は子宮を摘出しなかったんですね。

「まだ30代でしたし、子供産む可能性もあるかもしれない、ということで残したんです。でも結局8年後にまた症状がでて……全摘出を決意しました」

――全摘出にためらいはなかった?

「置いといてもしょうがないなと思ったんです。もう子供を産むこともないだろうと考えてましたし。それより慢性的に体調が悪いことをなんとかしたかったので、ためらいませんでした」

――4年前には乳がんの手術もされたんですよね。

「ええ。幸い初期で、がんの種類は転移しないレアなタイプでした。でもいまもまだ通院はしていますよ。おっぱいは一部を切るだけで済みましたけど」

――抗がん剤や放射線治療は?

「放射線はやったんですけど、抗がん剤はやらなかったです。手術後から服用しているホルモン剤が、更年期障害を誘発するもので、副作用の症状としてはそれがつらかったですね」

――女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が多いことが、乳がんと関係しているといわれているので……飲まれていたのはエストロゲンを抑えるホルモン剤でしょうか?

「エストロゲンを体内で作らないようにする薬、というような説明があったと思います。これを飲むと更年期の症状が出ることがあります、との説明も受けていました」

――服用後に、やはり更年期症状が出てしまったと。

「はい。とてつもない不安感に襲われました。ある夜、突然にです。『私結婚してないじゃん、子供もいないじゃん、親もいつか死んじゃうのに、どうしたらいいの』って。そしたら眠れなくなって。部屋の中をぐるぐる、まるで動物園の動物みたいに歩き回って」

――更年期の症状で<不安感>はよくあるようです。私がお話をうかがった方は「ある日突然、とにかく怖くなった。なにが怖いかわからないけれど、すべてが怖い」と。

「わかります、私もまさにそんな感じ! その日を境に眠れなくなって、毎日2時間ぐらいしか眠れずに目の下がクマで真っ黒に。さすがにヤバいと精神科に行って。するとすぐに睡眠導入剤と精神安定剤を処方され、しばらくは飲んだんですけど……薬を飲むと頭はボーっとするし仕事にならない。『ずっとこれを飲み続けるのは嫌だ』って思ったんです」

――えっ、それで自己流で断薬を?

「メンタル系の薬は飲むのを止めて、薬以外で眠れる方法を模索する日々に。とにかく体を動かすのがいいだろうと陽の光に当たる時間帯にランニングしたり、アロマを勉強したり。でもどれもいまひとつ効果がありませんでした。最終的に私がたどり着いたのは瞑想。瞑想を初めてから、もう嘘のようにスっと眠れるようになったんです」

◎瞑想(マインドフルネス)との出会い

――更年期の方で不眠を訴える方は非常に多いです。その場合、HRT(ホルモン補充療法)で女性ホルモンを補うと改善する方も多いのですが、貴代さんの場合は乳がん治療があるためそれができませんものね。

「はい、相反する薬を飲んでいるわけですから」

――瞑想が人生の転機となったということですが、始めたきっかけは?

「私が不眠で苦しんでるのを知った友達が、『ちょっと覗いてみたら?』と自己啓発っぽいサイトを教えてくれたんです。そこになにが書いてあったかをすごく簡単に言うと、『ものは考え方次第だ』ということ。例えば、ここに水が半分入ったコップがあるとしますよね。それを見て『もう半分しかない』と思うか『まだ半分もある』と思うか。どっちの考え方をするのか、ということなんですけど。それで、そのサイトには瞑想についても書かれていて。腑に落ちるものがあったので、そこから本を読み漁りました。なぜ瞑想がいいのか、脳にどういう風に作用するのか。そこをきっちり理解してから実践しました」

――先日、更年期関連のセミナーに行ったんですが、そこでもやっぱりマインドフルネスのお話が出ました。最近ではうつ病治療にも用いられているとか。注目されていますよね。

