今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

いしだ壱成の離婚原因「亭主関白」に思うこと

1710_ottonomoraharageinoujinn_1
いしだ壱成オフィシャルホームページより

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎関白失脚
 「亭主関白」として有名な男性芸能人は結構多い。西島秀俊や向井理、織田裕二といった、「それでも結婚したいという女がいる」系統から、年配者に多い栗田貫一的モラハラ系、夫に尽くさせるというより、「露出の多い服NG」「ネイル・つけまつげ禁止」「下着はベージュのみ」等々、妻に対する禁止事項が多い、シャ乱Q・まことのような原理主義系までさまざま。まあ、夫婦で納得してるのなら、そこにどんな理不尽があろうと、余人にあれこれ言われる筋合いはない。あれこれ思わせてもらうのは勝手だが。

 で、いしだ壱成。自ら「離婚原因は亭主関白のせい」と告白。「毎朝コップ一杯の水と白湯を用意する」「外出先から帰ったら45℃のフロに入れるようにしておく」等々、一つひとつはそんなに困難なことでもない。「サラダには必ず7種類のドレッシングを添えること」ってのも、本格派の亭主関白なら「手作り」を要求するところだが。キューピーのごまドレやリケンのノンオイルなどが、あれこれ並んでいればゴキゲン、というレベルなのが目に浮かぶ。あとは「カバンから、その日の領収書を取り出して精算しておく」とかさ。……小さっ。どれもこれも小さすぎるよ、亭主関白のマインドが。ある意味この小ささが「毎日毎日、何してんだろ、私……」という、妻の覚醒を促す結果につながったのかもしれん。

 ツッコミどころ満載の「亭主関白byいしだ壱成」であったが。一番ツッコまれたのは、取材対応した時の「軍服姿」だと思う。舞台終わりだから仕方ないにしても、「入浴後、バスタオルが出てないとキレてしまって……」というダメエピソードを、神妙に、だがキッチリと軍帽かぶって語るいしだ壱成。

 ……すべらへんなぁ。

◎変な名前決定戦?
 山田邦子がエントリー後、出場辞退を決めたことで話題の、日本テレビの『女芸人No.1決定戦 THE W』。エントリー代2,000円を出演者が払って出る、優勝賞金以外ギャラなし。それがいいか悪いかってことより、「テレビ業界って今、本当に切羽詰まってるんだなぁ」を強調する結果となった気が。

 HPの予選出場者一覧、知られてる芸人の名前、くわばたりえとまちゃまちゃくらいしかなかったしな。そうやって一覧を見ているうち、「売れてない女芸人の芸名」というもののカオスに釘付けになってしまった。「べっこちゃんもじゃ」「危険物てぃらてぃら」「シウメリ子みゆ」「まりえるジャンガリアン♀」「ばーん」。名前の数だけ、闇がある。

 こうしたメンツで鋭意予選中の『女芸人No.1決定戦 THE W』。……放送あんのか?

◎住みたい街61位
 「変なマンション広告のコピーにツッコむ」というのは、もうやりつくされた感がある。妙ちきりんな謳い文句にも慣れつくしたはずだったのだが。「パークシティ武蔵小山ザ タワー」の「日本一、感じのいいタワマンへ」ってのには、久々に心動かされた。そう来たか。

「タワマンとは、基本感じが悪いモノ」という部分を否定もせず、逆に前提にするという、なし寄りのあり系コピー。「日本一感じのいいタワマン」ではなく「へ」の一文字が加えられている、へりくだり感も絶妙。「タワマンの負の象徴」ともいえる、武蔵小山のタワマンだからこその大博打。「何かさぁ、今さらタワマン買うって、恥ずかしくない?」という、購買層の微細な躊躇をくみ取り、心理的に「買っていいんだ」という催眠術にかける。ま、かからない人にはかからないけど。かかる人にはかかるってことで。

 さーて、晴れて日本一感じのいいタワマンなるか。なるならないを、誰が決めんだ。

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

いしだ壱成の離婚原因「亭主関白」に思うことのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 週刊ヒトコト斬りのニュースならサイゾーウーマンへ!