「いまでこそ瞑想はマインドフルネスって名前がついて、日本でも流行ってきてますね。でも私が知った当時はまだ日本では情報が少なくって。幸い私はアメリカに留学経験があり英語の読み書きができるので、海外のyoutubeとか見まくったんですよ、あの当時。瞑想について語られているものはもう片っ端から」

――最近は更年期世代で実践されている方も多いようですよ。

「あの、質問してもいいですか? 私、世代ではあるけど更年期についてよくわかってなくって。更年期って生理が終わる前にもあるものなんですか?」

――はい、一般的には45歳から55歳の間は更年期と言われています。その間に心身にいろんな症状が出るとされていますが、女性ホルモンの減少は40歳過ぎたころから始まるので、もっと早い年齢から症状が出る方もいるし、まったく出ない方も。個人差が大きいです。

「更年期で鬱みたいな症状が出る人もいるんですか?」

――います! ホルモンのせいだとわからないので、みんな最初は精神科に行っちゃうんですよね。精神科の先生も知識がないのか、自分のところで治療したいのかそこは定かではないけれど、更年期世代の女性が来院しても「女性ホルモンの減少のせいかもしれない」とアドバイスしてくれる先生が少ないようなんです。

「そこでホルモンバランスの変化による不調の可能性を教えてもらえたら、全然違うと思うのにな。鬱になる人ってね、自分をダメな人間だと責める人が多いんです。だから『これはホルモンのせいなんだ』とわかったなら、心が楽になるっていうか、出口を見つけられるっていうか。私の場合はマインドフルネスに行き着いたからよかったけど、それまではほんとにきつかったし。あのね、私、瞑想を始めてから性格まで変わっちゃったんですよ(笑)」

――えぇ、性格まで!?

「まず一旦どんなことでも受け止める癖がついたんです。そうすると、『なんだ、そんな怒るようなことでもないじゃん』って思えるようになるんですね。イライラすることがなくなるんですよ。あの、これね、変な宗教みたいに受け取られたら嫌なんですけど……でも私の場合はマインドフルネスのおかげで不眠や不安を乗り越えられて、そこからいいことばっかりなんですよ。転職もうまくいったし。前の私の性格なら、いまの社長から『一緒に仕事をしたい。ぜひうちで働いてほしい』なんてきっと言われなかったと思う。とにかく性格がキツかったんですよ、でもマインドフルネスのおかげですっかり穏やかになりました(笑)。ほんとうにいろんな人におすすめしたいんです」

◎不倫関係の彼と、術後初めてのセックスは――

――では、そんな穏やかになった貴代さんの最近の恋愛や性生活のお話を聞かせてください。彼がいらっしゃるんですよね。

「不倫なんですけどね。交際は2年半で彼はいま51歳。でもいま私から別れ話をもちかけているところなんで、1ヵ月ほど会ってないかな。私ね、25歳から30歳までアメリカ暮らしで、そのときは長くつきあった彼氏がいたんだけど。そのあとはきちんとおつきあいした男性はいなかったんですよ、ワンナイト的なことはね、まぁ……あったけど」

――約15年ぶりにきちんとおつきあいした人が不倫って、つらくないですか?

「いいえ。私はもう自分の思考をコントロールできるので。つらいとかはないです」

――ここでもマインドフルネスの効果が! 彼とはけっこう頻繁に会ってますか?

「月2回。彼がそう決めてるみたい。たぶんそれがお泊りしても奥さんにあやしまれない回数なんじゃないかな」

――月2の逢瀬は必ずお泊り。その時は必ずセックスをしてるんですか。

「毎回必ず。薬を飲んでるんです、向こうは」

――バイアグラでしょうか。

「1回目は普通に薬なしでセックスしたんだけど、2回目は最後までできなくって。彼は『お酒を飲みすぎたから』って言ってたけど、やっぱりイヤだったんでしょうね。その次に会ったら突然『今日、薬飲んできたから』って」

――そこからは毎回服用されてると?

「飲んでます。しばらくは『今日も薬飲んでるの?』っていちいち聞いてたんだけど……もう今は飲んでるもんだと思うから確認しない」

――約2年前に子宮と卵巣を摘出されていますが、ということはその頃はもう彼がいた?

「つきあって半年ぐらいで手術だったかな? 彼が触っても、お腹が腫れてるってわかるぐらいだったから。ずっと心配してましたね。手術が決まったときには『頑張れ』って励ましてくれました」

――セックスの際に痛みとかはありましたか。

「体位によってはありました。あまり深く突かれると痛かったかな。そういう時は、ちょっと痛いからって、体位変えてもらったりして」

――手術は開腹手術ですよね?

「開腹手術です。9月に手術、12月まではセックス禁止だとお医者さんに釘を刺されて」

――それはもちろん守りましたよね!?

「傷が開いたら怖いんで、さすがに守りました(笑)。手術後に初めてセックスしたのは12月の最初かな。でも、それまでも彼とは会っていたので、挿入はしなくても途中まではしてたんだけど。でも挿入はね~彼がビビってましたね、『まだやめておこう』って」

――久しぶりの挿入となったとき、なにか違いはありました?

「子宮を取ったわけですから。私の中はどう変わったんだろう、彼はどう感じるんだろうと疑問がたくさんありました。術後初めてのセックスの後に彼に訊いてみたら『なにも変わってないよ』って言ってましたけど。あとね、私はちゃんと濡れるのかなってそこも心配だったけど。それも大丈夫だった。若い頃も、子宮と卵巣がないいまもまったく濡れ具合に変化はないんです」

――更年期になり女性ホルモンが少なくなると、濡れにくくなるという女性が大多数なんですね。濡れにくくなるからセックスが痛いし、だんだんとセックスに興味がなくなったり拒否反応が出たり……性欲も減少するようです。貴代さんは女性ホルモンはほぼ出てないはずなのに、そういう例には当てはまってないですね。

「でも性欲はなくなってきたかも。あ、でもいまの彼と付き合っている最中に、ほかの人ともセックスしちゃったりもあったけど」

――お~アクティブですね! 摘出後の話ですか?

「摘出後ですね~。昔からの知り合いの男性なんですけど、ある日お互いかなり酔っぱらったことがあり、まぁそういうことに。あとね、実はいまもうひとり気になる人がいるんですよね」

◎「一緒にいたい」とキラーワードを放った7歳年下の彼

――気になる彼は、どんな方なんでしょう。

「仕事関係で去年知り合った人で。当初はその人は結婚していたし7歳も年下だしで、興味なかったんですけど……あるとき海外出張が一緒になって、話しているうちに音楽の趣味も同じで、話が合うなぁってことがわかったんです」

――ここではその彼を年下君と呼びましょう! それでそれで?

「その年下君と2カ月前にセックスしちゃって。あ、年下君がいつのまにか離婚していたって話を聞いたせいもあるんですけどね」

――ええ~、それはもしや貴代さんのために?

「それはないと思うけど……離婚について私はずっと知らなくって。あるとき共通の知人と年下君と複数で飲みに行って。そこで離婚の話が出たんですよ。そのときに周りが『これからはほんとうに自分が一緒にいたい人と一緒にいるべきだ』って年下君にアドバイスしたんですよ。そしたら『突然じゃあ僕は貴代さんと一緒にいたいかな』って言いだした」

――なんだか恋愛ドラマみたいな展開(笑)。

「そうなの(笑)。で、『そんなこと突然言われても困る!』ってその場ははぐらかしたら……。そこからまったく誘われることがなくって。これはもう自分からガバっていくしかないなと。2ヵ月前に飲んだ帰りに年下君を家に連れて帰って、そこでガバっと。でも次の日の朝、なんかよそよそしくってね。『朝早く出社しないとダメだから』とか言いながらそそくさと帰っちゃった」

――そこから会ってないとか……。

「いや、それがしょっちゅうご飯や飲みには行ってるの。でもセックスにはならない」

――なんでしょうね、それ。話が合うし楽しいから一緒にはいたいけど、セックスはしたくないのかな……。

「たぶんね~離婚したばっかりでこれからいろいろ楽しく遊びたいのに、このお姉さんガンガンきちゃうなぁって戸惑ってるのかも」

――じゃあ「一緒にいたい」とか言うなっていうね(笑)。貴代さんは、このまま飲み友達でOKなんでしょうか。

「う~ん、どうなんだろう。でも向こうがその気じゃないなら、友達関係を壊すのはいやなんで。二度と自分からガバっとはいかないかな」

――そうなると、もう次を探さなきゃですね!

「そうですね~。自分が手術したりでしんどいときには、不倫の彼がいたことでいろいろ乗り越えられたってところもあるから。体だけじゃなくって心も頼っていたと思います。そういう人がいなくなってしまうのは寂しいし、今後誰もいないのはちょっと……」

――まだまだ恋愛もセックスも楽しみたいと。

「そんなにすぐに現れるとは思えないけど、探したいです。私、60歳ぐらいまではたぶんセックスも恋愛も謳歌してるんじゃないかなって、なんとなくそう思うんです、自分のこと」

――素敵! 昔は「生理が終わったら女として終わり」なんてバカなことを言う人も多かったですけど。

「私は生理や子宮にまったく執着はなかったですね。ずっと生理痛で悩まされてましたし、もともと生理にあまりいい印象はないので。だからそれがなくなったからって女として終わりなんて、考えたこともないなぁ。生理が終わるどうこうより、私はなによりまず健康でいたい。健康でいられるなら、当然恋愛もセックスもずっとしていたい。別に挿入や射精にこだわるわけじゃなく、いちゃいちゃしていたいんですよね。色恋沙汰まったくなしで仕事だけの人生は、私はちょっと……。もちろん女友達と一緒にいるときも楽しいんだけど、恋愛はまた満たされる部分が違うから」

――結婚していないことに対しての不安はもう払拭されましたか?

「いまはもう結婚にはこだわってません。前はあんなにも結婚していないことが不安だったのに、マインドフルネスをはじめてからそこもガラリと考えが変わりました。いまは60歳を超えたら周囲の独身の友達たちと近くに住む計画をよく話していて。みんなで楽しく暮らせる<村>を作ろうと考えてます」

――それは女だけの<村>でしょうか。

「ううん、男性にもいてもらわないと。高いところの作業とか困るでしょ(笑)。男性女性かかわらず、老後はみんなで助け合って暮らしていければ結婚してなくてもそれでいいじゃん! って思ってるんです」

――いいですね<村>ができた暁にはぜひ私も仲間に入れてください。今日はありがとうございました。

<取材を終えて>

女性ホルモンであるエストロゲンは、生涯でティースプーンに一杯とわずかな量しか分泌されないにも関わらず、その役割は実に大きい。40代に入り減少すると、イライラや鬱状態、不眠、体のこわ張りや痛みなど様々な不調を引き起こす場合がある。むろん膣についても例外ではない。インタビュー中でも少し触れたようにエストロゲンが減少すると膣を潤す粘液が減り、膣の壁が薄くなっていく。この状態になると膣の抵抗力が下がり、60代以降では痛みを伴う萎縮性膣炎になる人も多い。なにより、40代以降になるとセックスのときに濡れにくくなることはエストロゲンのせいであることを理解している人はまだ多くはないようだ。(女性でも知らない人が多いのだから、男性で理解している人は皆無に等しいかもしれない)。

けれどこれも決してすべての人に当てはまる例ではないことを、今回、貴代さんのお話を聞いて学んだ。小柄で華奢な体つきながら生命力に溢れていて、話し方もサバサバ、まさに「姉御」と呼んで頼りたくなるような貴代さん。体調的にはかなり大変な時期を経て、がん治療や子宮と卵巣の摘出手術という大病経験をしてこられたにも関わらず、悲愴感はまったくない。そのありのまますべてを語ってくださったことに感謝したい。いやしかし、マインドフルネス、かなり気になるな……。



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

乳がん、子宮と卵巣全摘出を経てなお「健康である以上は60代でも恋愛していたい」貴代さん・46歳のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!